流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年ジャンプ 15号


今日は早く寝ようと思ってたのに、ふと気づけばいつも通り。


・ワンピース
表紙+巻頭カラー。


「――じゃあまずペコムズを撃った件を殴らせろ!!!」

殴ったら許す『メロス方式』っすね、わかります。

だがしかし、


「でも友達を撃ったんだ!!!」


「ジンベエはちゃんとママに報告できたのか!?」


その友達が守ろうとしてる人を暗殺しようとしてるっていうね。
なんか切ない。

そして、ペコムズ意外と義理堅い。




あと、ずっとルフィの前歯とブルックの顔面割れどうするのかと気になってたんすが、

「あ~~ 治ったーー!!」

ギャグ方式で治すとは思わなかった。
これはこれで『ワンピース』らしいのかもしれないけど、『能力』のある世界なんだし、やっぱ普通に治癒系の能力者が治す方がよかったんじゃあ。
これで治るんならなんでもありにならないっすかね。バトルマンガなのにダメージに意味がなくなるといいますか。

まぁ、もともと致命傷負ってるように見えても、人が死なない・死ににくい、なんでもありの世界だけどさ。


・腹ペコのマリー
第3話。


ふっつーにテレーズ様がかわええっす。
高圧的な口調に態度だし、そうそうデレないんだろうなとか思ってたら、お菓子に即効落ちてた。

でもって、金髪+おだんご頭+ドレスなテレーズ様に比べて、外見が地味な幼馴染ヒロイン・鷺宮もこれまたふっつーにかわええっす。
出番がくる度、当初抱いてたイメージをガンガン壊しにくるっつーかなんつーか。
コメディ寄りの性格がおもしろかわええっすよ。


・Dr.STONE ドクターストーン
センターカラー。

第2話。


面白いよーな、そうでもないよーな。
びみょーっす。


それはさておき、第2話にして早くも石化解除に成功かー。
まだ人類が石化した理由とか、鳥は石化して犬やその他の動物・植物が石化しなかった理由とかの謎は残ってるけど、石化解除の手法が確立したなら、あとはもう原始暮らしから生活レベルを上げていくサバイバル要素しかないような。

そのサバイバル要素も1年以上安定的に暮らすことに成功してるんすよね。いまの時点で。
人間が増えたら狩猟採集生活が破綻したりといろいろ問題も増えそうだけど、石化解除=人間を増やすペースはコントロールできるわけで、なんかこうあんまわくわくしねぇなぁって……。


あと、結局、主人公たちが石化解除できたのって偶然近くにあった硝酸のおかげなんすかね。自らの意志の力ではなく。
もしそうなら、身動き一つできない暗闇に3700年耐えたことになんの意味があったんだ。
報われねぇなぁ。


「ちがう! 難しい話は俺にはわからん!」

うーん。”わからん”が口癖の主人公って思考停止してるみたいで、いまいち惹かれないっすね。
得意分野で頑張ってるし、役割分担することも大切なんだろうけど、ろくに考えもせず丸投げなのは正直かっこ悪い……。


・月光のアルカディア
センターカラー。

読み切り。作者は『八木教広(やぎ のりひろ)』。


面白かったけど、びっくりするくらい話がないなーと。
連載第1話どころか第0話みたいなマンガだったっすよ。

それでも、なんとなく楽しく読めたのは王道の力なんすかねー。
追われてる姫を少年が助けていっしょに旅立つっつー出会いと成長の物語は、やっぱ読んでて気持ちがいいなーと。


・ぼくたちは勉強ができない
主人公の家で勉強してたら停電したり。


半分よりやや後ろ>掲載順位

まだまだ焦るような位置じゃない。



……たぶん。


閑話休題。


メインヒロイン、この2人でよかったんじゃあ>理珠とうるか
理珠のこじんまりした頭身と無表情っぽいところ、うるかの主人公への愛情と照れ、どっちもええっすね。


・鬼滅の刃
センターカラー。


なにげにモテ体質だったかー>炭治郎

普段通り接してるだけでグイグイ好感度上げていくて、すげーな。


「この世にどうでもいいことなんて無いと思うよ」

たぶん善逸と丸一日いっしょに過ごしたら、「そんなんどうでもいいわっ!」って思うことが30回くらいあると思う。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2017/03/15(水) 02:15:39|
  2. 少年ジャンプ感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/2043-eaf5268c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad