流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年ジャンプ 6号


FireFoxが重たすぎて、インターネット黎明期を思い出すレベルっす。
ページを開いてはいちいち読み込まれるのを待ってたなぁ(遠い目)


・ワンピース
表紙+巻頭カラー。


表紙イラストは晴れ着の麦わら海賊団っした。

びみょーに季節外れ感ががが>表紙イラスト
なんすかね、季節イベントを反映したイラストって早いのはいいけど、遅いのはダメな気がするっすよ。
2日も過ぎるともう違和感を覚えてしまうっす。


「申し分”なかった”でしょ?
 ”鉄の体”を持つあなた達にも…!!」

ふむー。
”武装色の覇気”なら防げそうなもんすが。
ヴィンスモーク姉弟は覇気を使えないんかなー。
いまいち誰が使えて誰が使えないのか把握できてないっすよ>自分

つーか、強キャラならみんな使える、ぐらいの認識だったけど、違うのかなー。




「死ぬ事を計画に入れるバカがどこにいますか お嬢さん」

死ぬかもしれない事は計画に入れるべきだと思うなぁ。
それが最悪の事態を想定しておくってことなんじゃないかと。


「これは”メモメモの実”の能力」

非戦闘系の『能力』はなんか新鮮っすね。

いあ、『ワンピース』のことだから何かしら攻撃技もあるんでしょうけど。
たとえばメモに絡めたダジャレで……えーと……ほら……うーん…………。
こういう時、ぱっと気の利いたネタを思いつける人間になりたい……。

それはともかく、

「おい娘!!
 夜の内にローラの居場所を吐かせるように ママに言われてるファ」


「よし拷問するファ」


そんなことしなくても”メモメモの実”の能力があれば余裕でわかりそう。


「ジンベエ~~~~~~~!!」

ルフィとナミに救いの主が登場っと。

ジンベエはちゃんと”落とし前”をつけてビッグ・マムの元を抜けたんじゃなかったっけ。
こんなことして大丈夫なのか。

大丈夫なわけないか。四皇を敵に回して。
ジンベエ自身は強いし、魚人だから海に逃げ込めばどうとでもなりそうだけど、ジンベエには仲間や守ってきた島民か何かがいたよーな。
そっちへの対処はどうする気なんだろ。


・鬼滅の刃
「俺は嫌われてない」

どシリアスな場面でこの一言をぶっ込んでくるのが実に『鬼滅の刃』だなぁと。
『鬼滅の刃』のこういう独特なノリ大好きっす。


「こちらも蝶屋敷へ?」

「そう 怪我人は皆 うちへ」


それは怪我人のレベルを超えてるやろ>蜘蛛化された人
鬼の毒で変えられたから人の薬で治せる、とかなんかなー。


「柱の前だぞ!!」

おー。一気にキャラ増えたあああああ。
なかなかに個性的な面々すね。

でも、6人中3人はほぼ同じ顔してる気がしないでもない。
目鼻の形がいっしょというか。


・ブラッククローバー
『ラドロスの魔力が消えた…………』

前回、攻撃が直撃したシーンで終わったから、実は効いてなかった! って展開かと思ったら。
ふっつーに効いてた。倒せてた。
なんでちょっと引っ張ったんだ……>前回ラスト


『そうだ…君は軍の最終訓練で オレ自身が手にかけてしまったはず………!!』

あーっ。いたなぁ……。マルスを励ます女の子。
あの子の名前はファナだったのか。
微塵も気づいてなかったっすよ。

単純に三つ目族VS人間って構図だと思ってたけど、そうじゃないのか。
ファナやヴェットの記憶がニセモノである可能性も出てきた?
正直、『ブラッククローバー』でそんな複雑な展開すると思ってなか(略)


「確かに…よく見れば瓜二つの容姿だ……!」

まぁ、死んだと思ってた相手だしなぁ。
性格や表情も以前とはまったく違うし、同一人物だと気づかなかったのも無理はない。

と一瞬思ったが、名前が同じで顔も同じなら気づこうよ……>ゼル


「マズイわね…!!
 数分もすればこの辺り一帯 消し飛ぶわ…!!」

やっと女王の出番か!
と思ったが別にそんなことなかったぜ!

ほんとに何もしないな、あの人。


「オレの大事な… 幼馴染だ…!!」

姉ではなく幼馴染かー。
リア充度の高まりを感じる……っ。


・ゆらぎ荘の幽奈さん
コガラシたちがすごろくの中に閉じ込められたり。


「でっでも次1が出ればゴールだよ!」

前半では服がはだけて、「見ないで コガラシくーん!」って赤面してたのに、いまや普通に下着姿でガッポーズする雲雀に笑ったり。

まぁ、着衣の状態で隠すべき項目が変わるってのはわからんでもないっす。
服を着てたら下着が、下着姿なら(自主規制)


・デモンズプラン
「俺は”正義慾”を司る悪魔だ」

そのわりに不法侵入はするのか。
いきなりキャラがブレっブレやないですか……。


・オレゴラッソ
バンバが主将を制し、ゴールを決めましたよっと。


「今日の練習を始める!!!」

あれ?
ゴールを決めたら何かあるんじゃなかったっけ?
最初に何かご褒美的な条件を決めていたような。

バックナンバー確認中――――

「俺に勝ったら週末の試合に出させてくれ?」

これだっ。

って、なんでなかったことになってるんだ。


それはさておき、掲載順位が真ん中よりやや後ろの方に。

うーん。もしかして『ジャンプ』のスポーツマンガって、ベタな能力ものより定着率低い?

いあ、能力ものもバタバタと討ち死にしてるか。
新連載そのものが定着率低いのか。うん、知ってた。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2017/01/10(火) 02:06:30|
  2. 少年ジャンプ感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/2018-b476ac3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad