流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年サンデー 13号


昨日、今日となぜか突然、口の中に『ポテトチップス コンソメパンチ』の味がフラッシュバック(?)する現象に見舞われたり。

明日あたり食うか……。


・表紙
今週の表紙は『名探偵コナン』っした。


劇場版『名探偵コナン[から紅の恋歌]』は4月15日(土)公開だそうですよっと。


和葉役の宮村優子がオーストラリア在住でありながら、今も和葉の声を当ててるってすごくね?




・ホビーの楽園
『だめてらすさま。』と『どん兵衛』のコラボ企画。


でも、テラス様は『どん兵衛』より『ポッキー』ばっか食っ(略)


・初恋ゾンビ
巻頭カラー。


カラーページ1枚目は寝起き江火野っした。


……。

…………。

ノ…………何にどうツッコんでもセクハラになりそうなので以下略。


でもって、見開き巻頭カラーは、江火野・イヴ・指宿くん・朱々子の寝そべりショットっした。


やたら半裸の女の子が出てくるマンガだし、もっとヒロインキャラがいたような気がしてたけど、朱々子入れても4人しかいなかったかー。

ってか、朱々子はヒロインとは呼べない気がするんで、実質3人だけっすか(女の子キャラ=ヒロインにあらず)

ちと意外っしたよ。

まぁ、朱々子入れるなら希空たちも入れたよって気はしないでもないっす。


「!!? もしかしてこれ、バースデーケーキ!?」

和室の真ん中にバースデーケーキて。
しかも机の上とかじゃなくて、畳に直置きて。
ふすまぶち破って見つけたからいいけど、普通にふすま開けて薄暗い和室にぽつんとこれが置いてあったら、軽くホラーやろ……。


『一方 八女家、朱々子と祖父母でケーキを食べていた』

パーティの準備が全部ムダに。
じいちゃんばあちゃんの自業自得っちゃ自業自得だけど、なんか切ないっすよ。


・魔王城でおやすみ
今週のお題は”ゴーストで空中睡眠”っした。


「これ… 脱出してみて」


「何秒耐えるかな…」


うーん、ネタにマジレスかっこ悪いと思いつつ、スヤリス姫は将来王位を継承して女王になったら、歴史に名を残すレベルの暴君に……なりそう……だなぁって……思っ……た…………。

やってることがゴーストになる方法と関係ないように見えるのがなぁ。いたぶって遊んでるようにしか見えないっすよ。

ちょっと引いてしまいましたわぁ。


・MAJOR 2nd メジャー セカンド
「僕も死ななくて済んだのにさあ!」

――――という夢を見たんだ。


夢でよかった!

一瞬ドキっとしたっすよ。


で、結局、『脳しんとう』を起こしただけで問題ないと。

でも、会いに行ったら家にいなくて、寿に「光は帰ってこないよ」とか言われたり。


って、次回に引っ張るんかっ。

やめて。
不安になるからやめて。

つーか、次回予告が『次号、寿也が語る光の辛すぎる現実――』て!

不安しかないっ。

とりあえず死んだってことはないみたいだけど、『辛すぎる現実』ってハード面の話なのか、ソフト面の話なのか。
うーむむ、怖いなぁ。


・マギ
虚偽と信望の信念のシンドバッドVS白龍っと。


ふむー。
自分にとって白龍は、怒りに溺れて兵士たちを洗脳して無理やり戦わせた人でなしって認識で、その悪行の清算をしないまま、いつの間にかアリババたち主人公サイドに戻ってきてて、もやもやしっぱなしだったんすが、


「白龍くん。君は多くの犠牲を払い、国を取り戻した」


「これでは一体…なんのために……
 俺は大勢の命や人生を犠牲にしてきたんだ…?」

「託された国を守るんじゃなかったのか…!!?」


こういう解釈もあるのか、と。
こんな風に語られると一概に悪行だったとも言えないような気もしてきたっすよ。

と同時に物は言いようだなぁって思(略)

うーーーーん。


でも、白龍に同調して協力してたジュダルはなーぜーか許せるんすよねぇ>自分

俺様キャラだからかなぁ……。
生い立ちについては白龍もけっこうひどいですし。

あー、いあ、うーん。
やっぱジュダルの方が生い立ちはひどいか。
なによりジュダルは選ばされた人生って感じがするんすよね。
赤ん坊のころにさらわれてきて、物心つくころには悪の道に置かれてたといいますか。
本人の意思とは関係ないところでもう人生が決まっていた。
さらわれてなかったら性格も違ってたかもですし。

そう考えると、なんかこう、破壊的で破滅的な行いをしてしまったのもしょうがないかなぁと。


・BE BLUES! ~青になれ~
桜庭のパスを龍が決めて同点になりましたよっと。


「桜庭ーー!!」


「出すとは思わなかったぜェ!!」


『なぜだ!? なぜ… うそだろ おい…
 奴が受け入れられてる… だとお!!?』


味方からも敵からもひどい言われようで笑ったっす>桜庭

まぁ、全部桜庭本人のせいっすがが。


そして、例によって例のごとく、今回進んだ話が、


ゴールが決まって歓喜に湧くイレブン。おわり。


つー短さに、ああ『BE BLUES!』だなぁって思ったり。
サッカーってなかなか点が入らないし、実際の試合でもおおげさに喜んだりするし、桜庭関連でもいろいろ重要なシーンだとは思うけど、ここまでたっぷりページを使うのってすげぇなぁと。

刻む勇気を感じますわぁ。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年サンデー感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2017/02/24(金) 02:18:01|
  2. 少年サンデー感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/2036-c2db8454
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad