流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年サンデー 46号

というわけで、サンデーの感想をお届け。

今週はいつも以上にあっと言う間の1週間でした。
月曜が祝日で休みだったせいもあるんだろうけど、もう金曜日とか信じられないっすよ。

先週の金曜日に日本橋行ったり、『FF11』のキャラが最高レベルに達したりしたのを書こう書こうと思いつつまだ書けてないのに……。どうしたもんかー。


・表紙
今週の表紙+巻頭カラーは『境界のRINNE』っした。

表紙は単行本1巻2巻同時発売記念ってことで、りんねと桜が自分たちの単行本を読んでるイラストっす。

りんねの赤髪と背景の紅葉があいまって、すげー秋っぽい。

が、ここまで露骨な宣伝表紙も珍しい気がする。
マンガのキャラが自分の単行本を読む姿、シュールだ。



・境界のRINNE
悪霊トイチ弱いなー。

「聖書!?」

聖灰を捨て、聖書を取り出す翼。

一瞬で何をするかわかったっすよ。

でもって、

「ああっ! カドで殴った!」

まさに予想通りで笑った。
昔やったFFの学者を思い出したっすよ。
装備した本で殴る学者、インパクトあったなー。

・結界師
「元気… 出して」

通学途中、落ち込み中の良守を見つけ、励ます時音。

おおおおお。進展したなー、2人の仲つーか距離感といいますか。
さんざん離れて歩けといってきた時音が自ら近づいて、良守の頭を撫でてますよ!

しかも、ちょっとこう、片手で良守の頭を抱え込むみたいにしてっ。

そんな時音に良守は浅い『無想』を使って、

「大丈夫。
 もう、お前を泣かせるようなことしねぇよ」

と返事。

『無想』状態の“ハイライト無し瞳”がうすら寒いっす。

前回のなんやかやで、時音は良守に近づいたのに、良守はむしろ距離を開けてしまったって感じっすか。

神田や閃に対しても『無想』を使ってるし、嫌な予感しかしないなーと。

ってか、良守ってあれっすね。
どうしようもなく独りよがりっすね。
周囲の制止を聞かず感情に任せて暴走するのもそうだし、今回の周囲の心配を理解せずに1人で抱え込むのもそうですし。

そういう意味では結局、何も成長してないよーな>「俺、同じことばっかしてるな」


「内臓はそこまで傷ついていなかった。
 くっつきかけた状態というのが正しいか」

良守の白い絶界は、外に出たら効果消失ってわけじゃないんすねぇ。

つまり、時音がもう少し時間をおいてから良守を止めていたら、蒼士の傷は全快し、校舎の損壊も元に戻っていたと?

うーん。いあ、時音は悪くない、悪くないけど、それを知ったら微妙な気分になるだろうなー。

そして、たしかにこれは神の領域かもしれんとやっとこさ思えたっすよ。

それはさておき、『夜行救護班主任』菊水、白菊が登場~。

新キャラ、っすよね?
あとからあとから増えていくなー>『夜行』メンバー

実は夜行のアジトとかですでに登場済みだったりしたら、ごめんなさい。

つーか、満面の笑みで豆大福にかぶりつく白菊がかわいかったです。
頭を揺らしてるところがまたよいっす。

お菓子を嬉しそうに食べる幼女子供って微笑ましいよね。


「夜に幹部会が招集されてる」

と正守。『裏会最高幹部会合 十二人会』で生き残りたちが全員集合っと。

が、しかし、これすげー間抜けに思えた。
正守以外はことの真相を知らないんすよね?
一連の事件が夢路と総帥の兄弟喧嘩で、その末に夢路は殺されたってことを。

裏会最高幹部がそんな状態ってのがもうなんかね。開いた口が塞がらないっすよ。

もちろん、知ってて知らないふりをしてるヤツもいるのかもしれませんが、この状況でまだ幹部会を開こうとしてること自体がなんだかなーと。


「お呼びですか、父さん」
「総帥が、契約の解除を申し入れてきた。
 お前の失態のせいだ、七郎」

介入遅い、蒼士を殺しかける、壱号は取り逃がす、その上実はカケルまで殺し損なってるわけで。
いいとこねーなー、七郎……。

カケルを殺さなければミチルは思い止まってくれたかも、とか総帥はいってたし、カケルを始末できないんであればきっとミチルは生かしておきたかったっすよね>総帥

そう考えると、七郎がちゃんとこなした任務って、実質弐号の殺害と遺体の始末だけなんじゃ……。

・あおい坂高校野球部
無死満塁から瀬川、飛田、大仏の先輩組がことごとくアウトで攻撃終了。

そりゃこの展開しかない、ないけどさ。
先輩組がやられ役になってて悲しいっすよ。

つーか、もうこれは汚れ役っすよ、汚れ役。活躍するのはキタローたち、アウトとられるのは先輩たち、役割が決まってしまってますよ。
切ないなぁ。

・神のみぞ知るセカイ
『フルーティーでトロピカルな新種のラーメン』に笑った。

でも、冷麺ならメロンやオレンジ乗っててもいけそうな気がする。たぶん。
甘いのはさすがに冷麺でもあれだろうけど。


「そろそろ見えたぞ…
 エンディングが!!」

はやっ。展開早いなー。
正直、ここまでそんな話らしい話なかったよーな気がががががが。

そう思いつつも、ヒロインのかわいさだけはガチだなーとも思う今日この頃っすよ。

・Tomorrows
うーん。なんだろ。読んでて前回は『金色のガッシュ!』を思い出したんだけど、今回は『ダレン・シャン』を思い出したっす……。
住み慣れた町や家を出ていくってところで連想したのかなぁ>自分


「最高の『ドルピンガー』だ!!」

むむむ、その単語には聞き覚えが!
ブログの過去ログ見たら、まんま『ドルピンガー』って読み切りがヒットしたっす。

ああー、あったあったあったなー。
だいぶ、ってかまるっきりお話変わってるやないっすか。

まぁ、読み切りの方はぱっとしなかったし、いまの連載版の方が断然いいと思うっす。

ところで、

「くそっサツか!!
 01番…ニオイで一足早く感づいたなっ!!」

警察のニオイってなんだ?

・ハヤテのごとく!
ハヤテとの再会に動揺するアテネ。
後悔と恋慕がその心を乱す。

ってなお話でなんでギャグ進行?

そこは真面目にやって欲しかった気がする……。

そして、ラスト、対峙するハヤテとアテネ。
ハヤテがアテネに声をかける。

「待って!!
 一つ… 聞きたいことがあるんだけど…」
「…… 何しから?」
「僕の事… 覚えているよね?」

そこからかよっっ!!

ああ、じれったい。ああ、まどろっこしいっ。
これはラブコメ的な焦らしとは違うと思う。

もうお互い十分現状の確認したやん。さっさと話を進めようよ。

・絶対可憐チルドレン
寝込む皆本におにぎり(梅干し付き)を持ってきた葵。
2人きりであることに気づき、口に梅干しを含んで皆本に迫る。

(梅干しはお腹にもええはずや!!
 そして 病人に食べ物を与える必殺技は---)

待て!
それはもうプレイだから! 子供に見せちゃいけないプレイだからぁ!

固形物を口移しするのは上級者向けすぎると思うなぁ。
せめて飲み物か小粒な錠剤じゃないっすか。それでも十分汚らしいと思うけど……。

それはさておき、セクハラされる男キャラたちとか最後の皆本(パンツ持参)とか笑ったっす。
温泉回なのに裸をさらすのは男ばっかなのが、逆に笑えるっすよ。

・アーティスト アクロ
なるほどー。やっと『無惨な質問』がなんなのかわかったっす。

でも、いまいち驚きがないのはなんでだろう。

ヴルーが関わってるってもう示唆されてたからか?

もしくは、都の住人たちの頭蓋骨で作られた『無惨な質問』にインパクトがなかったからか。

うーん。『青天の都』の規模がどれほどだったのかわからないけど、世界的に知られる1つの民族の首都にしては骨の数が少ない気がする。
あと、町並みが全然出てこないんであそこが『青天の都』だっていわれても実感がわかないなーと。

どうせなら、在りし日の都の活況を見てから今回のエピソードを読みたかった気がするなぁ。

そしたら、もっと無惨に感じたんじゃなかろうか。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年サンデー感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2009/10/17(土) 01:50:24|
  2. 雑誌感想(2009年以前分)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

>何も成長してないよーな>「俺、同じことばっかしてるな」

そうなんですよねー。
いつぞや「俺バカだから・・・」てなセリフが良守自身から時々出てきてたけど、こうまでだと本当にオツムが・・てな思いもしてきてしまいます。
しっかりするために無想を使う?そんな発想しか思いつかないのか、逆に言えば無想を使わないと自分を制しきれないのかと。
だとしたらなんとも情けないキャラってことになります。
よく言えば常に他人(といっても自分のお気に入りだけ?)のことを気遣うやさしい性格なんでしょうけど、それも限度を超えるとね。

それと無想って長く使ってるとよくないとか猫の縞野だったかが言ってたんでは?
すくなくとも時音は無想状態は嫌ってるように見えますね。

>時音は良守に近づいたのに、良守はむしろ距離を開けてしまったって感じっすか。

まったくそうだと思いますね。
普通なら、いや(余談ですけど「いあ」っていうのいいっすねえ、失礼しました)以前の良守ならまたとないチャンスなのにねえ、なにやってんだか。
あまりこんな描写ばかり続けるとほんとに読者が良守のこと、一種の欠陥人間として嫌ってしまうんじゃないかと。
黄色さん、これだけ長期連載してきてるんだからいい加減にもう少し成長させてやってほしいんだけど。
とにかく見てていらついてしまう今日この頃です。

それとほんとに妖でてきませんね。
なんか人間同士の確執やなんかで絡み合うドロドロした話ばかりでちょっとこの先品としては変質してしまってるような。
元の路線にもどしたほうがいいとおもいますけどね。
  1. 2009/10/17(土) 06:24:39 |
  2. URL |
  3. うめ #JalddpaA
  4. [ 編集]

>それと無想って長く使ってるとよくないとか猫の縞野だったかが言ってたんでは?

そのシーン、よく覚えてないんですが、雰囲気的には悪い方にいってそうですよね。
だいたい主人公が必殺技(?)を、ネガティブな方向に使っていいことが起きるとも思えませんし。

>これだけ長期連載してきてるんだからいい加減にもう少し成長させてやってほしいんだけど。

ですね。能力的には『無想』で成長したわけだし、ここらで精神的にも成長して欲しいです。

『無想』がどーのと言い出してから、ここまで結構精神的成長を促すイベントがあった気もするんですよね。

でも、実際は、

「俺、同じことばっかしてるな」

ですから……。

そこに気づけただけ1歩前進、なのかもしれませんが、やっぱりうだうだしてるなーと。

>元の路線にもどしたほうがいいとおもいますけどね。

裏会や総帥たちの人間ドラマがどうにも不発っぽいんですよね……。

なので初心に返って、敵は妖、って展開も見てみたいなと。
個人的にはそんな感じっす。
  1. 2009/10/20(火) 17:54:05 |
  2. URL |
  3. 管理人 #vXS7V6eU
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/701-22939f54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad