流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年ジャンプ 46号


外に出ると、どこからともなく金木犀の香りがふわりと。

今年ももうそんな時期になりましたか。


・青春兵器ナンバーワン
表紙+巻頭カラー。

新連載。


大爆笑ってほどじゃないけど、なんだかんだで面白かったっす。
零一のトボケ具合とエージェントもとい英二のツッコミがええ感じっしたよ(小並感)


「MAPPOきっての天才少年 史上最年少のエージェント…」

主席卒業の天才少年がこの弱さってMAPPO大丈夫なのか>英二
ナンバーズがわりとガチな犯罪組織だったのも驚きだったけど、MAPPOのしょぼさはもっと驚きだったっす。
表向きだけとはいえ、こんなんでよく平和を維持できてるなー。


「!? バ…バカな!? き…貴様は!?」

脱走者が誰かもわからず追いかけてたんかーい。
むしろよく学校までたどり着けたな。
逆にめっさ優秀なんじゃないかって気がしてきた>NO.20




『「私の青春は、今始まったのだ。」~L.V.ベートーヴェン~』

どうした突然。

その唐突さがちょっと面白かったっす。
普通、冒頭とかに前フリ入れるやろ。


・僕のヒーローアカデミア
『つまるところ こいつはよくいるエンデヴァーアンチだ』

お、おう。
エンデヴァーの個性婚(だっけ)で身内をとられたとかそんな因縁があるのかと思ったら>夜嵐
たんにエンデヴァーに冷たくされただけて。

エンデヴァーの抱えてる闇をそれだけで見抜いたのはすげーっちゃすげーけどさ。


・ブラッククローバー
「タイミング悪いとはいえ いつも裸だな この人」

ん?

んん?

だ、誰?
フィンラルとノエルの口ぶりからすると今回が初登場ってわけじゃなさそうなんすが、まったく思い出せねぇっす。

って、

『ファンゼル達の活躍を描いた小説版『暴牛の書』(著:ジョニー音田先生)好評発売中!!』

小説版のキャラっすか。

うーん。小説版の読者には嬉しいだろうけど、そうじゃない自分には正直びみょー。
できればマンガ版はマンガ版だけ読んでればわかるようにしといて欲しい。

と一瞬思ったものの、こういうクロスオーバー(?)はありかなしかでいえば、ありだよなぁ。

もうちょい他にやりようなかったんかなぁ>ファンゼルたちの登場の仕方

つーか、単行本では上の宣伝は削られると思うんだがどうするんだろ。
単行本買うからって小説版も買うとは限らないし、あの宣伝がないと本気でわけがわからないと思うんすがが。


・こち亀40周年トリビュート企画第2弾!! みんなのこち亀×べるぜバブ
『こち亀』っぽさというか、『こち亀』にありがちな展開が『べるぜバブ』にきちんと織り込まれててすげーと思った。
それでいて、ちゃんと面白いし。


ところで、こういう企画は『こち亀』が最終回を迎える前にやるべきだったんじゃあ……?
そうやって最終回に向けて盛り上げていくものなんじゃあ。

『こち亀』は盛り上げより、もうすぐ『こち亀』終わるよ! っていう驚きの方を選んだってことなのか。

むー。
最終回を迎えてからの関連企画は余韻よりも蛇足感を覚えてしまうなぁ……。


・歪のアマルガム
第2話。

センターカラー。


のっけからまた解説かーと。
テンション下がったものの、

「他人が勝手にこの人の命 諦めていいのかよ!!」


「あり…ガ… とウ
 アなタは…諦メ… ない…デ…ね」


クライマックスはぐっときたっすよ。
やっぱ主人公は愛がないとね。
向こう見ずなまでの優しさ、しかと見せてもらいましたっ。

でもって、暴走状態の女の子がその愛に触れて一瞬正気を取り戻しましたよと。
自分はもうダメだけど、あなたは諦めないでねと。
理不尽と絶望で終わりを迎える今際の際に、他人を羨むでなく嫉妬するでなく、励ましを送れるその優しさ、その強さ。
胸を打たれたっす。


というわけで、面白いよーな、そうでもないよーな第2話っしたよ。

アンケート送ってる読者たちはどう判断するのかなー。
個人的には遅かれ早かれ打ち切りは不可避じゃないかなーって思ったり……。
1つでも面白かったり、感動できるシーンがあるのはすごいことっすが、最初から最後まで面白いマンガがあったらそっちのがいいよねと。

そして、『ジャンプ』で連載枠が空くのを待ってる作家や作品は五万といるんだろうなぁ……って……。


・鬼滅の刃
『親のいない俺は誰からも期待されない』

おおっと、意外と重い過去を背負ってた>善逸

作者はどこまで善逸のキャラを立てていくつもりなんだっ。
ますます善逸のことが好きになってまうやろ!

あと、

『一生に一人でいいから誰かを守り抜いて 幸せにするささやかな未来ですら 誰も望んでくれない』

その子を幸せにするの、めさめさハードル高いからな!>ねずこ


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2016/10/19(水) 02:07:37|
  2. 少年ジャンプ感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/1984-4e14ab76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad