流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年ジャンプ 9号

個人的今期アニメNO.1作品は『灰と幻想のグリムガル』っす。

6人パーティってのがいいよねと。
3人でも、4人でも、5人でもなく、6人!
やはりダンジョンRPGはこうでなくては。

いあ、このアニメの舞台は主に森っすがが。


でもって、主人公かヒロインが記憶喪失だったら、「ベタやな~」で終わってしまいますが、


主要キャラ全員記憶喪失


とか一周回って(?)新鮮でしたわ。


・僕のヒーローアカデミア
表紙+巻頭カラー。


お茶子が見事ヒロイン・ポジション(表紙イラストの)をゲット!

出久の隣りっすよ。
主人公の次に大きく描かれてますよっ。



でも、本編では特にヒロインっぽくもないっていうね……。
今回、出久が命がけで助けたのもお茶子じゃなくて子供だったしね……。
そもそも出番なかったしね……。

このマンガはほんと女の子キャラ多いわりに、"ヒロインキャラ"はいない気がしますわぁ。





恋愛、恋愛要素が足りないのか……?

しかし、ヒロイン=恋愛対象ってわけでもない……ような、そうでもないような。うーむ。


閑話休題。


『ワン・フォー・オール 1000000%』

いち、じゅう、ひゃく、せん――――百万%?

お、おう。
それ大丈夫なのか>出久
パワー100%で骨折するのに、百万てそれ腕がなくなる奴では?

……。

…………。

あ、ついてる>ラスト1コマ

でも、よく見ると右手の指が縮れ麺みたいにな(略)

と、とりあえず、腕が消し飛ばなくてよかったなと。


それはさておき。


今回の戦いはすげー熱かったっす。
出久の死をも覚悟した全力全開の戦いっぷりもよかったけど、敵の、

「んのガキがてめェェ
 最っ高じゃねえか!!!」

って狂いっぷりもまたよかったっす。
まさに戦闘狂っ。
清々しいほどの脳筋っ。
嫌いじゃないです、こういう悪人。
絶対お近づきにはなりたくないけどっ。

二人の戦い見て、洸汰くん、むしろヒーロー恐怖症になりそ(略)


あと、ふと思ったんすが、実は出久って死を覚悟したらあかんよなーと。
だって出久が死んだら受け継がれてきた『個性』が、『ワン・フォー・オール』が途切れてしまう。消滅してしまう(よね?)

今回はそこまで頭が回らなかったみたいだけど、今後はそういうジレンマも浮かんできたりするのかなー。


・食戟のソーマ
手分けして十傑の食戟を見に行くことになったり。


「幸平! 待たせてすまない」

と言いつつ、班分けは創真とは別なのか>秘書子

恵は外せないとして、タクミは別にいら(略)

実際、解説とかタクミにできることは秘書子にもできそうな気ががが。


「いくよ『ブッチー』
 私(もも)の料理を助けてね……!」

普段から肌身離さず抱えてるぬいぐるみって不衛生じゃね? じゃね?


・ワンピース
「ヴィンスモーク家は… まァ簡単に言やァ
 "人殺しの一族"だ!!!」

ほぼ人が死なない『ワンピース』世界で、それってすごくね?

って全国の読者に突っ込まれてそう……。

ペコムズもふっつーに生きてるし。
もちろん銃で蜂の巣にされたからって死んだとはこれっぽっちも思ってなかったけどさ。


・暗殺教室
茅野が二代目に戦いを挑んで、返り討ちにあったり。


お、やっと1人死んだ。

とか思ってしまった。
我ながらその感想はあかんやろうと。いろんな意味で。

しかし、しかしなぁ。
なーーんか、茶番っぽくて今の話のノリについていけないっすわぁ。
殺せんせーの負けるヴィジョンが見えないっす。
ましてや生徒たちが死ぬヴィジョンなんて言わずもがな。

茅野もきっと生きてるんだろうなぁ。

ってか、そこは生きてて欲しいけど。
ううむ。それも中途半端だなぁ>自分

なんだろうなぁ。
結局、殺せんせーがすごすぎて、敵が力不足に見えてしまうのがすべての原因なのかなぁ。
なんかこう、まったくピンチに思えないっていう。

信頼感が強すぎるのも困りものっすなぁ。


・痛天街SCRAP
センターカラー。

読み切り。作者は『臼井彰一(うすい しょういち)』。


ベタ。
超ベタ。

だがしかし、わりと楽しく読めた自分がいるっす。
主人公がまっすぐで気持ちいい。それだけで面白いもんなんだなーと。
主人公のキャラって大事っすねぇ。

ただ、『地獄の一週間(アンラッキーセブン)』の設定はいらなかった気がするっす。
序盤にぶち込まれて、説明会話ながっ! ってうんざりしたし、最後まで詳細は明かされず設定が活かされることもなかったし。

そして、何より『地獄の一週間(アンラッキーセブン)』のこと知りたいとは思わなかったっす……。


主人公が元悪だったってのはやや印象悪かったけど、まぁ今がまっすぐな性格で街の住民にも慕われてるならいいのかなと。
元から義賊的な存在だったのか、心を入れ替えて贖罪を果たしたのか。

そっちの方がよっぽど知りたかったっすよ。


というわけでなかなか面白いマンガっした。
連載はちょっと厳しそうっすががが。

やっぱり、ベタすぎる……よ……なぁ…………。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2016/02/03(水) 02:07:04|
  2. 少年ジャンプ感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/1885-d105292b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad