流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年ジャンプ 19号


よもや一年も立たないうちに再々編されるとは>仕事
また忙しくなりそうっすよ。


・ハイキュー!!
表紙+巻頭カラー。


「どこ見たっていいの!
 ボール見てもいいし ボールに触ってない選手がどう動いてるのか見てもいいの!
 コートの中に面白くない人は居ないの!」

そういうレベルで競技を理解して観戦できたら、ほんとどこ見てても面白いだろうなぁって思いますわ。
スポーツに限らず、映画とか本とかでもそうだと思うけど、見る側・読む側にも知識や技術は必要だよなーと。
あーいあ、必要ってかそれらがあるとより深く面白がれるといいますか。




・約束のネバーランド
『逃げるフリをして遠ざける』


『え』

『は?』


一瞬で追いつかれて、ジリアンが斬られたり。


まぁ、間に障害物も何もなかったし、普通に走って逃げようとしたらそらそうなるだろと。
さすがに鬼の身体能力を甘く見過ぎやろ。

もし追いつかれなくても、槍を投げられたら終わってたと思うし。


・ブラッククローバー
「もう仲間を殺(や)らせやしねーよ」

ちょっと、ぐっときてしまったっす。
敵のセリフなのに。

つーか、アネゴレオンの方が悪役に見え……ないか。なんだかんだで、けっこうダメージ受けてるもんなぁ。


それはさておき、Wiki見てたら知ってしまったっす。
アネゴレオンって32才なんすね。

そっかー。

そっかー。

そっかー。

まぁ、役職を考えれば妥当なんだろうけど、もっと若(略)


・ゆらぎ荘の幽奈さん
センターカラー。


全員ハダカのセンターカラー(オ風呂ダカラ仕方ナイネ)に、シャコシャコすると威力と射程が増す水鉄砲。

露骨っ。

何から何まで露骨っ。

だがそれがい(略)


しっかし、『ゆらぎ荘の幽奈さん』でバトロワルールの撃ち合いを見ることになろうとは。
ほんとに流行ってるんだなぁ。


・鬼滅の刃
玉壺と半天狗が里に侵入してたり。


うーむ。上弦の鬼が2体っすよ!
これもうゴジラが上陸したってレベルの危機だと思うんだけど、2体の外見とキャラがアレでなんか……全然……危機に……見えな……い……よ……?


・いにしえの滅び紋
センターカラー。

読み切り。
作者は『ぬらりひょんの孫』の『椎橋寛(しいばし ひろし)』。


モンハンかと思ったら、ポケモンだったでござる。


閑話休題。


ふむー。
可もなく不可もなく。

ベテラン作家にいうことでもないっすが、画力が上がった気がするっす。
上手いけど荒くて見づらかった絵柄が、タッチはそのままに見やすくなってると思うっす。
まさに正統進化。

話の方はすんげー割り切って解説をぶち込んだり、ものすごくシンプルでわかりやすい設定のおかげで理解はしやすかったです。

でも、それが面白いかって聞かれると…………うーん、と。
連載でこれを読みたいかって問われると…………そんなでも……ないかなぁ……って……。

けっしてつまらなくはないんすがが。
なにかこう、キャラにしろ設定にしろお話にしろ、一味足りないというか、物足りない感じっすよ。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2018/04/11(水) 01:49:58|
  2. 少年ジャンプ感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/2229-dcff4d90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad