流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年ジャンプ 7号

さむーい。
水道の水がほぼ氷水っしたよ。
手を洗っただけで指先がかじかんだ……。


・ハイキュー!!
表紙+巻頭カラー。


『ハイキュー!!』の影響か、全国的にバレーボール部の部員が増加傾向にあるらしー。

『ハイキュー!!』すげー。

そして、『ハイキュー!!』に限らずマンガの影響で部員や競技人口が増えたって話を聞くと、ほっこりした気分になるですよ。
少年マンガには少年を動かす力がある、素敵な話だと思います。いあ、まじでまじで。




ところで、

『烏野高校春高出場決定記念巻頭カラー!!』

って表紙に書くの単行本派のみなさんはどう思ってるんだろう。
コンビニでうっかり平積みの『ジャンプ』見たらネタバレ食らうっつー……。


・ブラッククローバー
アスタとゴーシュが共闘したり。


『ミラーズブリゲイド』

びみょーに納得いかねーっす。
反魔法の魔剣を魔法で増やすのはありなのか?
増やす魔法も打ち消されるのでは?

うーむ。アスタ自身には魔法が効くはずだし、アスタを増やしてから増えたアスタがそれぞれ魔剣を出せば、なんとか理屈は通る……のかなぁ。

でも、今回はダイレクトに魔剣持ったままのアスタを増やしてるよなぁ。ううむ。


あと、例によってゴーシュと団長の思い出あっさりしたもんすなぁ。
そこからのゴーシュの心変わりもまたあっさり風味で。
あっさりからのあっさりで、正直、なんも心にひっかからないっす……。
このマンガらしいっちゃらしいけどさ。


・暗殺教室
柳沢も触手を埋め込んでましたよっと。


おっと、これで二代目が殺せんせーと戦ってるうちに、柳沢が生徒たちを?
この前、ただ殺すだけじゃない、残酷で悲惨な死でなくてはならないとかなんとか言ってたもんね。

とか思ったら、

「無惨に死ねモルモット……
 愛する生徒に一生の傷が残るように!!」


えーーーーーー。

えーーーー。

えー。

茶番すぎるやろ。


なんつーか、あくまで子供向けだから、少年マンガだからっていう縛りをひしひしと感じるっす。
別に残酷なシーンが見たいわけじゃないけどさ、ならなんであんなこと言わせたんだと>柳沢
マヌケかつヘタレで、ただただ柳沢がかっこわるくなるだけやないっすか……。


・背筋をピン!と ~鹿高競技ダンス部へようこそ~
宮大工が気持ちの入ったダンスを理解したり。


ここ最近のこのマンガは雰囲気マンガといいますか、なんとなく面白いような気がするんだけど、どこかどう面白いかは言えない、そんな感想だったんすが今回は素直に面白かったっす!

『しかし言わせてもらえば
 僕の方が楽しい!!!』

真面目すぎるほど真面目な堅物にも”楽しい”気持ちはあるよと。
それをまっすぐ真面目に(?)伝える宮大工が面白おかしい。
今まで見せなかった感情と、妙な対抗心。それらを突如爆発させる宮大工、いいキャラしてるっす。


・僕のヒーローアカデミア
「人に仇なす連中にヒーローがどうして背を向けられる!?」


と言いつつ、


「いや! 俺は戦う」


「奴らにあって俺たちになかったもの… ピンチだ!!」


主目的は”成長したい”って言っちゃってるからなぁ>鉄哲
それはヒーローらしからぬ私情による戦闘な気がするっすよ。
そもそもまだヒーロー見習いだしね。信条を貫きたいなら相応の力を身につけないと。

……そのための危地への踏み込みか。
うーむ。
ヘンに「人に仇なす連中にヒーローが~」なんて言い訳じみたことを言わなければ、気持ちよく応援できたかもしれないっす……。
その無茶な向上心、嫌いじゃないよって。


一方その頃、出久は子供を助けようと命張ってましたよっと。

うん。やっぱこっちだろ。ヒーローらしい行動ってのは。
誰かのために、弱者のために、危険を顧みず飛び込んでいくっていう。
自分のために、じゃヒーローっぽくないよなぁと。


・食戟のソーマ
「才波城一郎 それ俺の親父っすわ」

ラスト見開きでドーン。

ついに、えりなの知るところに!


でも、顔が完全にギャグのそれっていう>えりな
ついでに、薊もギャグ顔だよなぁ、これは……。

創真は創真で、例の死んだ魚のような目をしてるし、いろいろひどくて笑ったっす(ほめてる)


・左門くんはサモナー
センターカラー!

センターカラー!!

センターカラァーーーー!!!


はあはあ。

いあー、完全復活っすか。
完全に軌道に乗りましたか。

あ、でも掲載順位は真ん中ぐらいだ>今回

うーむ。まぁ、当面は大丈夫、か。


それはさておき。


左門くんがまたいじめっ子キャラ(?)に戻ってるよーな。
それはもう封印した方がいいんじゃないかなーと。
左門くんは毎回ロクでもない目にあう、スタンダードなギャグマンガ主人公でいて欲しいっすわぁ。

ってか、悪役の社長がそれほどアコギでもないように見えて、もやもやした気持ちになったっすよ。
本物の悪魔なのかと思ったら、ただの人間みたいだし。

……本物の悪魔だと召喚されて完全支配されるから…………、難儀やなぁ。
かといって人間じゃ敵にならないし。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2016/01/20(水) 02:09:31|
  2. 少年ジャンプ感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/1878-8774c77d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad