流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年サンデー 45号

明日は忙しいからいつもより早く寝ようと思ったんすよ。
だから、この感想もいつもより早く書き始めようとしたんすよ。
さぁ書こうって思ったら、Windowsが「ちょっと更新プログラムインストールするから再起動していい?」って聞いてきたんすよ。
まぁ、1回再起動するくらいなら別にいいかってボタン押したら、めっさ本格的な更新作業が始まったっていう。
1時間くらいかかりましたわ。

マジか、お前……マジかっ。


・表紙
今週の表紙+巻頭グラビアは『石原さとみ』っした。


『石原さとみ』も今年で30歳か。

『サンデー』は”お姉さん系”グラビアが好きだけど、今回のこれは果たして”お姉さん系”と言えるのかどうなのか。



……グラビアのアオリに”お姉さん”の文字がなかった……なかった……なかった……。




・双亡亭壊すべし
巻頭カラー。


「私達は<双亡亭>に何か関わりがありそうな その子の反応が、ただ見たかっただけなのに……!!」

この2人、”とりあえずやってみよう”なとこあるよねと。
双亡亭を空爆させたのもそうだし、解体業者に玉付きクレーンをぶち当てさせたのもそう。
そのチャレンジ精神自体はほめられるものかもしれないが、結果死者を出したり、誰かが必死の思いで施したであろう絵の封印を壊されたりと、何度も不測の事態に陥ってるはどうなのか。
今回は青一のおかげでいい方向に転がったけどさ。

実はあんま有能とは言えな(略)


・だがしかし
コンビニバイトになじめない人が住み込みで働くことになったり。


メガネのお姉さん(20歳)とひとつ屋根の下と。

お姉さんって感じじゃないですがが。
”ッス”口調だし。


しかし、どんどん駄菓子から離れていくなぁ。
確かに新展開ではあるし、これはこれで面白いけど、うーん。ほたるさんがいた頃が懐かしいっすよ。

ただ、今回の件に関するサヤのリアクションはすげー楽しみっす。


・マギ
『冒険は終わらない!! 永遠に!!!』

もし聖宮にたどり着けて、世界のルールを書き換えられたとしても、そのうちまた「これじゃだめだ」とか言い出しそうっすね……>シンドバッド


・MAJOR 2nd メジャー セカンド
『うれしい時も 苦しい時も――――
 野球はみんなで全力を尽くすから楽しいんだ!!』

名言いただきましたっ。

これはチームスポーツ全てに言えることかもしれないっすねー。チームスポーツどころかまともにスポーツやったことないけど>自分


「勇気をくれたのは君やチームのみんなのほうさ」

下がる時も、決めた時もかっこつけることを忘れない、それが光……っ。

それに対するアンディの、

「あ?」

にちょっと笑ったっす。
確かにモノローグ聞いてなかったら、キザすぎるセリフですわ。


・始発電車
読み切り。作者は『小山愛子』。


電車のあまりにあまりな揺れ方に、

電車が止まった駅、そこは10年前のホームでした――――

とかいう話なのかと思った。


実際はそんな話じゃなくって、普通に兄と妹のええ話っした。

あらゆる意味で妹ちゃんがかわいかったっす!
ただそれだけのマンガ。
だがそれでいい、それがいいマンガっした。

面白かったっす。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年サンデー感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2016/10/07(金) 01:42:59|
  2. 少年サンデー感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/1980-3cb31a70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad