FC2ブログ

流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年ジャンプ 48号


時間が押してるのでさくさくっと。


・Dr.STONE ドクターストーン
表紙+巻頭カラー。


ううむ、船乗りの勘かー。

そして、マグマの暴走が偶然いい方向に働くかー。

正直、ちょっと白けた感がが。




・ワンピース
「え………… そういう事!?」

こういうキャラを立てるエピソードをパッと思いつけるのはすげーなーと思いつつも、若干強引な気もしたり。

いまんところ、おでんに町人が騒ぐほどの魅力を感じないっすよ。


・鬼滅の刃
玄弥の優しい笑顔が胸に刺さるっす。

ってか、生前あんな顔で笑ったことあったんか……?


でもって、鬼舞辻無惨、強ぉおおおおおおい。

なぜかずっと本人は弱いんだと思ってましたわ。

普通に超強いんすね。

ってか、あれか。性格が小物っぽいから強さもそうなのかと思ってただけか。


・ハイキュー!!
センターカラー。


『いざ、終章――――』

『ジャンプ』名物(?)、最終章が数年続く……ってことはないんだろうなぁ。

前回の作者コメントで”あとちょっとだけお付き合いください”って言ってたし。


・呪術廻戦
『「いける!!』


『勝てる!!』


勝利の確信は負けフラグっと。

だがしかし、

「領域展開」


「はい お終い」


こっちも”勝利の確信”か。

負けフラグ対決かー。

つーか、『領域展開』を防ぐ方法ってないんすかね。

ないなら先手必勝が全てになるよーな。


・ブラッククローバー
「見せつけられっぱなしのまま 引き下がれないわーーーーーー!!!」

反撃開始っと。

それでこそ主人公(とその仲間)。

強制敗北イベントなんてたまでいいっすよ。

まぁ、言うても敵1人に味方複数で戦ってるわけですがが。

”みんなで力を合わせる”のもまた主人公らしさよねと。


・TOKYO GRIND HORROR CHANNEL
センターカラー。

読み切り。作者は『仲間只一』。


うーむ。

カラーがめっさキレイでかっこよかったっす。

そして、モノクロ本編との落差よ。

カラーのインパクトが強かった分、たぶん実際以上にショボく見えてしまったと思うっす。


それとは別に、描きたいことはわかるけど、技術が追いついてない感じはあったっす。

特にクライマックスあたりとか。


ストーリーの方は中盤まるごと設定の解説になってしまってるのはどうなのかと。

読み切りにそんな詳細な設定の解説いる?

連載第一話ならともかく。

いあ、第一話でそれやったら即行切られそうだけど。

なんかともかくもったいない感じがしたっすよ。アンパンやクリームパンの中身がすっかすかだったみたいな。そこがメインなんじゃないの!? みたいな。


あと、冒頭ちょい過ぎででヒロインの華村美幸が出た時、

あー、普段は気弱キャラだけど、動画撮影の時ははっちゃけるタイプの主人公か! って思ったけど、別にそんなことはなかったぜ!

ってなったっす。


・チェンソーマン
普通に敵だったっす>謎のウェートレス

普通だ……。


関連記事
スポンサーサイト



テーマ:週刊少年ジャンプ感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2019/10/30(水) 02:13:39|
  2. 少年ジャンプ感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/2423-d3e05d5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)