流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年ジャンプ 51号


なんか今週の『ジャンプ』分厚い……。


・デモンズプラン
表紙+巻頭カラー。

新連載。


ふむー。
面白かったっす。
こういう、”幼いころの出会いが互いを変える”系の話は好きなのでグッときたっすよ。

ただ、このお話はもう実質終わってないっすか?

カルロスは悪魔になったものの、ボロはそれ以上の悪魔になってカルロスをねじ伏せた。
でもって、ボロのカルロスを想う言葉が届いちゃってますよね、カルロスの心に。

あとは人外の身になった者同士、旅でもしながら幸せに暮せばよくね? よくね?

そういう終わった話を、

「これで幕引きとはもったいない」

と無理やり引き伸ばしてるようにしか見えないっすよ……。




それと、

『血霧翼(ちぎりばね)』

『赤鎧(あかがね)』


能力名は漢字なんすね。キャラ名はボロとかカルロスなのに。
普段なら英語ベースのカタカナ名より漢字名の方が好きなんすけど、これはちと違和感ハンパねぇっすよ。


あと、

「さぁ願いを言い触れるのだ」

みんなの前でやるのか、これ。
みんなの前で己の願望やコンプレックスを言わされたあげく、何も起きずに100万ふんだくられるのか。

まさに鬼畜の所業っすなぁ>詐欺師


・ワンピース
ルフィとナミ、敗れるっと。


負けるんかいっ!

いあ、戦力的にはそら負けるけど。
負けて当たり前だけどっ。

だからこそ、負ける展開は予想してませんでしたわぁ。
三日三晩でも戦い続けるのかと思ってましたわぁ。

あれだけの啖呵を切っておいて、連れて行かれるとは>ルフィ

戦力差が戦力差だけに、情けないともかっこ悪いとも思わないけど、うーむむ。

とりあえず、こっからどうやってルフィがサンジとの約束を果たすのか、期待しときます!


「タマゴ男爵の狙いは?」

「…… おれだな」

「ペドロさん 囮になってくれませんか?」

「―― おれもちょうどそれを考えてた」


妙にかっこいいな、この会話>ブルックとペドロ
おしゃれな雰囲気が漂ってますわ。


・ブラッククローバー
ノエルVSファナっと。


水属性VS炎属性。

しかし、敵はあまりに強大っ。

これはあれか、

「蒸発して―――…」

みんな大好き、少年マンガのお約束”粉塵爆発”に続く(?)爆発技、”水蒸気爆発”で大逆転か!








ちがいました。



『そんなことは無い 君は強い』

(―――この声…)


誰?

アスタではないようだし、もしかしてまた小説版のキャラ?







ほんとにそうらしい……。

ちがってて欲しかった。
それはほんとにどうなん。重要な場面で別メディアのキャラ持ち出すのってどうなん……。


あと、だんだんファナがギャグキャラに見え(略)

あの表情で固定はツライものががが。


・トリコ
センターカラー。

最終回。


最終回で設定を語られるとは思ってなかったけど、第一話のシーン再現は胸が熱くなったっす>釣り

連載8年半、おつかれさまでした!!>島袋先生


・歪のアマルガム
皮膚操作男を撃破っと。


いきなりまともになったよーな?>敵
喋り方だけじゃなくて、性格も。

ま、まぁ、戦いになったら性格が豹変するヤツっているよね。

……奇人から真面目になるタイプはレアかもっすが。

あー、いあ、命がかかってるんだから真面目になるってのは理にかなっている……か?


・鬼滅の刃
死を意識して走馬灯を見たり。


大ピンチの中、走馬灯に見たのは――

「父さん」


父さんっ。

ここにきて初登場(っすよね)の父さんっ。

今際の際に力を貸してくれたのは、師匠ではなく、錆兎・真菰の兄姉弟子でもなく、善逸たち仲間でもないっ。

(たぶん)初登場の父さんっ。


「ヒノカミ様になりきるんだ」

誰っ。

”ヒノカミ様”って誰!?


主人公が死ぬかもしれない大クライマックスシーンで蓄積のないキャラを投入する勇気っ。



ちょっと泣きました。マジで。

よく新連載第一話とかで恩人や親友が死ぬシーンがあって、そういうのってだいたい”ぽっと出のキャラが死んでもなぁ~”とか言われるんすけど、今回のこれは泣きました。ええ、泣きましたとも。

もうね、「父さん」って時点で胸に響きますわ。
死を目前にした刹那の時に父さんの顔が浮かんだら、そら泣きますわ。
その父さんが起死回生の秘策を教えてくれるとか泣きますわ。

「ヒノカミ様」もおそらく耳につけてる飾りに関連する神さまか何かなんだろうなーって、なんとなくわかりますしね。


というわけで今週も『鬼滅の刃』は面白かったっす!


・レッドスプライト
第13話。


そろそろ終わりそう……。


とりあえず、『遺灰兵士』は最初から発電奴の遺灰をまとって進軍すればいいんじゃね?
彼ら奴隷どころか家畜扱いらしいし、いくらでも遺灰は手に入るやろ……。


「超ッ モノサンダ~~~~~ッ!!」

モノが週替りで超兵器を操ってて、ちょっと笑ったっす。
これ打ち切り決定で尺が足りないゆえの苦肉の策なのか、最初から超兵器使いと化す予定だったのかどっちなんだろ。

つーか、打ち切り決定なんだろーか。

それとも次の新連載投入までは生存できるのか。

個人的には生存して欲しいなぁ。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2016/11/23(水) 02:37:20|
  2. 少年ジャンプ感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/1997-320c6f4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad