流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年サンデー 35号


仕事が忙しいから、早く寝なきゃいけないんだけど、どんどん寝るのが遅くなっていく不思議。


・夏のらくがき
表紙+巻頭カラー。

『あだち充』の読み切り。


なんと6年ぶりの『サンデー』登場らしい>『あだち充』

マ、マジっすか。
『クロスゲーム』が終わってから少なくとも6年がたってるわけか。
全然実感ないっすわ。

いまの読者の中には、『あだち充』が『サンデー』に連載してたことを知らない人もいたりするんだろーか。
自分の中では『あだち充』=『サンデー』の看板作家なんすががが。




それはさておき。


なるほど。ほんとは強かったと>主人公
で、わざと負けたのかと思ったら、ケガしてましたと。

短いながらも二重のドンデン返しが効いてて面白かったっす。

最後、投げっぱなしエンドなのは短編だから仕方のないところなのか。
それとも、この話にはっきりした結末を求める方が野暮ってもんなのか。

ううむ。
個人的にははっきりした結末を読み(略)


・古見さんはコミュ症です。
古見一家、おばあちゃんちに行く。


ラスト1コマ、珍しく古見さんが笑ってるっ。
いつもの無表情さを残しつつ勝利の微笑、ふつくしい。

と思ったら、

『※イメージ』

って書いてあった。

ですよねー。
微笑はともかく古見さんは親指立てませんよね~(そこまでよく見てなかった)


・魔王城でおやすみ
センターカラー。

スヤリス姫を甘やかしすぎたことを反省し、魔物たち全員で姫を無視することになったり。


無視て!
いじめ、ダメ。ゼッタイ。

だがしかし、ちょっと待って欲しい。

姫は魔物たちを素材として見てるわけで。
日夜、城で狩りを続けるハンターなわけで。

シマウマがライオンを無視するのって自殺行為じゃね……?
まさに入れ食いじゃね?


あと、

「君のツノ… Φ(ファイ)いくつ?」

『※太さの単位』


リアルに噴いたっす。
そんな単位あったんだ。


・MAJOR 2nd メジャー セカンド
大吾たちのチームがいきなり3点とったり。


『もしかして勝っちゃうんじゃないよね』

『明日も休日出勤じゃーん!』


へーきへーき。最初に調子がいいのは後でピンチになる前フリだか(略)

いあ、このマンガの場合、さくっとそのまま勝利とかありそうっすがが。

つーか、ちゃんとユニフォーム着てるとか律儀っすな>先生

それか、監督(?)はユニフォームを着なきゃいけない決まりがあるんかしら。


・だがしかし
「アタシはココナツがどれ選んでも一緒にいるよ」

それってプロポー(略)


ココノツの無邪気な好意と、それを見守りつつ一喜一憂してるサヤ師を見てるとほっこりした気持ちになるっすよ。

てか、さや師、ココナツのこと好きすぎるやろ。


・初恋ゾンビ
センターカラー。


「…タロウ、気づいていたか?
 イヴは、眠っていたぞ」

お、おーう。まさかの大逆転劇。
真っ赤になって完全に恋する乙女な江火野の後に、このセリフ回しとイヴ入眠の事実を見せられると、くるものがありますわ。

よもや具現化した理想の彼女(イヴ)を超えてくるとは。
侮りがたし、幼馴染。


あと、指宿くんの正体が江火野にバレたことより、


「がんばろうね! 指宿くん!!」

「…指宿くん…?」


結婚式のシーンをすっぽかされそうな清武さんの方が気になったり。

なんとか間に合わせてくれ!!>江火野

あんなに真っ直ぐな思いを向けてくれる相手を無下に扱うのはやめたげて!>指宿くん
胃がキリキリ痛むから!


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年サンデー感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2017/07/28(金) 01:31:34|
  2. 少年サンデー感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/2112-873fa57b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad