流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年サンデー 20号


今号でついに『ハヤテのごとく!』完結っすよ。

って、表紙は劇場版『名探偵コナン』なのか。

シビアだなぁ。


・表紙
今週の表紙は『名探偵コナン』っした。


蘭の”ツノ”が風に煽られて曲がってるのが、なんかじわる。

ああ、曲がるんだ、それ。




・保安官エヴァンスの嘘 ~DEAD OR LOVE~
巻頭カラー。

新連載。


いまどき西部劇が流行るのか……?

とか思ったら、

めっさギャグマンガだった。

しかも、死ぬほどモテたい主人公が死ぬほどモテなくて、でも一生懸命がんばるっていうちょっと懐かしい感じのギャグマンガだった。


クッソ面白かったっす。

ええっすよね、こういう主人公。
全力で空回り。
いろいろがんばるけど、ことごとく報われない。
やっぱギャグマンガの主人公はひどい目にあってなんぼだよなぁと。


ところで川に落とされた賞金稼ぎはどうなったんだろ。
ギャグマンガで人死は見たくないんで、どっかに川から這い上がる1コマでも入れてくれてたら完璧だったっすよ。


・マギ
みんなの力を借りて、いざアリババ帰還っと。


「生きるのも世界を救うのも、もう誰かに理由を求めたりしない………
 誰にも望まれなくても自分の意志で生きる…
 そう決めたんです!」

目頭が熱くなったっすよ。
君を守りたい、誰かを守りたい、みんなの笑顔を守りたい。そういう主人公ももちろんいいっすが、そのタイプの主人公はいささか食傷気味だったんで、”自分がやりたいからやる”タイプの主人公は胸に響きましたっす。
別に初めて見たってわけじゃないし、「誰かのためじゃない、自分のためにやるんだ」みたいなセリフもベタの一種だと思うけど、「誰にも望まれなくても自分の意志で生きる」なんて言われたらアリババかっこええーってなりますよ、ええ、ええ。

まぁ、言った直後にハニワの体にな(略)


「僕、ママに会いたい!」

テスぅううううううううううううううう。

現世でファーランに伝えたらどんな顔するのかなぁ。
これまた目頭が(略)

ってか、


「もし全部繋げられたら…」


「会えるのか、ファーランに」


アリババぁあああああああああああああああああ。

これでファーランの心は救われるのかなぁ。
目頭(略)


・MAJOR 2nd メジャー セカンド
中学生編開始っと。


「彼の名前は仁科明」

大吾えらいキャラ変わっちゃって、と思ったのは秘密っす。
実際は明るく健全な方に成長してて安心したっす。


一方、佐倉は……大吾姉からエロ要員のポジションを引き継(略)

容赦ねぇな、作者、とか思ったっすよ。


・天翔のクアドラブル
第2話。

海賊に襲われたり。


「ありがとう… しゆん」

妹、いっしょに来てたのか。
だったら”少年4人の物語”じゃなくて、”少年少女5人の物語”でよくね?
ちょいともやもやするっすよ。


「それよりも、白旗をだして船を横づけさせるんだ」

相手を油断させたり、罠にはめるために白旗を使うのはルール違反というものでは~。
次回以降、相手が白旗を受け入れなくなる恐れがありますし。


「交渉決裂した!」

なるほど。
騙してないよ、たまたま話し合いが不調に終わっただけだよと。

その手があったか!

いあ、白旗って無条件降伏の意味では…………ない、のか?
ググったところ、必ずしも無条件降伏とは限らないようで。

まぁ、敵は海賊だし、全滅させれば問題なしって考え方もあるか。
全滅させたら次回以降も何もないですし。


・ハヤテのごとく!
最終回!

最! 終! 回!


あ…ありまま今起こった事を話すぜ!
『ハヤテのごとく!』最終話を読み終わったと思ったら、心のなかに”喪失感”が生まれていた。
な…何を言ってい(略)


いあー、終わってしまいましたねぇ。

ぶっちゃけ、わたくしこのマンガが嫌いでした。
なんでって、主に王玉関連の話でいかにも”待て、次号!”って感じに引いておきながら、いざ胸を高鳴らせて次号を読んだらまったく別の話をしてることが多々あったからっす。

なんかね、もうね。
そういう作者の都合(?)に振り回されるのに疲れたっつーかね。
1話1話、単体で読む分には面白かったんですが、連載として通して見るとイライラさせられることの方が多くてね。
結果、ああこのマンガ嫌いだなと。
そうなってしまったんすよ。

で、そんな『ハヤテのごとく!』がついに完結して。
どんだけ清々するのかと思ったらっすよ。

寂しさとか喪失感が生まれてたんすよ。この心のなかに。

まぁ、なんすね。
13年は長かったんだなぁと。
13年読んできたマンガが、キャラが、世界が、もう来週から載ってない、終わってしまったんだなぁと。
いやぁ……うん……なんというか……なんというのかなぁ……この気持ち……。

って、だから喪失感だっつってんだろ。

はい。


そんなわけで。

おつかれさまでした!>畑先生


『出来れば再びこの誌面で、次回作などを頑張らせていただけたらなぁと思っております』

次回作は純粋なギャグかコメディでお願いしますっ。
あるいはシリアスな縦糸を用意して引っ張るのなら、ストレスのない引っ張り方をですね……。

あと、月一連載ってどうな(略)


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年サンデー感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2017/04/14(金) 02:13:23|
  2. 少年サンデー感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/2055-4aabdbaa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad