流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年サンデー 35号

やる気のでない日々が継続中っす。

それでも、習慣と化してる雑誌感想は書き始めれば、わりとすらすら書けてたんだけど……。
あかんっす。今日はその雑誌感想でさえ筆が進まないっす。

なんか一刻も早く感想書きを切り上げて、『デビルサバイバー』をプレイしたがってる自分がいるですよ。

というわけで、今日の感想はショートバージョンでございます。

最近、『デビルサバイバー』をプレイしまくってるのは確かっすが、他のことを押しやってもってほどじゃないんで、この感情は……ただの逃げだなぁ。


などと言いつつ、酒を飲みながらだらだら書いてたらいつもと同じくらいの量を書き上げてました。

ま、まぁ、結果オーライ。


・表紙
今週の表紙+巻頭カラーページは平野綾のグラビアっした。

なにげにサンデーは平野綾好きだな。

そして、あいかわらずサンデーのグラビアはいまいち上手く撮れてない気がするな……。



・DEFENSE DEVIL
扉絵だけカラーっと。

でもって、新章突入、ヒロイン登場っす。

そういや、ヒロインいませんでしたね、このマンガ。
毎回、被告や被告に関わる人たちの中でヒロイン的存在がいたんで気づかなかったっす。

で、今回から登場のヒロインは元(?)シスターで現エクソシストのイダマリアさんっす。

あれっすね。美人さんっすね。
作画が上手いと性格うんぬんの前に、絵で引き込まれるからお得っすね。
絵が上手いって素敵なことっすよー。

でも、イダマリアのスカートが鉄壁すぎてふいた。

いあ、鉄壁つーかもう異次元すよ!

敵の攻撃をかわして空中高くジャンプ、ってコマでスカートが大きく広がってるんすが、中にスカートと同じトーンが貼られてて、そこからふくらはぎ以下の足だけがにょっきりと出てるんす。

う、うーん。そこはもういっそ黒く塗りつぶそうよ。

でも、そのあと走ってるオープンカーで生着替えしてる謎。
どーいう基準なんだ。

あと、なにげにサンデー、“マリア”多いなーと。
『マリアさん』『瀬名マリア』、そんでもって今回の『イダマリア』

別にごっちゃになったりはしないけど、各担当とかで被らないよう調整したりしないんすかねー。

・結界師
「あの人間、植物使いだったな」

『まして奴は真の自然支配系能力者…』

『植物使い』はともかくとして、『自然支配系能力者』って呼び方にあいかわらず違和感を感じるなー。
現代が舞台なんだし、案外、現代社会に本当に“術”や“能力”があったら“~~系XX”と分類するのかもしれませんが、どうもしっくりこないなぁ。

それはさておき、その植物使い・夢路の作った森の中を『絶界』で突き進む正守。

『絶界』便利だな!

防御に! 攻撃に!

そして、今回みたいな深い森を突き進む非戦闘シーンでも大活躍!

そら、他に必殺技的なものがないのも納得っすよ>結界術

…………便利すぎるのも考え物っすね。少年マンガ的には。

あ、良守に限っていえば『極限無想』があるか。

『極限無想』:無の境地に入ることで、いつもの術を最大効果で使えるようになる。

…………地味だなぁ。

・あおい坂高校野球部
あああ、飛田先輩、ゲッツーとか。

そりゃ、これ以上点はあげられないだろうし、たまたま先輩組の打順だっただけなのかもしれないけど、やっぱアウトは先輩たちなのか! という思いは拭い切れないっすよ。

冷静に考えれば考えるほど、いまこうして甲子園で戦ってるのはキタローたち1年生組のおかげで、先輩達は頭数あわせのアウト要員って気がしてならないっす。

って、ほんとに反論の言葉が浮かばないよ!

結局、このマンガの主人公はキタローとキタローの仲間である元ファイアーボンバーズ(でしたっけ?)の5人なのかなぁ。

スポーツはチームの誰が欠けてもあかん! みんなが主人公であり脇役なんや! って感じでいってほしいかもです。
少なくとも試合の貢献度では。

・マギ
実は結構戦えたり、レアな文字が読めたりと意外に多才だったんすね>アリババ

でもって、底が針山になってる落とし穴に落ちるアリババ。
(あれっ!?
 俺、これで… おしまい?)

このあっさりとした心境がなんかリアルだなーと思ったっす。
人間、最期の最期は慌てず騒がす、奇妙な冷静さで自分の死を見守るもんなんじゃないかなぁと。いあ、しらんけど。

これで本当にアリババ死亡ならすごいけどトラウマになるわ!!
ここは普通に生きてて領主をぎゃふんと言わせて欲しいっす。

あと、モルジアナの無表情を崩してください。ぜひ。

・ジオと黄金と禁じられた魔法黄金
うん、面白いです。

面白いけど、絵はあいかわらずの荒々しいタッチっす。

しかし、別に手抜きってわけでもない気がするんすよね。
石畳みとか、何重にもなってる主線とか、逆に手間がかかってそうですし。

うん、報われないすね。
かけた手間がまったく評価される方向に向いてない気がするですよ。

・ハヤテのごとく!
「『アーたん』って呼ぶのはどうかしら?」

実はハヤテと同じネーミングセンスをしていたヒナギク。
両親にまつわる不幸な境遇も似てるし、お似合いのカップ……それは違うか。違うな。

でも、謀らずもアテネに同じあだ名をつけたことに関しては、一言感想を聞いてみたいな。

・最上の命医
ミコトの米国時代の師匠が登場。

いつでも、誰にでも優しいミコトの新たな一面ががっ。

幼少時代からすでに才能をいかんなく発揮してたミコトっすが、ちゃんと修行時代もあったんですねえ。
ここまでずっと、ただひたすら周囲の予想を遙かに飛び越える天才っぷりで結果を出し続けてきたから、“未熟だったミコト”の姿が想像できないっすよー。

そこらへん見たいよーな、見たくないよーな複雑な気分だなぁ。
普通なら完璧すぎるキャラの、唯一の弱点である師匠、は見たいと思うんすよ。
だって、誰に対しても上位に立ってるキャラが、下位に立たされてる姿なんて興味あるやないっすか。

でも、ミコトはヘンに好感度高いんで、一方的に立場が上なキャラはあんまりみたくないかなーと。
完璧・有能なキャラだけど傍若無人ってキャラなら、厳しい師匠の登場はバランスがとれてると思うんすけどね。

その点、ミコトはすでに単体でバランスがとれてると思うんすよ。
あんまりいじめられてる姿は見たくないなと。

・お茶にごす。
最終回。

うーん。ハッピーエンドだなーと。
ハッピーエンドなんだけど、なんだけど、納得いかんなぁ。

冒頭の夏帆はしゃべり方とかなんか別人みたいだし、再会した部長とまーくんも意味はわかるしこういう演出は別にありだと思うけれども、でもやっぱり投げやりに見えるというかなんとかいうかーーーーっ。

部長とまーくんがくっついて終わりにしても、それならそれで踏む手順がまだまだ全然たくさんいっぱいあったと思うんすよ。
それを全部はしょっていま突然終わりにしてしまうことに納得いかんなーと。

つまりは今回で終わりなのが残念すぎる!

そういうことです。それに尽きます。

お疲れさまでした!>作者
ヤングサンデーにはいかずにまた少年サンデーに帰ってきて欲しいっす!

・アラタカンガタリ
あー、アラタ(というかヒノハラ)にタメ口のコトハって新鮮だなぁ。

これが等身大の、素のコトハってことっすか。
いろいろタガが外れてて、いままで猫かぶってたんだなぁと。

これはちょっと楽しみが増えたっすよ。
これから始まる真のコトハによる、ヒノハラとカナテとカンナギの旅が楽しみだー。

って、ヒノハラ以外には態度変わらないのかな?
アラタの前じゃないってことで、変わって欲しいなぁ。

・はじめてのあく
微妙に迷走してる気がする。

個人的にはラブコメよりドタバタコメディが読みたいっす。

・月光条例
「あなたがぼくを、勝手に評価(ヒョーカ)するな!」
おどおどしていたネロが、ついに堂々と言ってのけましたよっと。

でも、言ってることは月光のセリフをまんま借りただけなんすよね。
月光の受け売りといいますか。

そこらへん、あと一歩ネロの中で自分の言葉や意見として何か踏み出して欲しかったなー。

じゃないと乙姫のセリフにふらふら、月光のセリフにふらふらって他人の大きな声に影響されてるだけに見えてしまうっすよ>ネロ

・アーティスト アクロ
今回は後ろから2番目っした>掲載順位
ちなみに最後尾は『お坊サンバ!!』

落ち着かないなぁ。
話はどんどん膨らんでいくけど、いつ打ち切りになるのかって不安でのめり込めないっすよ。

こういうとき、突然主人公が強くなり出したらヤバイ傾向なんだと思うんすが……、今回、スバルとデコが一蹴された敵の技巧をアクロが瞬殺!

うーわー………………。

ま、まぁ、アクロはいつでも規格外だったか。『青天の都』の生き残りだし。

って、それもどうよっ。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年サンデー感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2009/07/31(金) 02:15:15|
  2. 雑誌感想(2009年以前分)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/671-19505179
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad