流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年サンデー 17号


桜の季節が目前っとー。

楽しみだけど、あっという間に散ってしまうんだろうなー。


・表紙
今週の表紙は『高橋留美子』尽くしっした。


コミックス2億冊突破おめでとーう。

2億て!
日本の人口余裕で越えてるやないですか。

全世界で2億冊突破ってことだけど、日本と世界各国どんな比率なんだろう。




・私の”るーみっくわーるど”!!
『総勢29名! あだち先生+サンデー連載陣が描く!!』


『高橋留美子』世代と、あんまりぴんときてなさそーな世代とで、イラストに込められた熱量に差(略)

つーか、これプレゼント企画じゃないんすね。
なんで色紙に描いてプレゼント企画にしなかったんだ。

って、高橋先生に向けて描かれた物を読者にプレゼントってのもなんかちがうのか。


あと、

『[アラタカンガタリ ~革神語~]渡瀬悠宇先生』

が参加しててびっくりしたっす。
黒歴史として抹殺されたわけじゃなかったんすね。

まぁ、巻末の目次に毎回小っちゃい文字で休載のお知らせが載ってるけどさ。

結局、『アラタカンガタリ』と渡瀬先生は『サンデー』的にはどういう扱いなんだろう……。


・千年の無心(前編)
巻頭カラー。

『高橋留美子』の読み切り。


わりと設定説明マンガっすよね。

そして、『高橋留美子』のコメディマンガを読みすぎてしまったのか、シリアスなノリにちょっとついていけなかったり。
時代は現代、学校が舞台(の一つ)、オカルト要素ありってことで、ちょいちょい『境界のRINNE』とシチュエーションや絵面が被るっつーかなんつーか。
ヒロインが心の中で叫ぶたびに、それがツッコミに見えてしまったっすよ。


とりあえず、設定説明は今回の前編で終わったっぽいし、ノリもだいたいわかってきたので、後編に期待しときまっす。


・MAJOR 2nd メジャー セカンド
キャッチボールできる程度に回復してたり>光


おお。
めっさ回復しとるっ>光

「当初はどうなるかと思ったんだが、光は事故後二週間で上半身のマヒはとれて」

そもそもそこまで重傷ではなかった?
言われてみりゃあ、”首をやった”とは言ってたけど、”首を骨折した”とは言ってなかったよーな。
折れるまではいかない、捻挫的なケガだったんすかね。

それでも数ヶ月たった今でもまだ車イスだし、立つことはできても走るのは無理らしいから軽傷ではないよなぁ。

ま、ま、最悪の事態は避けられたようで何よりっしたよ。
やや拍子抜けだったり、こんなことになってるならさっさと教えてやれよ! と思わなくもないっすががが。


・初恋ゾンビ
『若者は龍を哀れみ、神に頼んで本物の女にしてもらうと、龍と共に天へ昇っていった…』

若者、自己犠牲の精神に溢れすぎやろ。

でもって、龍は真実を知っていたのかどうなのか>性転換
いろいろ倒錯してる昔話っすなぁ。


「戦後に鏡子さんを見かけたと言っていた。
 彼女は龍姫祭りを見物に来ていたそうなんだ」

鏡子さん女装男子好き疑惑。

普通に考えたら、外部から見に来るような祭りじゃないやろ>龍姫祭り
地元民が細々、内輪で続けてるような祭りだと思う。


・マギ
戦争や理不尽の原因は人間の自然な感情にありましたよっと。


これはあれか。
ユートピアを築こうとするとディストピアができあがってしまう法則か。
争いやいさかい、犯罪行為をなくそうと思ったら、全人類を洗脳して価値観を統一、思想や意思までも完全管理するしかないっていう。
多様な価値観を認めるとどうしても、気性の荒いヤツやいい加減なヤツ、横紙を破りたがるヤツとかが出ちゃいますからね……。


人間は誰しも本能として、自分の仲間や身内だけを大切に思い、彼らを守るためには命がけで戦おうとするってんなら、アンサーは”人類みな兄弟”なんだろうけど、まぁ難しいよなぁ。

つーか、現実には兄弟間の殺人なんていくらでもあるか……。
昨日の友は今日の敵だったりするし……。

こら洗脳一択ですわぁ。
シンドバッドもルフを書き換えたくなるわぁ。


・天使とアクト!!
為人たちがスイーツ教室に行ったり。


「おっ!! オレの定位置にケーキがあるぞ?」

誰が置いたかわからない手作りケーキって怖くね?


・ハヤテのごとく!
「じゃ、バイバイ ハヤテ君。
 本当に… 大好きだったよ」

うーん。よくわからんす。
なぜに過去形?
西沢さん死んでしまうん?

それはないっすよね。
だったら、庭城から無事脱出できればまた間違った出会いとかけがえのない1年を生きたハヤテがいるんだし、好きで居続ければええやん。
クリスマス・イブの夜にナギと出会って、ナギと恋に落ちたのが正史、ここでハヤテを送り出せばハヤテはナギの元に帰ってしまう……ってんなら話は別だけど、ハヤテはナギを好きにならなかったからこそ今こんなことになってるんだし。


『その未来に、もう私はいなくても――――』

あれ? やっぱ死んじゃう?

……じゃなくて、あの日出会えなかったゆえに好きになってもらえないから?

決まった相手は依然としていないのに?

アーたん?

う、うーむ。読解力が欲しいっす。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年サンデー感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2017/03/24(金) 02:13:56|
  2. 少年サンデー感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/2046-81764d31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad