流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年サンデー 48号

ちょっとずつやる気が回復中~。

でも、まだまだ実際の行動を起こすほどゲージは溜まらず……。

うーん、何か打開策が必要なのか。


・表紙
今週の表紙+巻頭カラーは『AKB48』っした。

あれっすね。
デビュー当初は『モーニング娘』のばったもんくせー、とか思ったもんすが、もうすっかり定着したようで。
なんかこー……すげーっすね。
ほんとなんていうか…………すげーっす。

つーか、すげー以外の言葉がでてこないっす。

もし秋葉原に行くことがあったら1度くらいは公演見てみたいかもしれない。



・コナン
巻頭掲載ながらカラーページなし。

いままで巻頭がグラビアでも、1ページくらいはカラーがあったのに珍しいっすね。

しかも、看板マンガの『コナン』だってのに。

いあ、別にコナンのカラーは見たく(略)

でもって、最後に『毛利小五郎役交代!! 神谷明さんから小山力也さんへ!!』ってなページが。

あー……やっぱり神谷明降板してしまうのかー。
ごたごたがあったものの急転直下、やっぱり和解して続行決定! とかならないかなと淡い期待を抱いていたんすが……現実は厳しいなぁ。

声優界もすっかり世代交代してベテラン声優はどんどん姿を消してるから、神谷明には1つでも多くの役を演じていて欲しかったっすよー。

とにもかくにもおつかれさまでした!


あ、本編の方はいつも通りの展開っした。
そろそろ、小五郎夫婦はよりを戻してもいいと思う~。
なんなら子供ができてもいいと思う~。
コボちゃんにも妹ができるらしいですし。

・マギ
作者の大高忍って『すもももももも ~地上最強のヨメ~』の人だったんすねえ。
まったく気づいてなかったっす。

実はアニメ化までいった実績と経験のある作家さんだったとはー。

ただ、そうなると、うーん。『マギ』はもっと描き込みして欲しいなぁと思ったり。

『マギ』って全体的に背景が白い気がするんすよ。
別に背景白くても問題ない作家さんもいるけど、このマンガの場合はそのせいで臨場感や雰囲気がいまいちなことになってるような気ががががが。

でもって、その白さは新人作家ゆえのことなのかと思ってたんすが、そうじゃなかったんだなーと。

それはさておき、冒頭の震えるトーヤがよかったっす。

怯え狂った目に涙を浮かべて、恐怖で歯の根が合わないってな一歩踏み込んだシーン描写が説得力あるなーと。
前回の『繁殖』宣言もそうですが、悪役がちゃんと悪いことしてると主人公側のキャラの怒りに共感できていいっすよね。


『人々は、自らを安住の地へと導いてくれたその「不思議な青年」を、尊敬を込めてこう呼んでいたそうです…………
 「マギ」と……』

あれ? それだと『王の選定者』がマギじゃなくて『王』そのものがマギにならない?

って思ったら、『青年』がマギで少年が『王』なのか。
ちょっとこの昔話、わかりにくかったっす。

あと、

「さぁ帰ろう!」

「待ってくれ 他の女たちが遅れてるんだ!
 馬が足りなくてよ~」

「俺、村まで戻って調達してくる!」

ドルジとトーヤ(とその他大勢)は村と奪還場所の中間地点でいちゃいちゃしてるってことでOK?

いきなり本格的な焚き火にあたってるし、最初読んだときもう村に帰ってきたのかと思ったっすよ。

……にしても、

「ドルジ、助けてくれてありがとう… かっこよかったよ…」

あああああ。冒頭のあのシーンを見たからもうね。もうこの2人はフラグ成立とかそんなレベルじゃないんだろうなと。
もうトーヤは一生、ドルジに惚れっぱなしなんだろうなと。
あまつさえに子供たちに「あなたたちのお父さんは昔……」ってな風に話して聞かせたりなんかするんだろうなと。

そら、あそこで助けられたら惚れるわっっ。

と一瞬で2人の幸せな人生を妄想させといて、ババさま暗殺とか…………。
ベタな展開ながら先が気になるっすよ。

・ハヤテのごとく!
そして、やっぱりここでもバトルにギャグを交えつつ、シリアスな話をやるのかー。

でも。

なぜか今回はけっこう面白く読めてしまった自分がいました。

なんでだろう?
退魔師(?)伊澄とバトルの相性がよかったってことなのかな。
伊澄がバトる分には、わりと普通に見られるといいますか。
……執事よりは戦えそうじゃないっすか、退魔師って。

霊的結界を張る伊澄に対して冷静に物理攻撃を加える英霊も笑えましたし。


「ああいうものは心の隙間に取り憑きます」

攻略するんだ!

って反射的に思ってしまう程度には、『神のみぞ知るセカイ』はサンデー誌上に地位を築いたよなーとか思ったっす。

・結界師
「父さんが昔“風神”って呼ばれてた頃は、こんなことはなかったと?」

その『風神』もいまや車椅子かー。
七郎は17歳でしたっけ? そんな若い子供がいるのに、すっかり年老いてしまってー。

そう考えると、死んでも甦る上に若返りも可能な『魂蔵持ち』はほんっとに規格外だなぁ。


「あなたがお兄様方を殺害した時点でクリアしてるはずですから」

「あれだって、本当は遺体を無残に残せって指定を無視して、塵にしたんだ」

“死体”じゃなくて“遺体”って呼んでたり、父の命令を無視して塵にしたりと七郎にもけっこう憎めない面があるんだなーと。

以前、時音と閃とで喫茶店に行ったときは表面だけ明るくて、実は……ってなキャラかと思いましたが、ここ最近の失敗連発やら終盤の『繭香様』への懐きっぷりを見てると等身大の七郎の姿が見えてくる……つーか、そんなもん見せられてもって気もしたり。

七郎はもっと精神も性能も怪物、ってなキャラな方がよかった気もしますがどうでしょー?
少なくともこの前の烏森でのバトルはそっちの方が盛り上がった気がするですよ。

でもって、扇家裏山にある魍魎桜の『繭香様』、久しぶりっすねー。こういう妖っぽいキャラ。

って妖つーか土地神なのかな。
モチーフは“蛾”?
桜と何の関係もな……桜って毛虫が大量発(略)
そんな繋がりはイヤだ……。


「中々個性的な管理者だが…」

としぐまを見てぽかーんとしてる縞野……よりも、同じコマの、

「しぐまでーす」

に笑ったっす。
キャラ変わっとるがなっ。

あと、さらなる強さを求める良守に、すっぱりと、

「そんなもんはない」

と言い切った縞野がかっこよかったっす。

強さがインフレしがちな少年マンガでこの“頭打ち”宣言は新鮮っした~。

・神のみぞ知るセカイ
久しぶりにハクア登場~。

トイレでばったりって、なにげにハクアはそういう要員なのか?
前は風呂場でばったりしてましたよね。

でもまー、個人的に好きなキャラなんで登場してくれて嬉しいっすよ。

この調子で今シリーズ活躍……はなさそうだなぁ。
天理にエルシィに、ノーラまででてきたし。

・ジオと黄金と禁じられた魔法
「パルノアーズの人たちも殺さずにできないのかな…?」

「停戦に応じねえ以上 俺らにどうこうできることじゃねえ」

「そう…だね…」

物わかりいいなっ!>ジオ

主人公にしては珍しいかもしれない。

ただ……

またリィンのこと忘れて自分のことしか考えられなくなってないか?
子供にこんな大量殺戮見せちゃいかんすよ。

・金剛番長
「晄よ… お前は正しかった」

なにげない一言なんだけど、じんときたっす。
ずっと敵対してきた敵が主人公の正しさを認める、それは胸に響くっすよ。

ましてやその敵ってのが実の父親っすから。
認められた感慨もひとしおだし、後悔の色が感じられるのもまたいいっす。


「兄貴が… でかく!!?」

「そう… でかく!!」

あかん、笑ってしまう。
どんな親子の会話だよっ。

「猛は金剛類の禁を破ったのだ…」

と続くんすが、でかくなること禁止なんすかね?>金剛類

そのわりに祖父や父はでかいし……謎だなぁ。

あと、猛はでかくなった後で元の大きさに戻ってますが、父はなんで常時あのサイズなんだろー。
そこらへんが『金剛類の禁』と関わる部分なのか。

……でかくなること禁止じゃなくて、小さくなること禁(略)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年サンデー感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2009/10/30(金) 01:35:06|
  2. 雑誌感想(2009年以前分)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/705-95ca4b1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad