流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年ジャンプ 18号


近所の桜がちらほら咲いてたっす。

今年は、今年こそはどっか名所的なところに行こうかなぁ。


・表紙
今週の表紙は『BORUTO-ボルト-』っした。


アニメ化おめでとーっす。


が、しかし。

ここまで本格的に『NARUTO』の続編をやるのなら、やっぱ漫画は本家作者の『岸本斉史』先生にやって欲しかったなぁとか思ったり。いまさらだけど。
『原作・監修』を『岸本斉史』先生がやっているとはいえ、『漫画』『脚本』が別の人ってのはどうにも居心地の悪さを覚えるっすよ。
ぶっちゃけパチモンくさ(略)




・ゆらぎ荘の幽奈さん
巻頭カラー。


連載一周年記念で巻頭カラーのみ本編の季節を外れて、

『掲載時期に合わせ春のゆらぎ荘をお届けする』

とのこと。


ほうほう。
なんというメタ展開。

つーか、


「そういえばゆらぎ荘に桜の木はないんですよね~」


「じゃあ今日だけボクが咲かせてあげるよ~!」


……なら掲載時期に合わせる必要なくね?


冬だけど温泉でお花見したいな~
      ↓
じゃあ今日だけボクが咲かせてあげるよ~!


でよくね?

よくね?


でも、ほぼ肌色しかない巻頭見開きカラーはよかったっす。

直球。

あまりに直球っ。

どストレートにこのマンガがどういうマンガなのか一発でわかる巻頭カラーでなんかちょっと笑ったっす。
某『ToLOVEる』といい、突き抜けたエロはギャグと見分けがつかなくなるよなぁと。



閑話休題。


本編では新キャラ2人が登場っと。


新たな脱がされ要員(略)


『次号、コガラシの過去が明らかに…!?』

コガラシの過去って、

生まれつき高い霊能力のために様々な霊に取り憑かれ、そのたび未練を浄化するため修行させられて、いろんなエキスパートになった。おわり。

……じゃあないのか。
確かに親はどうしたとかその辺のことについては語られてなかったか。

コガラシに謎があること自体、気づいてなかったっすよ>自分


・約束のネバーランド
エマの発振器を辿っていったら切り落とされた耳を見つけましたよっと>ママ


耳なしヒロイン爆誕(耳なし芳一風に)。


その発想はなかったっす。
耳に発振器が埋め込まれてるなら、耳ごと切り落せばいいじゃない、かぁ。

とはいえ、これから逃亡しようって時に片耳切断は大怪我じゃないっすかね。
思い切ったことしたなぁ。

まぁ、それくらいしないとママは出し抜けないってことか。


それにしても、片耳(隻耳?)キャラかー。
マンガだと隻眼/眼帯キャラはある意味定番っすが、片耳キャラは珍しいかも。

ってか、片耳なくても意外と気づかれなさそう……。
現実ならともかく漫画だとなぁ、あんまそこまで目が行かないかなぁと。


・ワンピース
「マザー・カルメルです」

濃いなっ。

ここで”清楚な美人”が出てこないのが、実に『ワンピース』だよなぁと。
清楚どころかタバコ持ってますからね>マザー・カルメル

完全にスナックのママとかそういう人やろ、これ。


「一体あなたとどういう関係で? ビッグ・マ…」

「おれの思い出に 踏み込んで来るんじゃねェよ!!!」


えぇー……。普通聞くやろ、それくらい。
むしろ世間話やで。

パーティに行かなければ身内の死。
行ったら行ったで地雷原。
ほんと海賊のパーティは地獄だぜー(AA略)

まぁ、海賊のパーティって時点でそうなるわなって感じっすがが。


『次号は休載いたします』

ぐぅおおお。
そろそろ休載くるかなーと思ってたけど、こんないいところで……っ。
せめてあと一話載せてから……と思ったけど、たぶんそれはそれで続きが気になるよなぁ。

いあー、最近の『ワンピース』はすげー面白いっすわぁ。
毎週楽しみにしてますよ。まじで。


・鬼滅の刃
『人を殺すわけにはいかない煉獄もまたこれ以上動けない』

本能で動いてるわりに冷静というか、いっそ余裕っすね>煉獄さん


「起きろ! 攻撃されてる」

おお。
なんか妙にかっこいいっ。

いつの間にか気づかない内に攻撃されてて、本来気づくことのできないその攻撃に気づくってのが特別感があってええっすよ。


あと、起きないからって、実の兄に火をつけるのはどうかと思うんだ>ねずこ

ねずこの火って特殊な火でしたっけ?
燃えて光を放つけど熱くないとかそういう。
蜘蛛の糸を焼き切ってた気がするし、普通に熱くて燃える火っすよね……。

おおお、エクストリーム目覚まし……。


・ROBOT×LASERBEAM ロボレーザービーム
第3話。

鷹山が自分の勘違いに気づいたり。

でもって、トモヤが『なんかピンときた』り。


トモヤ、まじ有能。
今回は誤解がとけて終わりなのかと思ったっすよ。
いったん接点を失って、またひょんなところで再会して――――とかなのかと。

ちゃんとロボが求め人だと判明して、さっそく勝負開始までいくとか、さくさく展開っすよ。



……それくらいのスピード感がないと打ち切られるって事情もありそうっすがが。


なにはともあれ今回も面白うございました。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2017/04/05(水) 02:12:21|
  2. 少年ジャンプ感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/2051-36ae91d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad