流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年ジャンプ 43号

公園でムカデを見たっす。
ムカデって街なかの公園にもいるものなんすねー。
質感がプラスチックみたいでおもちゃみたいでした。
動いてなかったらイタズラグッズと勘違いしたかもしんない。


・銀魂
表紙+巻頭カラー。


『銀魂TVアニメ新シリーズ放送決定』

あれ? もしかしていま『銀魂』のアニメって放送されてない?

最近の『ジャンプ』アニメは原作に追いついたら一休みって感じなんすかね。
昔の『ジャンプ』アニメはいったん始まればずっと放送、終わる時はそのマンガのアニメシリーズが終わる時、って感じだったよーな。
結果、原作に追いついてロクでもないオリジナル展開に突入したり、原作に追いつかないようにすんげぇえええええええええええ間延びした展開(略)

まぁ、原作あってのアニメ版なんだから、原作のストック切れたら休止が一番ですわな。
ほんとは原作が完結してからアニメ化すればいいんだろうけど、『ジャンプ』マンガはなー。打ち切られるヤツは一瞬だけど、人気が出ると何十年も続いたりするからなぁ。




・僕のヒーローアカデミア
「僕はずっと 対等になりたかったのさ」

わりと普通に何を言ってるのかわからんす。

でも、飯田との掛け合いが面白かったのでこれはこれで。


「A組は… あと9人… これ…」

控室にヤオモモがいるから爆轟組、出久組の他はとっくに通過してるのかと思ったら、全然そんなことなかったと。

これはあれか。
リーダー大事と。
誰か指揮するやつがいないと人数揃ってても実力が出せないもんだと。
そういうことなのか。


「集光屈折ハイチーズ!」

もしかして葉隠さんの『個性』って透明化ではなく、光操作なのか?

これから『個性』が成長していったら、身につけてる物も見えなくすることができるようになるのかなー。

いつかは全裸卒業か。
安心したよーな、残念なよーな。


・ワンピース
「反撃はするな
 ”東の海”で血が流れるぞ」

おーう、父だけじゃなく兄弟たちまで人質を利用するのか。
打開策がないだけに、どうしようもないっすな、これ。

あー、トラファルガー・ローがいたら心臓を奪って人質に、とかできるのになぁ。


あと、戦闘力的にサンジは兄弟たちを超えてるんすかねー>現在
人質とられてて本気で戦えないのもあるけど、それ以上に『ワンピース』世界ゆえの打たれ強さで優劣がわかんねぇっすよ……。


・ブラッククローバー
「前時代の朽ちかけの将達も多少は役に立ったか……」

ヤツは我ら四天王の中でも最弱っ!

なるほど、時代遅れだったかー>八輝将
かませにもいろんなバリエーションがあるんだなぁと、感心したっす。


でもって、シルエットでこれからの敵たちがドーンって、ベタながらわくわくしますね。


・約束のネバーランド
前から6番目>掲載順位


なんか急浮上してきたっ。

ついに面白さが認められたか!







……個人的にはびみょ(略)

なんですかね。
いつまで第1ステージで戦ってるのって思ってしまう……。
駆け引きもそれっぽいんだけど、よく考えるとそんな大したことやってない気がしてきたりして、いまいち乗り切れないっすよ。

決してつまらないわけじゃないんすがー。
あと一味、何かが足りないような、そんな物足りなさがあるですよ。

って、今ふいにわかったっす。
キャラにハマれないんだ。
あくまで自分は、っすがが。

主要3キャラ、嫌いじゃないけど好きでもないって感じっすよ。
他の脇役キャラに関しては、名前はもちろん顔さえ把握できてないっす……。


・竹取憑き物語
センターカラー。

『第11回金未来杯エントリーNo.4』。
作者は『松田知隆(まつだ ともたか)』。


ふむー。
読み始めて思ったことは、『ジャンプ』らしくない読み切りマンガだなーと。
主人公が赤ん坊拾うって、そんなのもう3ページ目で追手出現すると思うやないですかっ。

でも、一向に……敵が……現れない……だと……!?

ちょっと待て、そうか。
いつから『ジャンプ』マンガ=能力バトルだと錯覚していた?
ラブコメだって、昔からある立派な『ジャンプ』マンガの系譜の一つやないかっ!!

って思ってたら敵でた!
クライマックスでお耽美な追手きた!

いあ、まぁいいんすが。

で、その敵が聞かれてもないのに、敵側の事情語りだしたりしてちょっと笑ったっす。

でも、それを除けばすげー面白かったっす。
これぞ王道! ってな面白さがありました。

クライマックスのバトルで変に能力バトルに走らなかったのもよかったと思うっす。
わちゃわちゃやってるページ数もなかったですし、さくっと伝家の宝刀すらぁー、パワーどーん! 速さバーン! 敵ズバァッ! って、わかりやすくていいよねと。

敵が死なずに、負けゼリフ吐いて帰るのとこもよかったっす。
連載意識してるんかー、と思わなくもないっすが、一般人である主人公が宇宙人とはいえ、人間をズンバラリとぶっ殺してしまうのもちょっと、ね。
ヤバイよねと。


というわけで!
ここまでの『第11回金未来杯』エントリー4作品の中で一番面白かったっす!


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2016/09/28(水) 02:16:33|
  2. 少年ジャンプ感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/1977-03d69cda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad