流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年サンデー 25号


今日は『艦これ』の春イベント攻略やらなかったっす(デイリー任務をやってないとは言ってない)


・表紙
今週の表紙+巻頭グラビアは『秋元真夏』っした。


半月を細くしたようなこの目つき、わりと好きっす。


・隕石少女 メテオガール
巻頭カラー。

新連載。


これが世に言う嬉しくないパンチラってやつっすか。


……。

それはさておき。

話の方は、うーん。可もなく不可もなく。
ラストでようやく話が動き出したって感じなのでまだなんとも言えないっす。




・キング・オブ・アイドル
第2話。

ルームメイトにさっそくバレたり>性別


第2話にして早くも、"絶対バレてはいけない秘密"のハードルがぐっと下がってしまった気がが。
次回、説得するなりなんなりしてルームメイトを共犯に引き込んでしまえば、自室では秘密に気を使わなくていいわけで。

関わる全ての人をだまし続けるのもモヤモヤするけど、さっくり理解者や協力者が登場してしまうのもなんかこう、盛り上がらないなぁ。

まだ説得できるとは限らないけどさ。


あと、主人公は髪くらい自毛を伸ばしておけばよかったのに。
肩に触れるくらいの長さなら男の姿のままでも伸ばせんことはなかったやろ。


・天翔のクアドラブル
第6話。

ミゲルの回想再び。

「死体を埋めるの… もう済んだのかい?
 早かったね……」

「母さん…」


おお。
このラストシーンは素直に面白かったっす。
火縄に火がついてるし、引き金に指を添えてるしで、完全に殺す気じゃないですかぁああああ。

次回、”母さん”がどんなリアクションをとるのかすげー楽しみっすよ。

ここから先は慎重に言葉を選べ!


・古見さんは、コミュ症です。
見た目は怖いけど中身はそうでもない『片居誠』登場っと。


ラノベなら主人公やってるタイプの人だ。


・第九の波濤
センターカラー。

長崎大学に入学しましたよっと。


「後期の補欠入試に受かっちゃってさ」

そんなのあるんすか。
前回、ヒロインの入試合格を聞いたばかりだったからどうするのかと思ってたっすよ。なんなら1年遅れで入学するのかと思ってた。

現役の受験生とはいえ、何の準備もなしにさくっと合格とか頭はいいと>主人公
行動はちょっとまぁ、アレだけど。若干キモいというか、わりとストーカーっぽいけども。


「うん、教育学部」

なるほど。ここらへんが水産学校との違いっすか。
あくまで水産学部なので学校全体が水産一色ってわけではないと。


ラストのスパルタっぽい雰囲気は『あおざくら 防衛大学校物語』と被ってる気がするけど大丈夫か。
別にパクりうんぬんじゃなく、同じ雑誌に似たような雰囲気の変わり種学校ものはいらんのではないか、と。
そういや、あっちも大学っすね。

被ってるなぁ。


・MAJOR 2nd メジャー セカンド
新入生との5人対5人の試合が終了~っと。


お、おう。こんなにあっさり試合が終わってしまうとは。
もっと一進一退の攻防が続くのかと。

蓋を開けてみれば完全な井の中の蛙だったってことっすか>1年生

うーん。もうちょっと試合シーン読みたかったなぁ。
食い足りないっすよ。

勝負にならないんだから仕方ないけどさ。


それにしても大吾は頼もしくなったっすね。
あの大吾がしっかりキャプテンやってるっすよ!


・人魚姫のごめんねごはん
出張掲載……の次のページに第1巻発売中の広告が。


『飽和し過ぎたグルメ漫画界に、新女王君臨!!』

ぶっちゃけちゃったよ。

飽和し過ぎて、グルメにもう一要素加えるのが当たり前になってるもんなー。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年サンデー感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2017/05/19(金) 02:10:50|
  2. 少年サンデー感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/2079-00aa277c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad