流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年ジャンプ 18号

今週はヒマかと思ったらそうでもなかった。


・ワンピース
表紙+巻頭カラー。


表紙をめくって1ページ目に『ワンピース』の映画情報が載ってて、ちょろっとキャストが紹介されてたっす。

『伝説のギャンプラー レイズ・マックスを…
 北大路欣也が熱演!!』


それ絶対、ソフトバンクの”お父さん”って言われ(略)

い、いあ、北大路欣也ほどの俳優ならきっと大丈夫。

と言いたいとこだけど、『くら寿司』のCM見てると”お父さん”を思い出すわけで……。
北大路欣也は”お父さん”役で得たものも大きかっただろうけど、失くしたものも大きかった気がしますわぁ。




閑話休題。


ルフィとモモの助が『象主(ズニーシャ)』の声を聞いたり。


これはあれか。
古代兵器ってやつか??

でも、そのわりになんか弱いような。
攻撃力の方は海賊船5隻を一撃と十分なものの、大砲の集中砲火が通用してしまう打たれ弱さでは、能力者と能力者じゃないくせに人智を超えた必殺技を振るいまくる猛者どもを相手にするのはキツそうっすよ。

つーか、古代兵器が「大昔に罪をおかし」ってのもヘンだし、ただの巨大生物なんすかねー。
むしろそうであって欲しい。
古代兵器はもっと圧倒的な存在でないと!


それはそれとして、

『命じてくれ…… 「戦え」と!!!』
  ↓
「負けるなゾウ!! 倒れてはならぬ!!!
 ジャックを追い払ってくれーー!!!」
  ↓
『承知した』


こういう流れ、めっさ好きっす。
戦う力は十分すぎるほどあるのに命令なしでは戦えない、そのジレンマ。
それが解消された時のカタルシス。

まさに痛快。
ジャックはぶっ飛ばされても仕方のない奴ですしね。


・僕のヒーローアカデミア
敵の本拠地に来ましたよっと。


『現場を見れば その難しさ…自分たちの非現実的発想に… 気付いて頂けるハズ…!』

現場で気付いたらもう手遅れなんじゃないですかね。
八百万もまた冷静な状態ではないんかしら。

変装も街に入る前にしないと意味なくね?
もう見つかってたら見破られる以前の問題っすよ。


「俺は ”オールマイト”が勝つ姿に憧れた」

そういや、爆豪はオールマイトのファンなんだっけ。

でも、オールマイトが力を託したのは出久、と。
それを知った時、爆豪はどう思うのかなぁ。
楽しみなような怖いような。

ましてや、オールマイトに託された力で出久に助けられた日にゃあ……。闇堕ちしなきゃいいけど。


「…………
 お父さん…」

死柄木が爆轟に顔の手を吹き飛ばされたり。


これがいわゆる逆鱗に触れるってやつかー。
とりあえず、死柄木のお父さんエピソードに期待期待期待。

しかし、あのキャラで『親父』呼びじゃなくて、『お父さん』呼びなのか。
ギャップがすごすぎて、ちょっとシュールっすよ。


・僕のヒーローアカデミアすまっしゅ!!
『僕のヒーローアカデミア』の『スピンオフギャグ4コマ』。
作者は『根田啓史(ねだ ひろふみ)』。


内容は面白いけど、キャラの再現度低すぎやろ。

特にお茶子はもう見た目もキャラも別人っぽい。


・ブラッククローバー
「オレはただオレの力で証明するだけだ
 アンタは間違ってないってな」

おっと、あのヤミ団長が柄にもないことを。

だが、それがいい。

つーか、魔法帝よりずっと年下だったんすね……>ヤミ団長


『悪いけど 最初のキスは頂くよ』

で、ほっぺにキスするんかーい。かーい。かーい。

そこは唇にいたしましょうよ。
男→女だと痴漢(※)でも、逆ならきっと大丈夫。きっと。

※ただしイケメンは(略)


・暗殺教室
センターカラー。

『番外編#1』

殺せんせーの隠れ家公開っと。


めっさ面白かったっす。

しかし、故人(殺せんせー)が主役のギャグ回なのに、まったく感傷的にも微妙な気持ちにもなりませんでしたわぁ。
そんだけギャグマンガとして出来がよかったのか、はたまた殺せんせーの死が心に響いてないだけなのか。ううむ。


・ものの歩
例の事件(?)を蒼馬視点で回想っと。


「プロにはなりません
 将棋は遊びなので」

この言葉の真意が明かされたり。


なるほどなるほどねぇ。
同じセリフで、こうも意味が変わってくるとは。
竜胆視点のシーンをもう一度読み返したくなりますな。


「…お前にだけは負けてもいいって思えるから ライバルなんだろうが」

それはなんか違わないっすかね。
”お前にだけは負けたくない”のがライバルなんじゃないかなーと。

相手の力を認めてるって意味なのかもっすが、負けたくない気持ちは捨てたらあかんと思いますわ。


・ゆらぎ荘の幽奈さん
上手に魚を焼いたら夜々に懐かれたり。


ネコって魚より肉の方が好きらし(略)


・鬼滅の刃
第8話。

あっという間に7日経過、入隊試験終了っと。


えらい端折ったなー。
初日に強敵倒して以下略! って。

普通、7日も試験期間があったら、いくつか試練とか仕掛けとかがあって未来の仲間やライバルとなんやかやありそうなもんすがー。

でも、ヘタにそれをやると打ち切り食らうのが『ジャンプ』っていうね。
入隊試験終了と共に”そして10年後”→俺達の戦いは続く! っつーね。

そういう意味じゃこれくらい潔く端折るのが正解なんすかね。
そもそも7日って設定がいらなかった気もしないでもないっすがが。


あと、

「え? 鴉? これ」

「雀じゃね」


こんな場面でもギャグぶっ込んでくる作者のセンスわりと好き。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2016/04/06(水) 02:05:37|
  2. 少年ジャンプ感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/1910-8b950f8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad