流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年サンデー 1号


水曜の朝、いつものコンビニで『サンデー』買おうとしたら1冊もなかったっす。

いあ、正確には1冊だけあったんだけど、見知らぬ兄さんが立ち読みしてて買えなかった。

時間がなかったんで、仕事が終わってから別のコンビニを回るもことごとく売ってない!
4軒回ったけど1冊もない!

結局、駅前の本屋まで行ってやっとこさ購入~。

コンビニ4軒はたぶん売り切れたんじゃなくて、初めから置いて(略)

だ、大丈夫なのか、『サンデー』。


・名探偵コナン
今週の表紙は『名探偵コナン』っした。

巻頭カラーはなし。
その代わり(?)パステル調で描かれた折込ポスターがついてたり。


『名探偵コナン』の絵柄って独特というか、ちょっとクセがありますが、こうやって見ると和葉も蘭もかわええっすね。

でも、しっとりとした雰囲気の中、よく見ると蘭のツノがしっかり主張しててやっぱり笑ってしまったっすよ。




・天野めぐみはスキだらけ!
「んとね…「突き」は面の下にあるトコを突くんだけど…
 たまに 的が外れると、こうなるの」

うっかりノドに当たると危ないから防具があるんじゃなくて、もとよりノドを突くのがデフォなのか。
剣道恐ろしい……。


・古見さんは、コミュ症です。
古見さんが弟の部屋に乱入したり、頭をくしゃくしゃしたり。


弟には気さくなんすね>古見さん

まぁ、

「……笑介は暑くないの?」


(気のせいか…)


コミュケーションは成り立たないわけですがが。

笑介のリアクションが、”ペットの猫がしゃべった……?”レベルで笑ったっす。


・マギ
「共にルフへと還ろう!!」

「より良い世界を勝ち取るためにーーーーーーーーッ!!!」


カルトですわ、これ。

でもって、シンドバッドは金を搾り取るためにエセ宗教をでっち上げるタイプの教祖じゃなくて、掲げる理想を本人が一番信じてるタイプの教祖なのが、なおのこと、たちが悪い……。


・魔王城でおやすみ
『別種族の魔物を一括で蘇生すると 稀に 合体して復活 するからな…』

というわけで、姫と猫(の魔物)がフュージョン合体して復活したり。


スヤリス姫が猫耳に!?



――――なりませんでしたなりませんでしたなりませんでしたー。

ほぼ猫やん……。


・初恋ゾンビ
センターカラー。

最後の最後でナストと江火野が鉢合わせしたり。


あぶない水着なんていらんかったんやっ。

ある意味、純粋っちゃ純粋なのか。
ただもう純粋に江火野が好きと>ナスト


それはさておき、タロウと江火野がちょいといい雰囲気に~。

お似合いの二人だと思うし、もう末永く爆発すればいいよっ。

と思ったが指宿くんもいるんだった>恋人候補

なにげにモテるなー>タロウ

あいかわらず、江火野も指宿くんもタロウのどこが好きなのかよくわかんないっす。
今のところ”幼馴染だから”ぐらいしか理由が思いつかねぇっすよ。

そして、"幼馴染だから"好きなる、ってのも我ながらふわっとした理由やなぁと思います……。


・RYOKO
米が死んだニワトリに乗って現れたり。


うーむ。
食材の特徴を活かした技はありだと思うんだけど、正直どう受け取ったらいいのか戸惑っております。

ギャグみたいな敵がギャグみたいな技を使って、シリアスな殺し合いをする。

それは果たしてギャグなのかシリアスなのか……。
わっかんねぇ……。

ってか、ふざけた敵が人を襲うってB級ホラー映画みたいだな。
それを考えると、バカバカしさを楽しめばいいのか?

いあ、ホラー映画は苦手だから実物は見たことないけど。
本物のB級映画ファンがどう楽しんでるのか知らないけど。

うーーーーーーん。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年サンデー感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2016/12/02(金) 02:03:07|
  2. 少年サンデー感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/2000-59eb73fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad