FC2ブログ

流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:月刊コミックブレイド 5月号

3月30日発売号の感想をここにアップアップ。


3月発売て!
恐ろしいな。発売日はいつだったかなとカレンダー見たけど、もはや3月の日付なんて載ってなかったよ……(先月・来月の日付が載ってるタイプ)。


・あまんちゅ!
あれ? ダイビング部は?

勝手にスーツ借りて、勝手にプール入ったのに入部しなかったのかよっ、ってそもそもまだ入部期間じゃないんでしたっけ。
自由な主人公だなー>光

でもって、てこのキャラがだんだん明らかに。

前にも書いた気がするけど、気にせず書く!
てこって最初みたとき、クールなツンキャラなのかと思いましたが、たんに人見知りなだけなんすね。
実は内気で引っ込み思案。
そして、そんな自分を変えたいと思っていると。

おおお、なんて正統派ヒロイン。

光と出会って影響しあったり日常で何気ない発見をしたり、海やダイビングで自然から何かを受け取ったりして、ともに成長していくのかなっ。

とりあえず、てこの光の呼び方『小日向さん』がいつ変化すのか楽しみだなー。

つーか、変なあだ名をつけられてつけ返さないあたり、やっぱりてこは内気だよなーとか思った。

まぁ、つけ返したあだ名は得てして定着しないんすけどね。

・ぽんてら
今回はちょっとローテンションかつスロウペースだったかも。

でも、それなりに面白かったっす。

(目 開いた)
実況という特技を得て、自分に自信がもてたマコ。
それと同時に開かれるその瞳。

えーと、常に目が笑っている弓なり目という個性が失われたよーな……。
人は1つ得れば1つ失う。そんな無常さを感じたっすよ。

いあ、目が開いてる方がかわいいと思うけどね>マコ

でも、今後出番あるんだろーか……。



・戦国妖狐
「がんばって芍薬に相応しい男になってくれ」
おっと、真介に春が。

でも、小姑……じゃない小舅同居かー。

ってか、小舅内蔵?

なんて複雑な家庭。

あと、真介、魔剣修業してますがこれ、くれたんじゃないですよね? 預かってるだけっすよね?

すぐ使えるなら預かってる間活用するのもいいだろうけど、わざわざ修業していざ使いこなせるようになった頃お別れ、とか悲し…………すげー真介らしいなぁ。

・バガタウェイ
1チーム分12名揃った?

こんだけキャラいて、全部女の子で、でもちゃんとそれぞれ個性があって描き分けられてるってなにげにすごいっすね。

いま、各キャラ思いだしつつ人数を数えてみたんすが、ちゃんと12人思いだせたよ……!

でも、キャプテンの影の薄さが気になるなー。

あと、主人公の特徴のなさも。
たまにどれが主人公だったか、わからなくなったりするっすよ。

・エスプリト
ユーレイ騒ぎでどったんばったん。

伏線張りからその回収まで今回の1話だけでやってくれて、たいへん読み応えがありましたー。
こういうの月刊誌の面白さだなーと。
週刊誌なら前中後編とかになりそうなボリュームっすよ。

それはさておき、飴やらパンやら常に口にしている理事長が、いつ糖尿病を発症するかと心配です。

・プリンセス・ルシア
なんかだんだんただのエロマンガになってきてる気ががががが。

あ、でも、
『悪魔も天使もこの人間界に紛れ込んで暮らしてるの
 お互いがその勢力範囲を天界だの魔界だのって呼んでるだけのコトなのよ』
って世界観は新鮮で面白かったっす。

・レイン
レインと王女が感動の再会!

と思いきや、王女にやたら威圧感(プレッシャー)を感じるレイン……。

なんで威圧感。しかも威圧感と書いて『プレッシャー』と読むとかちょっとガンダム思い出したっす。

まぁ、
「なぁ… 王女は武術や魔術に秀でてたりするのか?」
と言ってるし、これから王女が魔術の使い手とかになって一緒に戦うって展開なのかな。

……戦うお姫様は『プリンセス・クラウン』以来大好物ですよ?

あ、それより前の『伝説のオウガバトル』からかも。

それはさておき、この状況で寝返らないレインたちはすげーなーと。

王様死んじゃったし、あんまり戦う理由がない気がするんすよ。
レインはあくまで将軍で自分が王様ってな国じゃないし、生まれもきっと別の国っすよね?

今回王女と合流したけど、合流する前から戦うことを決めてたみたいだし、事実上滅んだ国に忠義を尽くす性格でもなさげっすよねー。

考えられる理由ったらラルファスっすが、そこはいっしょにザーマインと戦争するより説得すべきな気がするですよ。

あと、実は前回王女が父王の死を悼まなかったことに微妙さを感じてたんすが、今回そのフォローがあってよかったっす。

いあ、今回でも結局死を悼んではいないんだけど、そもそも情が薄い親子関係だったと。
ならば納得。悲しくないのに理由があるならそれもよしっ! っす。

・押入れ日記
おおお。読者ページでひっそりと連載してたショート・コミックが堂々読み切りとして登場っすよ。
個人的に好きだったんでこれは嬉しい。

で、この読み切りもほのぼのした展開の中にしっかりと笑えるシーンが入ってて面白かったっす。

ただラストの、一晩で巨木に育つ並行宇宙の桜は相手の侵略兵器だと思うんだ。

・うみものがたり
これってパチンコの『海物語』が原作ってほんとっすか?
主人公は確かにそれっぽいけど、色黒マッチョな彼氏(?)が出てないしどうなんだろー。

ググってみた。
『海物語』10周年記念でアニメ化、それのプロモーションでマンガ化って感じなのかな?

ともかくパチンコが原作つーか原案なのは間違いなしと。
そのわりにコミックブレイド本誌で触れないのは親切なのか不親切なのか、迷うところだー。

それはさておき、意外と面白いっすね、このマンガ。

マリンのほわほわしたキャラもいいし、妹・ウリンの姉ラブなキャラもいいっす。
さらに、主人公(?)の夏音の素直になれないキャラもいい。

つーか、夏音母や夏音友達などなど全般的にキャラいいなーと。
わかりやすいお話に好感の持てるキャラたち、なにげにポイント高いっすよ。

1つだけ難点があるとすればあれだ。
『マリアナアドリアグランブルー』
これが必殺技っぽいのにコマが小さかったり連発したりで、すげーシュールになってる気がする。

そこは割り切ったり開き直ったりして、バリバリの魔法少女演出の方がいいんじゃないかなぁ。

とか思いましたがどうでしょー?

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:雑誌 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2009/05/07(木) 01:13:54|
  2. 雑誌感想(2009年以前分)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/624-af1ca034
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)