FC2ブログ

流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年サンデー 9号


結局、昨日は『サンデー』を買えなかったっす。コンビニ3軒回って、全店売り切れってなんぞ。

今日、あらためて別のコンビニに行ったら普通に売ってました。『サンデー』同様売り切れてた『マガジン』もあったっす。
昨日はいったい何だったんだ。

『サンデー』だけないならね、わかるんすよ。
だって、最初から置いてな(略)


・MAJOR 2nd メジャー セカンド
表紙+巻頭カラー。


ギアが上がったけど、さくっと打たれる卜部にちょっと笑ったっす。




あと、睦子と関鳥さんはダブルプレーにならなかっただけ偉いってことで。
野球はホームランで一発逆転がある一方、ダブルプレー・トリプルプレーで一発終了があるからなぁ。
怖い競技やでえ。


・古見さんは、コミュ症です。
バッティングセンターで古見さんが打ってるコマ、よく見ると山井さんがローアングルから覗いとるっ。
だんだんヤンデレとは別の何かになりつつある気ががが。


鬼ケ島さんは笑顔にコレじゃない感がが。

良い子なんだろうけどなぁ……。


・蒼穹のアリアドネ
なにげにズネ族って戦闘種族なのか。
見かけによらんっすね。


そして、そのズネ族にさらわれた姫さまは誌面に載せられないよーなルートに入るのかと思ったら、故郷からお迎えが来ただけだった。

もしかしてズネ族、そんなに悪い連中じゃないのか? と一瞬思ったけど、今回はたまたまなんだろうなぁ。
普段は誘拐のち人身売買とかの闇コンボも当たり前にこなすんだろうなぁ。


ラシルはこの前の通りすがりのおっさんといい、今回のおねーさんといい、やられっぱなしでかっこ悪いっす。序盤の強さはどこにいったんだ。
ラシルはあれか、”弱いヤツにはめっぽう強い”タイプなのか。
主人公としてどーよ、それは。


・だがしかし
サヤ師、ただでさえスレンダーなのにそれ以上やせてどうする。

ココノツ、それは他人に話したらアカンやつや……!>”太った報告=えっちな話”説
自分の心の中にだけ留めておくんや。

でも、ちょっとサヤ師に聞かせてリアクションを見てみたい気もしたり。


・第九の波濤
古園が漢を見せたり。


それを見て思ったことは、前歯があるのかないのかはっきりしろってことだったり。なんかごめん。


・天使とアクト!!
為人が告って、一気に両想いに。


おお! おめでとーう。

つーか、特に邪魔が入るとか、勘違い、聞き間違え、聞いてなかった、などの遠回りはないんすね。
このマンガはラブコメではないってことか。


・初恋ゾンビ
指宿くんと江火野、ついこないだまで秘密を共有する女子2人としてきゃっきゃっと仲良くしてたのに、ふと気づいたらタロウを巡ってギクシャクしてる……。

悲しい。

そして、寂しいっすわぁ。


・隕石少女 メテオガール
最終回!


感動のラスト!

って言いたいところだけど、その落下シーンの長さはもう正直ギャグレベルやでえ。
日本一高いビル・あべのハルカスから落ちたとしてもそんなに会話はできないと思う……。


それはさておき。


おつかれさまでした!>石山先生

連載当初は独特なタッチの絵柄に苦手意識がありましたが、いまとなってはむしろ好きなくらいっす。
個性的かつスッキリしててとてもいい!
女の子もかわい(略)


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年サンデー感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2018/01/26(金) 02:17:41|
  2. 少年サンデー感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/2194-36276560
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad