流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年ジャンプ 48号


ふと気づけば2016年の『ジャンプ』ももう48号っすか。

例年52~53号くらいで号数がリセットされるはずなんで、あと数冊出たら2017年新年1号ににに。

そら2016年も残り二ヶ月になりますわぁ~。


・ブラッククローバー
表紙+巻頭カラー。


表紙イラストはアスタとユノっした。


このマンガが始まった時、アスタとユノの男ダブル主人公かと思って、ちょっとテンション下がったのを思い出したっす。
個人的に男+男のコンビものマンガにあまりいい思い出がなくって……。

いあ、そんなマンガざらにあるし、ヒット作もいっぱいあるし、私自身楽しめたマンガもあるはずなんだけど、男+男のコンビものは女性向けなイメージがあるんすよ(偏見)
やっぱ少年マンガはボーイ・ミーツ・ガールがええなと思うんすよ、はい。

でも、『ブラッククローバー』ではそんな偏見、完全に的外れでした。





ここまでユノに出番がないとは思っ(略)

これからもこの距離感と登場頻度を大切にして欲しいですわぁ>ユノ





閑話休題。


「リヒトの為に殺してでも取り戻すわ…!!」

わりと普通にしゃべるんすね>憎悪のファナ
あんな表情してるからもっとアレなのかと思ってた。


「女王を利用してアンタの腕を治したら その反魔法の力借りてこんなとこトンズラするつもりなのよ~~~!!!」

その発想はなかった>バネッサ
恩や義理や約束を投げ捨てるのは感心しないが、あの女王が相手だとなー。
むしろすっきりしそうですわ。
バネッサの好感度が上がりましたわー。


「…すげえええーーーーーー!!
 完っ璧に治ってるぅぅ!!!」

展開早っ!!

てっきり、

治すのに時間がかかる>他のメンバーが出撃>ピンチに陥る>こんなときアスタがいてくれたら>アスタ登場!

とかいう展開なのかと。

しかし、このスピード感が『ブラッククローバー』か。
”遅れてこないヒーロー”、あり……だよね?


・ワンピース
ルフィ、反撃せずっと。


おお、目頭が熱くなりました。
全部お見通しやないですか>ルフィ
こんな船長らしいルフィは久しぶりな気がするですよ。

でもって、サンジが戻るまであそこで待ってるってことはこれから先のバトルには参加しないと。
今回のシリーズはルフィVSラスボスでは終わらないと?

うーん。それは残念なような、新鮮なような。

まぁ、ずっとあの場に留まるのなら、あそこでバトルが発生し続ける可能性もありますがが。
負けたらビッグマムの元に連れてかれるだろうし、かといって逃げたり隠れたりしたら宣言がウソになるしで、なかなか熱いバトルになりそうっすよ。


・僕のヒーローアカデミア
「カエルっぽさを磨いてようやく実戦レベルに達したの
 ”保護色” 私の新技よ」

カエルっていうよりカメレオンっぽいと思ってしまった。

……目が左右別々に動かないうちは大丈夫か。


・歪のアマルガム
第4話。


新たな事件が発生と>ラスト

なんとなく面白くなってきた気がするっす。

ただ、第一話の上半身のみ主人公といい、今回の顔なし死体といい、グロでおしていくのか。
少年誌なんだし、あんまりグロは……って一瞬思ったけど、この程度のグロならありか……?
妖怪マンガだと猟奇描写もけっこうありそうだしなぁ。うーむむ。


・トリコ
VSアカシア戦決着っと。


ただし料理は口から出る。


・約束のネバーランド
真の裏切り者が判明っと。


これまた面白くなってきた気がするですよ。

ノーマンのキャラが立ってきたのがでかいかもっす>面白さ
レイもまた然り。

やっぱりキャラが大事ってことっすか。

あとはエマが一皮むけてくれたらなぁ。
いい子ではあるんだけど、それだけって感じっすよ>現状


・鬼滅の刃
頭が蜘蛛の鬼が脱皮したり。


善逸に隠れがちだけど、伊之助もいいキャラしてるよなぁと。
善逸とはまた違うタイプの天然さがいいよねと。

あ、もちろん炭治郎もいいキャラっす!
このマンガの独特のノリは炭治郎あってのものだと思いますしね!

ってか、炭治郎もまた違うタイプの天然だよなぁ。


あと、このマンガ、モブに厳しくね? ね?
ちょっと前に出てきたポニーテール鬼殺隊っ子は正直、新ヒロインなのかと思ったのに、思ったのに……首が…………。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2016/11/02(水) 02:08:17|
  2. 少年ジャンプ感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/1990-3ce790c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad