流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年ジャンプ 23号


今号は5/2(水)発売っした。

でもって、次号は1週休んで5/14(月)発売。

……5/7(月)発売でよくね?>今号

なんでそんな変則的発売日にしたんだ。
合併号表記もなぜか今号じゃなくて、前号だったし。


・表紙
今週の表紙は『ワンピース』っした。


『”旧友”続々登場!!
 世界会議(レヴェリー)、開幕へ――!!』

旧友かぁ。
実は途中からしか読んでないんすよね>『ワンピース』

出てくるキャラどれくらいわかるか今から不安ですわ。




・ジャンプヒーロー背くらべポスター!!
ルフィ:174cm

意外と高いんすね。
もうちょっと小柄なイメージっしたよ。


ノア・ミナミ・アンバーバック:189cm

『ノアズノーツ』の博士。
でかっ!
科学者なのに(?)でかっ!
これはあれか。
たまにいる、ぱっと見そんなでかそうに見えないのに、近づいたらめっさでかかった……っていうパターンの人か。


アスタ:155cm
思ってたより小さいな~。
160cmくらいはあるのかと思ってたっす。


エマ:145cm
こちらも思ってたより小柄だったっす。
ただ、年齢的にこれから伸びる可能性はあるか。


連載主人公たちの身長比較は、新鮮な発見があってなかなか面白いっすね。


・火ノ丸相撲
巻頭カラー。

連載4周年突破おめでとーう!!


区切りの5周年突破も十分狙えそう…………うーん。これから始まる対刃皇バトルの展開次第っすか。
トーナメントバトルは死亡フラグ、もとい打ち切りフラグだったりするしなぁ。

いあ、トーナメントじゃないけど>相撲


・ワンピース
更新された懸賞金額に悲喜こもごも。


懸賞金額が上がった下がったと騒ぐのは、なんかヤンキーが武勇伝を自慢しあってるみたいでかっこ悪いなぁ。
悪いことをするのがかっこいいと思ってるわけじゃなし、世界政府の評価なんぞ気にせず、でーんと構えてて欲しい。


・ブラッククローバー
またしても下書き掲載っすよ。

「オレはオレだ
 何か問題があるか…?」

「…… いやっ!! ねーな!!!」


のシーンが思いっきり下書きで、つい、


「(たとえ下書きでも)オレはオレだ
 何か問題があるか…?」

めっさあるわ!

とか勝手に想像して、ふふってなったっす(自己満足)


それはさておき、ユノってこんなオレ様キャラだったっけ?
もう少し天然寄りだった気がするけど、出番が少なすぎて自信がないっすわぁ。


・ぼくたちは勉強ができない
センターカラーで第1回キャラクター人気投票結果発表!


第1位:桐須先生。

マジで。
ポンコツ美人恐るべし。


第2位:文乃。

マジで(2回目)
主要三大ヒロインの中で一番人気が ない と思ってたのに。
ごめんなさい。


第3位:うるか。

まぁ、順当か?
理珠より上ってのはやや意外。
びっみょーに出番が少ないと思うし、出番の多い理珠には負けるのかと。


第4位:理珠。

マジで(3回目)
出番・作者の推し、共に1位だと思うし、てっきり一番人気なのかと。
キャラ人気は蓋を開けてみるまでわかんないもんすねぇ。


第5位:あしゅみー先輩

これは妥当かな。
好き嫌いがわかれるタイプのキャラっすよね。
個人的には嫌いじゃないけど、そんな好きでも(略)


閑話休題。


人気投票、第1位記念で(?)桐須先生がコスプレしたり。

……成幸の妄想で。


そ、それは強引すぎるやろ。
疲れてるってレベルじゃねーぞ>成幸


・鬼滅の刃
炭治郎の表情が怖ぇええ。

いつもの炭治郎と違う。
戦闘狂っぽいっすよ(おおげさ)。


・ジガ -ZIGA-
敵だったんかーい! かーい……かーぃ……ーぃ…………>夏服ヒロイン


どうりで女隊長がヒロイン・ポジションっぽくなってるわけだ。
納得っす。

いあ、納得できないけれど。
女隊長をヒロイン・ポジションに座らせるのは無理があるやろ……。
年齢上すぎるし、性格向いてないし、妙に作画が安定しないし。

でも、ちょっと面白くなってきたかもっすよ。
夏服ヒロインが敵だった、というか、なんならラスボスだったってのは単純に驚きでした。


・呪術廻戦
第9話。

主人公死す!


たとえ死ぬとわかってても帰ってくるよ! 主人公だから!

主人公かくあるべし。いい話だったっす。
展開の緩急もええっすよね。
激しいバトル、ライバルキャラのピンチ、それでも心は折れずに仕切り直しの再バトル。
--からの主人公復帰で穏やかな会話。
突然で必然の死の別れ。

だがしかし。

チュートリアル終わって、次の第1ステージで主人公死亡ってどうなのよ、と。
そういうのは中盤くらいでやってこそ盛り上がるのでは。

が、もたもたしてたら打ち切られるのが『ジャンプ』なわけで。
そう考えたら、これくらいのスピード感は持つべき……なのか?

うーん。

まぁ、主人公が死んじゃって次回からどうなるのか気になるっすよ。
そういう意味じゃこの展開は正解だったんすかね。うーむむむ。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2018/05/06(日) 02:42:07|
  2. 少年ジャンプ感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/2235-a59d57e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad