流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年サンデー 18号

週……末……?


・表紙
今週の表紙+巻頭グラビアは『広瀬すず』っした。


本当にこの一枚が表紙でいいのか?

短い前髪と出っ歯っぽい笑顔でなんかアホの子みた(略)



でも、『サンデー』のグラビアはこうでなくちゃ! って思ってる自分もいたり。
この、素直にかわいいとかキレイとか言えない感じが実に『サンデー』のグラビアだなぁと(暴言)




・双亡亭壊すべし
第2話。


「45年たったらイイ歳のおっさんだろ?」

「はぁ… そのハズなのですが」


あの子が『タコハ セイイチ(12)』の根拠って名札だけなんすかね。

常識的に考えれば、セイイチ(12)の服を着ている赤の他人ってなりそうなもんだけど、常識的に考えて手足がドリルになるやつぁいねぇっすね……。


『だから、これからボク… できることをやるね…』

おっと、緑朗が早くも復活っと。

でも、こっちは正真正銘ただの子供のはずだし、”できること”と言ってもなぁ。
憎しみを募らせることくらいしかできなさそうでちょっと心配っすよ。


あと、緑朗父の最期はあれ、どういうシチュエーションなんだ。
最初勝手に閉まるドアに挟まれてるのかと思ったけど、違うのか?
自分でドアを閉めようとしてるのか?

どっちにしろ頬肉の潰れ具合とか、唇のでっぱりとかがシュールでギャグみたいだ……。
これから緑朗が父親の最期を思い出すたび、この顔が再生されるのか。
それはなんかこう、……マンガ内と読者っつーか自分とで温度差が生まれそうだなぁ……。


・MAJOR 2nd メジャー セカンド
『流れを変えるんだ――――
 やつを抑えて、うちに勢いを呼びこむんだ!』


「ライトの子にセンターって偽の指示を出したのは… バッターランナーの彼だよ」


なるほどー。どっちもルールブックにはない戦術って感じでええっすね。

いあ、偽の指示はスポーツマンシップにもとる行為であかんですが。

ともあれ、このマンガのこういう細かい駆け引き好きっすよ。
リアル――――なのかどうかは野球経験ないんでわかんないっすが、リアルっぽさを感じます。
臨場感があるっつーか。


・なのは洋菓子店のいい仕事
センターカラー。


なのは三兄弟っすか>センターカラー・イラスト

せめて言葉も入れてあげて。

そして、次回のセンターカラーはしらかわ姉妹でお願いします。


「和菓子は色んな所で必要だからね。
 普段使い、手みやげ、冠婚葬祭、色々なお祝いごと…
 お葬式にケーキなんてめったに出ないでしょう?」

ク、クリスマスはケーキ一択だから(震え声)

まぁ、洋菓子店もケーキだけ作ってるわけじゃないだろうし、焼き菓子あたりは上記の”色んな所”をだいぶカバーしてる気がするっすよ。
葬式には出ないだろうけどさ。


「な、なんでひもが!?」

タイムの暗躍でセージがほの香の谷間にダイブしたり。


前回の添い寝ほの香(セージの妄想)でも思ったけど、このマンガにエロ要素はあんまいらない気ががが。

しかし、今回のこれに限ってはあれか。
作者の前作『神のみぞ知るセカイ』風に考えると、”近所の子供から脱却し、一人の異性として認識されるために必要な行為”ってことなのか。

それにしても、ほの香もセージもタイムに踊らされてるなぁ。
2人に対する恐るべきタイムの理解力よ……。
生きてたらほの香と上手くいってたんだろうなぁ……切ない。

タイムの死が、なのはとしらかわの因縁によるものなら、それが解消された時、はずみで生き返らないかなーとか思うけど、いま現在タイムがこの世に留まれてるのってゲイ坊主のチートアイテムのおかげなんすよね……。

これは……ちょっと……望み薄かなぁ…………。因縁関係なさすぎる……。


(も―― お姉ちゃん……
 あんまり(あたしの)セージと話さないでよ――――!!)

こうですね、わかります。


・BE BLUES! ~青になれ~
「今の武蒼はオレとおまえのチームだ」

「………」


ううむ。不協和音が生じつつある?

友坂を投入したのは監督なんだから、どうするか指示を出せよーって思うけど、そこは”自分で考えろ”なのかなぁ、やっぱり>アンナ祖父

とりあえず、コーメイに賛同してないっぽい龍の答えに期待したいっす。


・だがしかし
お風呂回。


さすがにお風呂回で駄菓子は登場させられまい。

とか思ったら、『ポンポン船』かー。
そういや、駄菓子屋で売られてるおもちゃもありなんだっけ。









『水鉄砲』でもう一回お風呂回……ありだな。


あと、

「ええい うるさい!!
 風呂って言ったらやらなきゃだろ!!」

修学旅行=女風呂のぞき、はお約束っすが、家風呂でそれやるキャラ初めて見たっすよ>豆

しかも風呂に入ってる2人のうち1人は実の妹っていう。
いろいろヤバすぎるやろ>豆


それはさておき、全裸で風呂の窓から身を乗り出すサヤってこっちはこっちでヤバイことするなぁ。


『次号、あの人が久々登場!!』

あー、梅ジャム作ってる人?(絶対ちがう)

わりとマジに思い当たるキャラがいねーっすよ。
ヨウは先週出てたしなぁ。
なんだかんだで、登場人物少ないっすよね>『だがしかし』


・柊様は自分を探している。
バカっぽい幼なじみや魂食の化け物が登場したり。


これはあれか。
この作者のパターンとして今までは、

不良→ヤバイ不良→ちんぴら→ヤクザ→ヤバイヤクザ

みたいな感じにインフレしてって、ヤバイヤクザ以上の敵が出せなくなって連載完結~って感じっしたが、そこに”人外の化け物”を付け加えたってことっすか。

ふむー。新機軸っすなぁ。


・ふれるときこえる
『触れて心の声を聞くのは… 今だ――!!』

この主人公見てるとのび太くんを思い出すっす。
借り物の力を手にして調子に乗るっつーかなんつーか。
その力はさとりにホレられてるから使えるだけの力なんやで。
さとりが冷めたら失われるんやで。
もし、万が一さとりが拓海にホレるようなことになったら、これまで心を読んでたことがバレるかもしれないんやで……!


でもって、

「結川が拓海のこと好きなのは今のトコ 事実だし…
 いまさらいちいち ショック受けてられないって言うか…」

なにげに鋼のメンタルしてるよなぁ。

決して嫌悪感はないけど、共感もできない主人公っすわぁ。


・ハヤテのごとく!
ヒスイが帝を殺そうとしたり。


「だったら―――――
 今、この場で死ね」

この子はよく今まで逮捕されずに娑婆で暮らせてきたなーと>ヒスイ

……。

…………。

………………。

もしかして:もみ消s(略)


それはさておき。


「お前には、三千院家を継がせはしない」

そこまで固く決意してるなら遺書にそう書けばいいのに。
”ここに名を記したものに全ての遺産を相続させる(ただし初芝ヒスイは除く)”って。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年サンデー感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2016/04/04(月) 02:08:20|
  2. 少年サンデー感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/1909-d9a4fd7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad