流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年サンデー 6・7合併号

ぼけーっとニコ動見てたら、とある動画の投稿日が『2016/01/05』になってて、一瞬、

2016年? バグってる?

って思ったけど、バグってるのは自分の日付感覚だったっすよ。

そうかー。2016年かー。
思えば遠くへ来たもんだ。


・表紙
今週の表紙+巻頭グラビアは『Hey! Say! JUMP』っした。


ジャニーズて!

少年誌にジャニーズタレントて!

それは需要あるのか?
迷走し始めてないかちょっと心配っすよ。

よしんばこれが女性読者も欲しいなーって願望の発露だとしても、最近始まった新連載がアレですよ?
ストーリーゆるゆるのエロショット特化マンガ(ほめてます)っすよ?
さらに新連載組で好評らしいのが、常にパンチラ女子がうようよ浮いてる男子の妄想(文字通りの意味)マンガっすよ?

そんな中、ジャニーズタレントのグラビア突っ込んだからって、女性読者が増加するとは思えませんわぁ……。

かと言って、少年読者があこがれを抱くタイプのジャニーズタレントでもないと思うしなぁ。ううむ。




・なのは洋菓子店のいい仕事
巻頭カラー。

セージとかの香がいちゃいちゃドタバタしたり。


なんというラブコメ回。
足の捻挫におんぶ、雨宿り、密着、ついでに幼なじみだからこその思い出話までやったり。

いつになくストレートな話でしたが、こういうのもええっすね。
ベタは面白いからベタなんだと思い知らされます。特に絵がいいと面白さも倍増だよなーと。

しかし、山にミニスカートで来るかの香はある意味、魔性の幼なじみっすなぁ。
本人に自覚はないんだろうなぁ。

山にメイド服で来る言葉もすげーっすがが。

つーか、よく見たらタイムはコック服で来てた。
同時に普段着っていうね。


あと、ラストのタイムとかの香のご対面で次回が楽しみすぎるっす。

とりあえず、タイムはタバコを死守するんだっ。


・MAJOR 2nd メジャー セカンド
ミニスカートで野球の練習をする魔性の幼なじ(略)


・天野めぐみはスキだらけ!
センターカラー。

ふっつーに主人公のこと好きなんすね>ヒロイン

そうなると数々のエロショットの意味が変わって……こないところが、このマンガの、もといあのヒロインのすごさか。
タイトル通り、ほんとにただただ隙だらけなだけなんだろうなーって。


・マギ
アリババがシンドバッドを説得して、煌帝国の借金返済を1年延長してもらったり。


「ほとんど受け売りだからな。ブーデルさんの」

よし、ブーデルさんを相談役として迎え入れよう。

いあ、わりと本気でそうした方がいい気がする。
新しい世界に完全適応かつ、わくわくしてるような人だったし、いろいろアイデア持ってそう。


「何か考えがあるでありますか」

「まだ何もねえ!」


ないんかいっ。
前回の、

「煌帝国には”何もなくなんかない”じゃねーか!」

ってのはどういう意味だっんだ。


あと、ふと気づけば紅玉がまるっきり以前と変わってなくて、あのシンドバッドへの激しい怒りと恨みはどこへ行ったんだろうと思ったり。

いあ、明るいキャラのまま変わってないならその方がいいけどさ。


・常在戦陣!! ムシブギョー
センターカラー。


「天間、あんたのその無尽蔵の術力量がどれ程凄いことか… よく覚えておくんだ」

これはあれか。

ようこそ公家組に! お前の仕事は術力を供給することだ!
それだけでいい、余計なことはするな!

と言われて、術力電池扱いされる展開……?


「これを天間! ”あんたに任せたい”!!!
 陰陽絡操式神、「公家見廻り組」与力「壱与」」

おっと、全然ちがった。
新キャラ登場で活躍コースやないですか!

ってか、新キャラか。
なぜかキャラが増える展開は予想してなかったっす。
蟲狩たちが大量離脱したし、これから敵の本拠地に乗り込むしで、増やすなら今ってことか。

なるほど~(自己完結)


・電波教師
カガミが頭を打って、『MD(マジメなことしか、できない病)』になったり。


不要品に灯油ぶっかけて焼却処分するのはマジメではないと思うの……。

飛び火の危険が、ダイオキシンががが。


・BE BLUES! ~青になれ~
『選手権予選編いよいよスタート!』


このマンガのことだから、じーーーーっくり、1試合ずつ、ねっとりと掘り下げていくんだろうなー。

とか思ってたら、

早くも準々決勝だった。

しかも、ここまで圧勝。
この準々決勝も危なげなく勝利しそうなサクサク展開だった。


お、おう。
これはこれで嬉しいけど、意外でしたわ。
まぁ、前回までで新しい武蒼のスタイルが覚醒したので、前哨戦はいらないと。
最初から飛ばしていくぜと。

最近は(?)トーナメントの一回戦目でいきなり優勝候補と激突! って展開が多い気がするんで、順調に勝ち上がっていくこの展開は一周回って新鮮でした。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年サンデー感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2016/01/08(金) 02:10:16|
  2. 少年サンデー感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/1873-41396ac4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad