FC2ブログ

流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年ジャンプ 41号


朝夕は寒いけど、昼は暑いっていう。

とりあえず、まだ真夏と同じ格好で出勤してるっす。


・約束のネバーランド
表紙+巻頭カラー。


「さて諸君 約ネバもめでたく連載2周年」

や、約ネバ……?

って、メタネタって奴なのか。

うーん。まだ謎の存在である鬼のラスボス(?)に、それ言わせちゃうのはどーなのか。
この前死んでいなくなったレウウィスまで登場させてるし。

なんかいろいろ台無しにしてる気がするっすよ。




それはさておき、巻末目次の作者コメント。

『人気投票たくさんありがとうございました!
 最終章突入、一層頑張ります!』

なん……だと……?

最終章ってマジで?

アニメ化が決まったとこっすよね。

本編の方は駆け足気味だし、何かあったんす?

とはいえ、『ブリーチ』も『銀魂』も最終章に入ってからが長かったからなぁ。
あんま気にすることでもないのかな。
『ジャンプ』の連載作なんて人気アンケートがとれなきゃ、さくっと打ち切り食らうわけだし、常に最終章みた(略)


閑話休題。


こうして見ると鬼も人間とさして変わんないなー>暮らし

言葉も通じるし、容姿も共通点多いし、共生可能っぽいのになぁ。
人間が美味しすぎるのがあかんのか……。


・呪術廻戦
「命の価値を穿き違えるな!!」

いい感じに中二病っぽいなー>順平

そして、心折れるの早ーい。

良くも悪くも人の影響を受けやすいっつーか、流されやすい性格っすなぁ。


「母さんも僕も人の心に呪われたって言うのか」

真人は”人が人を恐れる心から生まれた呪い”とかでしたっけ。

なら、まさにその通りっすね>人の心に呪われた


とりあえず、次回、真人の本性を知った順平がどうなってしまうのか見守りたいっす。

主人公と共闘……するタイプではないよなぁ。


・鬼滅の刃
センターカラー。


『あああ駄目だ 踏ん張りがきかない
 左足をやられていなければ……!!』

あ。
足のケガなかったことになってなかった。

でも、こんだけ走れてたらなかったも同然じゃね? って気がしないでもないっすよ。
かなりの重傷に見えたけどなー。


『雷の呼吸って一番足に意識を集中させるんだよな』

炭治郎が『雷の呼吸』を使ったり。

ひとっつも呼吸を使えない玄弥の眼の前でやめたげて。
あの特異体質も呼吸と組み合わせれば効果が倍増するだろうになぁ。

現実は残酷やでえ。


「第一段階までしか研いでないんだ 返せ」

第一段階まで開放終了と。
ゲームみたいだなー。

……。

…………。

課金(略)


「夜明けが近い!!
 逃げられるぞ」

鬼は太陽の光を浴びるとチリになるんでしたっけ。

吸血鬼マンガとかだと、いかに太陽の光を浴びせて倒すかが肝になってたりしますが、言われてみりゃ逃げますわなぁ……夜が明ける前に……。

まぁ、それ含めていかに浴びせるかを駆け引きするんだろうけどさ。
このマンガはバトルマンガだからそういう手は使いませんと。

なるほどぉ(自己完結)


『円舞一閃』

炭治郎が半天狗の頚を斬り飛ばしたり。


おー。

炭治郎も上弦キラーの仲間入りをしてしまうのか。

上弦の鬼も安くなったもんだなぁ……。

主人公が活躍するのは嬉しいし、面白いけど、100年以上倒されてこなかった上弦が倒されるバトルとしては軽すぎるように思えて仕方ないっすよ。
数多の柱たちを屠ってきたんだろうし、もっともっとハードルを上げた戦いが見たかったなぁと。


・Dr.STONE ドクターストーン
「君たちはこの状況でまだなお世界全人類を救おうとしてる
 科学の力で……!!!」

科学の力というか、パズルの力……?


・恋は戦争
『第13回金未来杯エントリーNo.3』。
作者は『アラビア吾朗』。


じわじわくる笑いで面白かったっす。

途中何度も「これはあんまり面白くないかも……」と思いそうで、思わない、でもちょっと思いかけるほどのじわじわっぷりっした。

うーん。なんだろう。
結論から言えば面白かったんすが、このじわじわくる笑いは作者の狙い通りなんだろーか、と。
ネタ的にはもっとこうハイテンポかつハイテンションに突き抜けた……いあ、狂った世界観で真面目に頑張る姿が笑えるってネタならじわじわくる笑いでいい……のか?

まぁ、なんす。
面白いけど、個人的にはストライクな笑いじゃなかったかなー、ってとこっすか。


・BE MADE
読み切り。
作者は『独楽京助(こま きょうすけ)』。


こっちは素直に面白かったっす。

絵柄にクセがあるけど、お話と合わせて昔の少女マンガっぽくて、これはこれでよかったっすよ。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2018/09/12(水) 02:08:32|
  2. 少年ジャンプ感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/2271-e56a169b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad