FC2ブログ

流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年ジャンプ 43号

土曜日に買ったし、土曜日に読んだんすががが。


・鬼滅の刃
表紙+巻頭カラー。

ついに上弦の壱の頸が……もげた。

そう、”もげた”って表現がふさわしいと思うっす。

敵も味方もいろいろエグいことになってますわ。

霞柱は上半身だけで頑張ってるし、玄弥は縦に真っ二つだし!

もうみんながみんな人間離れしてますわ……。




みんなの力が合わさって掴んだ勝利っすが、なにげにMVPは不死川兄なんじゃないかと。

トドメの一撃を加えたことはもちろんのこと、弟大好きっ子でありながら、真っ二つになった玄弥にノーリアクションを貫けたのってすごくね? と。

別にキャラがブレたって話ではなく、相手の名前を叫んでも仕方ないのに叫んで、かえってピンチを招くキャラが多い中、やるべきことをやったのは偉いなと。まさにMVPだなと。

気づいてないだけだとしても、玄弥がこの場にいることはわかってるんだし、弟愛を一時的に封印できたのは偉いと思うっす。

まぁ、誰一人欠けても掴めなかった勝利なんで、全員がMVPとも言えますが。マジで。


つーか、まだ上弦の壱が死んだとは限らないんだけど、このマンガのボスクラスはわりとあっさり退場するので、今回もそうじゃないかなぁと。


・Dr.STONE ドクターストーン
あ、杠、いた。

そして、ちゃんとパズルスキル発揮した。

でも、ちょっといまさら感が。


大樹は地味に活躍。

ってか、今回は各キャラそれぞれに見せ場があって、見ごたえがあったっす。

仲間って、チームっていいよねと。

モズは超強いけど、仲間がいないっぽいからつけ込むならそこっすかね。

言ってしまえば、戦闘力がバカ高いだけとも言えるし。

いあ、洞察力もバカ高いのか。コハクの正体を見破ったし。

ついでに追跡能力も高いし、銀狼にイバラを殺させようとか陰謀力も高めと。

あれ? めっさすごくない?

まぁ、銀狼の負け犬根性というか、殺意のなさは見抜けてなかったみたいっすが。

銀狼を百回イバラにぶつけても、イバラが死ぬルートには入らなさそうっすよ。


・ワンピース
その時、歴史が動いた、的な。

こんだけの内容を1話に詰め込めるのがさすがだなと。


あと、

「おれは守銭奴だが!! その前に!! ”ジャーナリスト”だ!!!」

「時にはウソで人を踊らせる活字のDJ!!」


ウソなんかいっ。

”ジャーナリスト”とはいったい。

でも、ウソまでいかなくとも、情報で人を踊らせるってのは現実のジャーナリストにも当てはまりそうだよなぁと思ったり。


・約束のネバーランド
毒はロマン。

毒を塗った武器もロマンだし、状態異常に完全な耐性を持ちがちなボスキャラを毒で殺すのもロマンだよなーと(ゲーム脳)


・ブラッククローバー
ヤミ団長はニブキャラだったのか。

まぁ、ニブくないと今頃大変なことになってそうっすが。

絶対モテるよなぁ、ヤミ団長……。


それはさておき、次回はノエルにスポットライトが当たりますよと。

まちがいなく正ヒロインなんだけど、いまいち扱いが不遇なんすよね>ノエル

この前もバトルしてるのに放置されてたし。


・ぼくたちは勉強ができない
センターカラー。


「ここからじゃ… 普通に歩いても30分はかかるな…」


「走るよ 成幸」


世の中にはタクシーというものがあってだな……。


・アクタージュ
(ふ… 不倫の告白…!?)


「その感情は舞台の上で見せて下さい」


リアル感情を揺さぶって女優の演技に干渉するのって、演技に対する冒涜じゃね? と思う今日このごろ。

本気で怒ったり、憎んだりするのは演技じゃないやんと。

女優本人の演技力を信じてあげようよ。


・チェンソーマン
「……… マキマさんは俺に心ってあると思います?」


「あったよ」


ああ、マキマさんだ。

マキマさんだよ。

これがマキマさんだよ。

そのキャラがきちんとそのキャラらしいことするのっていいよねと。


関連記事
スポンサーサイト



テーマ:週刊少年ジャンプ感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2019/09/25(水) 02:10:23|
  2. 少年ジャンプ感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/2411-0ad786e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)