流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年ジャンプ 52号


『艦これ』の秋イベントがはかどらなーい。
E4んんんんん。


・オレゴラッソ
表紙+巻頭カラー。

新連載。


サッカーマンガと聞いて正直、「ジャンプ編集部も懲りねぇなぁ」って思ったのは秘密っす。
最近の『ジャンプ』でスポーツマンガはことごとく……ねぇ?

だがしかし、読んでみたら面白かったっす。
主人公憎めないし、ヒロインかわいいし、2人ともパッと見てすぐ本人とわかる特徴があるのもいいと思う>髪型・帽子
これがあれなんすかね。いつだったか『銀魂』の作者が言ってた、”キャラはシルエットで誰かわかるくらいじゃなきゃだめ”っていう。
それを実践したキャラなんすかね。




あと、ボールの直撃で車が大破したり、ゴールが浮き上がったりする演出はちょっと不安がが。

それが実際起きる世界のサッカーってどんな風になるんだろうと。
普通に人が死にそうっすよ。
スポーツマンガはリアリティも大切なんじゃないかな、と思います。

いあ、『能力』や『必殺技』が出て来るタイプのスポーツマンガなら何も文句ないっすがが。
リアリティなんざクソくらえっすよ(暴言)


「テコンドーの日本代表だったんだ!!」

ムエタイの方がそれっぽい気がしないでもない。


・ワンピース
「――もう一度ケンカ売ってやる!!」

おおっ、主人公やなぁ>ルフィ
相手が誰でも媚びず折れず退かず、信念というか我を通す姿はかっこいいっすよ。

ボコられて連れてこられた牢屋で敵のボスにケンカを売り直すとか、わりと狂犬レベルだけど。
空気を読まないとか天然とか、そんなレベルじゃないっすよ、もはや。

でも、それでこそルフィ。それでこそ主人公っ。


それと、

「つまらねェ話だな ビッグ・マム」

前回ラストのブルックとペドロの会話といい、最近の『ワンピース』は妙にセリフがおしゃれだなぁと。
上のセリフとかめっさおしゃれだし、かっこいいっすよ。


(頼むから… みんな無事に引き下がってくれ…)

誰1人引き下がる気がなくて笑ったっす。


・鬼滅の刃
センターカラー。

前回は炭治郎の走馬灯に『父さん』が、そして今回は妹ちゃんの夢枕(?)に『母さん』が登場っと。


なぜかあの歌思いだしたっす。
『天空の城ラピュタ』の、

♪父さんが残した~熱い想い~
♪母さんがくれた~あのまなざし~


うん、まったく関係ないっすね。


それはさておき、妹ちゃん覚醒っと。

前回の『父さん』に引き続き、大ピンチに『母さん』の幻(?)登場とか泣いてまうわ。
ぶっちゃけそのタイミングで出てきてももう炭治郎を救うには遅すぎるやろって思わなくはないけど、兄妹の絆と両親の応援があるならちょっとくらい時空が歪んでもいいよねと。

実に熱いシーンっしたよ。


「”今のねずこなら”できる」

ぐふぅ、『ねずこ』の漢字が出ない……。

それはそれとして、鬼と化す前の妹ちゃんがどんなキャラだったか思い出せないっす。

つーか、ほとんど描かれてなかったよーな?

ただの村娘だった頃の妹ちゃんも見てみたいなぁ。


・デモンズプラン
センターカラー。

第2話。


「にしても お前の”父親”変わってんなぁ
 こんな汚ねェ部屋に”100万”も払うなんてよ」

全額突っ込む価値はないと思う……>船室

この世界で100万がどれくらいの価値かわかんないけど、大金っすよね。
たかだか『ここらで一番デカイ街』に行くためにどんだけ使ってんだよと。

大人で社長なんだし、まだまだひよっこの主人公にもっと上手な金の使い方を示してやってもよかったんじゃないかなぁと。

そんなわけで別れのシーンの感動は……うーん。


・ブラッククローバー
「…やはり君達はもう…
 昔の君達ではないんだね………」

今週の置いてけぼりシーンきたー(おい)
小説版のしがらみをもってこられても――――

って、よく考えたら、まず謎のやりとりで読者の興味を惹きつけるって手法は普通によくありますよね……。
これもその一種っちゃ一種なのか?

うーむ。そろそろ小説版のキャラだからっていう先入観を捨てるべきか……。
一応、彼らがどういう関係なのか、今回を読んだだけで理解できますし。


・レッドスプライト
最終回。


終わったぁあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああっっ!!


まぁ、でも、なんか、これは仕方ないかなとも思ったり。

ともかく話のスケールにマンガの描写が追いついてなかったし、キャラの多さのわりにきちんとキャラが立ってたメンバーはほんの一握り、主人公たちの拠点となる飛空艇(?)はあのデザイン………………。

ついでに敵キャラたちがことごとく、なんとなく悪そうな顔したおっさんばかりってのも…………そりゃ受けない……かなぁ……って……。

ヒロインらしいヒロインも出てこなかったしね。


というわけで、おつかれさまでした!>作者さん
タツのキャラや話の大筋は好きでしたよー。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2016/11/30(水) 02:10:40|
  2. 少年ジャンプ感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/1999-ac38eeb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad