流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年ジャンプ 29号


車の中にクモが巣を作ってたっす。

え、えぇー……。
毎日乗ってるのにそれはないやろ、クモよ。


・クロスアカウント
表紙+巻頭カラー。

新連載。


うーむ。可もなく不可もなくな感じっす。つまらなくはないけど、とりたてて面白くもないといいますか。

なんつーか、


盗撮(というレベルじゃないけど)事件はスッキリ解決、

ラストで明かされた『くそみそ男』の正体は予想通り、

でもって、件のアイドルと結ばれるにせよ、振られるにせよ、結果が出るのはきっと最終回、


と、ある意味、続きがまったく気にならない第一話っしたよ。




・ブラッククローバー
『麻痺系の罠魔法が使える人がいた――!?』

反魔法の剣を持っていれば、罠魔法は自動で打ち消せる…………わけではないんすね。

そういや、反魔法の剣を持ったままワープ魔法で飛び回ってたっけ。
それと同じ原理か。
あくまで剣で斬った魔法だけ消せると。

きっと、罠魔法の張られた地面に剣を突き立ててたら消せたんだろうなー。

まぁアスタには罠を感知する魔法も使えないわけですがが。
攻撃魔法はともかく補助や移動魔法が使えないのはやっぱ厳しいなぁ。
みんな魔法で飛び回ってるところをアスタだけ徒歩だもんなぁ。


・ワンピース
ベッジの『大頭目』の中に逃げ込んだものの、ビッグ・マムが正気を取り戻したり。


サンジの兄弟たちがノリノリで変身してて笑ったっす。

なにげにサンジ父は変身してないんすかね。
あの親父がどんな顔してあの変身シーンをこなすのか、ちょっと見てみたかった気もするっすよ。


(ここまで運べば見つかるまい!! 「玉手箱」……!!)

混乱に乗じて盗むとか世界に名を轟かす人間はやることが違うなーと。
ビッグ・マムが相手でも臆さないこの度胸、すげーわ。


「城が破壊されりゃおれは死ぬ」

うーむ。城へのダメージがそのまま本人に通るのはあかんやろ>ベッジの能力
ビッグ・マムが相手じゃなければもう少し堅牢だったのかなー。

とはいえ、もし海楼石の武器で攻撃されたら……。

やっぱあかんっすね。


・シューダン!
センターカラー。

第2話。


『”男の園”浜西FCに初の女子選手ナナセが加入!』

男の娘じゃないことが確定っと。

疑ってごめんなさいっす。
トラウマは特にないけど、稀によくあるんで身構えてしまったっすよ。


それはさておき。


ガッチガチの少年サッカーものかと思いきや!

今回の話はつまりこれ、


幼馴染、爆誕


ってことじゃないっすか。
主人公と幼馴染が出会った日のお話じゃないっすか。


甘酢っぺぇ!

甘酢っぺぇよおおお!(落ち着け)

ただの少年サッカーものにはいまいち興味がわかなかったけど、こいつぁは俄然面白くなってきましたわ!


・約束のネバーランド
『窮地に現れたのは謎の少女…?』

絶体絶命のピンチに助っ人参上! ってのは微妙じゃね?

ましてや既存のキャラじゃなくて新キャラならなおさら。
そんなんどんなピンチでも救済可能やん、と。
絶体絶命だからこそそれをどう切り抜けるのか見たいのに。

でも、まだ本当に助っ人とは限らないわけで。
これも鬼の罠だったり、未知の敵性生物だったりするかもしれないわけで。

個人的にはそうであって欲しいなぁと。
レイは鬼と鬼ごっこ、エマは行動不能。小さな子供もいる中、未踏の樹海で助っ人を装う謎の敵……。
そんなピンチどうやって切り抜けるのか想像もつかないっすががが。


・鬼滅の刃
煉獄さん逝く。


一瞬、そばに突っ立ってる伊之助はスルーされるのかと思ったっすよ。
善逸に至っては視界内にもいないようで。

でも、伊之助と善逸にも言葉をくれる煉獄さんはほんといい人。いい先輩。いい兄貴。


そして、煉獄さん、最期はいい笑顔。

母の幻(?)が迎えにきてくれたけど、マザコンっぽさは微塵もない。
そういうの地味に大事だよなぁと。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2017/06/21(水) 02:03:58|
  2. 少年ジャンプ感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/2095-7e235443
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad