FC2ブログ

流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年ジャンプ 49号


最近、土曜発売多くない?>『ジャンプ』


・アクタージュ
表紙+巻頭カラー。


『…終わった』


『私の舞台は破綻した』


と思った時点でもうあなたの舞台じゃないよなーと。

このあと舞台を盛り返したのは王賀美の自己演出の力だし。

演出家とはいったい。




・鬼滅の刃
「天変地異に復讐しようという者はいない」

もし天変地異が人の姿をしてそこらを歩いてたら、復讐者が殺到するわと。

復讐する者がいないんじゃなくて、復讐できる者がいないだけだと。

そう思うっす。


「無惨 お前は 存在してはいけない生き物だ」

慈悲が服を着て歩いてるような炭治郎がぶち切れたっ。

そして、「存在してはいけない”生き物”だ」かー。

無惨の存在も主張も全否定と。


まぁこれは切れられても仕方ないわ>無惨

鬼殺隊隊員ならもれなく切れるわあ。


とはいえ、炭治郎にはそんな無惨にも最期はいつもの優しさを見せて欲しい気もしたり。

じゃないと、自分の痛みに対してだけは許しを見せないのかってことになりそう……。言いがかりっすがが。


無惨は普通に考えればサイコパスなんだろうけど、ワンチャンただの天然って可能性も。

なんだろうなぁ。無惨に感じるこの絶対の小物感は。


・ワンピース
おおう、人的被害はゼロだけど、白猪は殺されたのか。

それは後味悪いっす。

腹部強打で全部吐き出すとかじゃダメだったのか。

子供猪が不憫っすよ。


・ぼくたちは勉強ができない
「先輩を幸せにできるならいつだって力になりたいと思ってます」

プロポーズ……には聞こえないか。

そこはプロポーズと見紛うようなセリフが聞きたかった気も。

言った本人に自覚はないけど、言われた方はプロポーズじゃん! っていう勘違いネタを。


・呪術廻戦
いい笑顔だ>真人

しかし、メカ丸は夏油とも戦うつもりだったのか。

ボス2連戦か。

そら、このマンガじゃなくても死にますわ。無理ゲーすぎんだろ。


・Dr.STONE ドクターストーン
ラスト、ものすごい勢いで千空も乗り込んでるけど戦えるのか……?


・ブラッククローバー
「ほら~~~~ ちゃんとしたらすごくキレイなんだから~v」

瓶底眼鏡は外すためにある!

と個人的には思うんだけど、眼鏡スキーたち的にはどうなんだろう。

瓶底眼鏡であっても外すのはなしなんだろーか。

……。

…………。

なんつーか、前髪で顔が半分隠れてる”目隠れキャラ”の顔は見せ場で見えるべきなのか、あくまで見せないべきなのか問題に通じるものがあるなーとか思ったっす。


・チェンソーマン
誰か、誰かデンジのひもを引っ張ってあげて?


あと、もしかしてサメの魔人はこの事態を見越してデンジにつけられてたのか?

もしそうならマキマさん、さすがすぎるっす。


関連記事
スポンサーサイト



テーマ:週刊少年ジャンプ感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2019/11/06(水) 02:05:34|
  2. 少年ジャンプ感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/2425-edddd93d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)