流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年ジャンプ 53号


丙難度でE4ぶん回し中>『艦これ』

でも、グラーフ・ツェッペリンでなーい。


・ニセコイ
表紙+巻頭カラー。


連載4周年突破おめでとーーーーうっ!!


まだ4年だったのか。

とか思ってしまった自分が怖いっす。
なんかもう『ジャンプ』の看板・中堅作品は軒並み8年とか10年とかやってるイメージっすよ。




それはさておき、巻頭見開きカラーは女子キャラ限定パジャマパーティーと。


1人だけ顔がハッキリ見えない赤髪の子を見て、


ここにきてまさかの新キャラ?

はっ! これが『約束の女の子』とか?


なんて思ったけど、キャラクター人気投票のキャラ表見てて気がついた、これ春の友達の彩風涼(あやかじ すず)っすね。






いあ、それならちゃんと顔出ししてあげよーよ……。


でもって、本編は悩む楽と小野寺さん、千棘それぞれのアプローチと。


うーん。

うーーん。

うーーーーん。

正直、読むのがおっくうになってきたっす。
この、

メガネ「2人とも好きだったんだよ!」

ΩΩΩ<な、なんだってー!!


な展開についてけないっつーか、なんつーか。

楽ってそんな奴だったの?

って思いもあるし、それ以上に作者の都合でキャラクターやその他もろもろが捻じ曲げられたような気がして、ガックリきたといいますか。
捻じ曲げるもなにも全ては作者が生み出してるものなんだけど、……なんだけど、それでもこの展開はなぁ。いままで積み上げてきたものの延長線上にあるとは思えませんわ。
この展開をやるならもっときちんと、二人の間で揺れ動く楽を描いておいて欲しかったなぁと。








……うん、描いてたね>揺れ動く楽
前回の感想でも書いたかもだけど。
とってつけたよーな千棘への違和感、みたいなのちょくちょく挟まってたね。

でも、それがすでに作者の都合によるものっぽかったんだよなぁ。
もうちょい自然に千棘に思いを募らせていくことはできなかったのかなぁ……。


・僕のヒーローアカデミア
死柄木の笑顔怖ぇえええええええええ。
主に口の形が怖ぇえええええ。

マンガの面白さは画力じゃないとは言うけど、この怖さは画力あってのものだよなぁと。
一歩間違えればギャグっすよ、このアップ、この笑顔。


あと、今回のお茶子は出久を意識したり、ピンチを救ったりと、まるでヒロインのようでした!(ヒロインです)





たぶん。

たぶんね……>お茶子ヒロイン説

消去法だけどね……。


・食戟のソーマ
「君はさつま地鶏を台無しにしているのだよ!」

イカサマするためだけにいるのかと思ったら、スペックはまともな連中だったんすね>審査員
それなら普通に食戟してもいいよーな。
十傑に勝てる奴なんてそうそういないだろうし、万が一いたときだけイカサマすればいい。

つーか、それが面倒だからイカサマで挑戦する気をへし折るって話でしたっけ。

ふむー。
食戟制度廃止すればよくね?
セントラル制度なんてものをぶっこむ大改革ができるのなら、食戟廃止もできる気ががが。


「先輩 ビビってんすか? 俺の料理に」

「あ?」


安い挑発にしっかり乗ってくる叡山。
陰謀張り巡らす策士キャラのくせに~。

でも、なんだろ冷徹な策士じゃなくて、悪巧みするヤクザ……もといチンピラって印象だったからこの展開にもまったく違和感なかったっす。

つーか、ふと気づけば顔芸キャラになっとる。


・始末屋K
センターカラー。

読み切り。作者は『長谷川智広(はせがわ ともひろ)』。


めっさ面白かったっす!
『ジャンプ』らしくクライマックスがバトルになってるのに、そこもちゃんとギャグとして成立してるってのもすげーよかったっす。

惜しむらくは冒頭のシリアスっぽい導入シーンっすかね。
シリアスと見せかけてギャグ、っていうことだと思うんすが、センターカラーのアオリ『仰天バトルコメディCカラー47ページ!!』で盛大にネタバレしとるですよ……。
本編読む前にそれを見てしまったんで、ちょっとかったるかったっす……>冒頭シリアス

うーん。アオリで嘘つくわけにはいかんのだろうけど、残念すぎるネタバレっしたよ。


・ブラッククローバー
センターカラー。


わざわざアスタの前に姿を現したのに、置いてけぼりにされるノエルって一体。

どー考えてもバーチャンシスターの後ろに乗れたやろ……>空飛ぶホウキ


・左門くんはサモナー
アンリ・マユ再び。
ネビロス働く喫茶店でどったんばったんっと。


正直すげー面白かった。

けど、ここから打ち切りを免れたマンガを私は1本しか知らない……>『めだかボックス』

いあ、『めだかボックス』もさすがに最後尾ってことはなかった、か?>掲載順位


とりあえず、あれだ。
打ち切りのピンチだからかわいい女の子キャラ投入してみました作戦は成功したと思う。
天然ぼっちインフル片思いBBA女神アンリかわええです。

左門くんさえも振り回してくれて、彼の持つ毒キャラ要素を浄化してくれてるし。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2015/12/02(水) 02:12:52|
  2. 少年ジャンプ感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/1855-c62fd169
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad