FC2ブログ

流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年ジャンプ 10号


ふと気づけば残業ばかりしてるなぁ。


・魔女の守人
表紙+巻頭カラー。

新連載。


”壁”で囲まれた国に”人類の敵”がわらわらと。

こ、これは、ツッコミ待ち?

いあまぁ、国というか都市が防壁で囲まれてるのは現実にあったことか。

考えすぎだな、うん。考えすぎ>自分




それはさておき、いろいろネーミングが独特だなぁと。

狙って普通の名前にしてないんだとは思うけど、正直読みづらいっす。

ファフナはファフナーって伸ばしたくなるし、マナスファは普通に発音しにくいっす。


「俺は騎士(ガード)だよ!
 誇り高き”騎士道”を持つ… 王国の戦士だ!!」

ガードか騎士か戦士かはっきりしろと。


でもって、魔女の守人の仕事が魔女の殺処分だってことを、本番直前に教えるのってどうなん? と。

最初に教えとかないと情がわいてまうやろと。


あと、主人公の『双式ノ構エ』、めさめさかっこ悪いな!

確かに個性的だけどさ。

誰も思いつかなかったってより、思いついたけどやらなかったってタイプのヤツっすよね、それ。


『ヲヲヲヲヲ』

謎の擬音はあれか。

『ワンピース』の『ドン!』みたいなものか。

こう、作品の代名詞になるような擬音を作ってやるぜ! 的な作者の意志を感じるっすよ。

ただ、冒頭の『ヲヲッ』はともかく、最後の主人公のコマの『ヲヲヲヲヲ』と、ヒロインと侍女のコマでの『ヲヲヲヲヲヲ』は意味がわからんす。

『ドン!』ともまた使い方が違うみたいだし、なんなんだろ。風の音……じゃないよなぁ。


とまぁツッコミどころも多かったっすが、やりたいことは明確なわかりやすいマンガだと思いましたっす。

いまいち主人公の熱さや魔女の悲劇性についていけてない自分がいますががが。

うーん、なんなんすかね……説明セリフで済ませた部分が多いせいなのか、感情を揺さぶられるとこまでいかないっつーかなんつーか。

盛り上げようとしてる部分はわかるんだけど……。


・ワンピース
カイドウは謀略とか使うんすね。意外だったっす。

脳筋なのかと思ってた。


そして、おでんってこんなに強かったのか~。

カイドウを追い詰めるほどとは。

……。

…………。

バリバリの実の能力ぐらいなんとかできそ(略)

いあ、カイドウの言う通り、全面対決を避けただけでバリアが破れなかったわけじゃないのか?

うーん、それならオロチとそのお供2人はやっといてもよかった気がが。

そしたら、今回の(偽)人質作戦も防げたわけだし。


・鬼滅の刃
縁壱さんが出てくるとしんみりした気持ちになってしまうぅううううう。

報われるべき人が報われない、そんな切なさがありますわ>縁壱さん

炭吉さんが縁壱さんの心を救ってくれたみたいで、ほんとによかった。


「ありがとう」

縁壱さんのこんな笑顔が見られるなんて、もう炭吉さんGJっすよ。

と、しんみりした気持ちで読んでたけど、この後、縁壱さんは老衰で死ぬほど長生きするんすよね。

それを思い出して、ふふってなったっす。

こんな儚げでこのまま消えてしまいそうな雰囲気なのに。

しれっとこの時代にあんな年齢まで生き抜くとか。ふふっ。

願わくば、新しい家庭を築いてて欲しいけど、どうだったのかなぁ。

人知れず鬼狩りし続けた人生だったのかなぁ。

縁壱さん……。


・Dr.STONE ドクターストーン
最後まで駆け引きして盛り上げようってのはわかるけど、ごめん、ちょっとめんどくさく感じてしまったっす……。


しかし、石化装置は致命的な効果をもたらす超兵器なのにユーザー登録とかないんすね……。

誰の言うことでもホイホイきいてしまうのね……。いまさらだけど。


・チェンソーマン
魔人は悪魔が死体に宿ったもの、でしたっけ。

「魔人にゃ珍しく結構人間の脳みそが残ってんだって」

なにげに人間の人格を引き継いでる?

100%、宿った悪魔の意思で活動してるイメージだったっすよ。

パワーもあれで実は元の肉体の影響を受けてたりするのかなー>性格


あと、アキ隊長の解決策に天才か! って思ったっす。

死ぬまで血を吸いたいなら、死んでも生き返れるヤツの血を吸ったらいいじゃない、か。

その発想はなかったっすよ。


関連記事
スポンサーサイト



テーマ:週刊少年ジャンプ感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2020/02/05(水) 02:14:43|
  2. 少年ジャンプ感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/2453-6171b645
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)