流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年ジャンプ 14号


3月から本気だす。

と思いつつ、もう一週間がたってしまったっすよ。
『艦これ』がやめられねぇー。


・Dr.STONE
表紙+巻頭カラー。

新連載。


うーむ。なんかいまいちワクワクしないなーと。

文明崩壊ものってやっぱある程度文明が残っててこそ、な気がするんすよ。
廃墟と化したビル群とか、人っ子1人いなくなった街とか妙な魅力があると思うし、もう製造することはできないけど、かろうじてまだ使える現代機器を発掘して云々とか面白そうだし。

でも、このマンガの場合、西暦5738年まで時が流れたんでビルも機器もなーんもないわけで。
原始時代にタイムリープしたのと変わらないんすよね。

まぁ、まさに原始時代からやり直して現代文明を取り戻したらぁっ! って話っぽいっすがが。

そのコンセプトがあんま……胸に……響か……ない……かなぁ…………って……。

自分の好みの問題ではありますが。




それはさておき、ヒロインの頭についてる、ぐるぐる渦巻き型のヘアバンド(?)は数千年の時を生き延びたのか?
実はあれ骨なのか?
それだと石化してないのはおかしいか。

これはあれか。
たかだか数千年ぽっちでキャラ記号は朽ちたりし(略)


あと、相棒は石化中ずっと数を数えてたってメンタルすごすぎやろ。
知性派キャラで押してるけど、知性関係なく精神力がすげーだけの精神力バカな気がしないでもないっすよ。
起きた時の季節を知るために数えてたって他に方法はなかったのか。
星空見たら季節くらいはわかるのでは?

って、

「もしも意志の力で起きれても 裸一貫で冬に目覚めりゃ食料調達で即ゲームオーバーだ
 春スタートが生き残りの絶対条件」

ああ、起きるタイミングを自力で選べるという前提で数えてたと。
最善の環境である春に起きるために。

なんでその前提を思いついたのか気になるっす。
その希望にすがるしかなかったのか、何か根拠でもあったのか。

どっちにしろ一睡もせずに何千年も時を数えられるとか、もはや人間を超えてるやろ……。


あとあと、

「この石の世界のアダムとイブなってやる」

男2人でアダムとイブってのには違和感あるなぁ。


・ワンピース
「ルフィ!! サンジ!! ベッジと手を組まんか!?」

ベッジの陰謀を放置して、混乱にタダ乗りするのかと思ったら、ちゃんと手を組んで共闘するのか。


「ベッジ達はこの日の為に周到な準備をしておる」

ルフィがそれをぶち壊す未来しか見えねぇええええええ。


・腹ペコのマリー
センターカラー。

第2話。


テレーズ様の肉体にタイガとご本人の精神が同居する話なのかと思ったら、タイガinテレーズ様登場とー。
男女の精神が入れ替わる転校生ものってことっすか?
これはいよいよドタバタが加速していくなー…………

って、あれ? 違う?

『戻っとる…』

これ本当に肉体がタイガに戻ったのか。

でも、中身はテレーズ様と。
空間座標を共有しつつ、肉体と精神の組み合わせがねじれてると。

おお、これは新しいよーな?


「妾は腹ペコじゃ」

2コマ前で自分の肉体が変わってるのを認識してるっすよね?
にも関わらず、このセリフ。
動じないねぇなぁ、テレーズ様。
鋼のメンタルですわ。


・鬼滅の刃
1人を除いて下弦の鬼たちが殺されたり。


シ、シリアスだ。
いつになくシリアスだー。

でも、見ようによっては敵サイドだけがすげー真面目っていうギャグに見えなくもなかったり。


あと、鬼舞辻は幼稚で臆病タイプの悪役やなぁと。
それでいて小物感がないのがええっすね。


・約束のネバーランド
塀の向こうはお隣さんだったでござる。

さすがにそれは子供たちの歓声とか聞こえてきそうっすが、あんまり塀の近くに行かないからセーフだったんかしら。


『エマには誰一人切り捨てて欲しくない』

ノーマンが自分の命を諦めることで、早くも一人切り捨てられてるんだよなぁ。

まぁ、エマが切り捨てたわけではないけどさ。

でも、計画のためにノーマンの自己犠牲を見過ごすなら、結局それはエマが切り捨てたことになる、か。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2017/03/08(水) 02:18:59|
  2. 少年ジャンプ感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/2040-c116a37c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad