流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年サンデー 52号

でかいでかいと噂の『ニンテンドーDSi LL』の実物を見たっす。

意外と小さいな、と思った。

で、そばにあった従来品のDSを見て、ちっちゃ! って思った。

もし、DS見てからDSi LL見てたらどう思ったんだろう?>自分


・表紙
今週の表紙は、5周年と連載250回記念で『ハヤテのごとく!』っした。

アニメ塗り(?)なナギがいい感じっすねー。

アニメ塗りって表紙に向いてるんだなーとか思ったっす。
もちろん、絵柄にもよるんだろうけど。

でもって、『ハヤテのごとく!』も5周年っすかぁー。

個人的には“まだ”5周年だったのかと思ったり。
もっと昔からやってるのかと。



・ハヤテのごとく!
巻頭カラーも『ハヤテ~』っした。

しかし、その巻頭見開きカラーがひどかったっす。

いあ、イラストはいいんです。
ハヤテを真ん中に、右にナギ、左にアテネってな、まさにいまやってる話にふさわしいと思います。

でも、

でもね。

真ん中に配されたハヤテの顔が……顔が……、

ページとページの境目に飲み込まれてるよっ!

鼻と口が完全に見えなくなってて、いくら本を押し広げても発掘できないっす……。

これはどうなんだろ。誰が悪いんだろう。
印刷とか製本の問題なんだろーか。

つーか、やっぱ、折り込みポスターとかではなくて見開きだってわかってて、このイラストを描いた作者があれかなーと。

そして、一番、ダメージでかいのも他ならぬ作者なのかもしれない。
見本誌届いたとき頭を抱えたんじゃなかろーか。

……と思って、作者の『サンデーバックステージ』のぞいたら、



ちなみに表紙も見開きのカラーも
すごく良い色が出ていてかなりいい感じです☆

特に見開きは
今まであまり描いたことがないタイプの絵だったので
ちょっと新鮮。

真ん中でハヤテが真っ二つに割れるようにデザインしてあります。


(引用終わり)

先生! 別の意味で割れてますっ!

ってまー、うちのサンデーがたまたま製本悪かっただけかもしれませんけどねー。


閑話休題。


今回は、ナギかアテネ、選択のときが迫るなか、何も知らない美希たちの提案で買い物につきあわされるハヤテ、ってなお話っした。

あれっすね。
再認識させられました。
お買い物メンバー見て。

ナギ、マリア、ヒナギク、西沢さん、美希、理沙、泉、そこにハヤテで計8名。

……すごく……ハーレムです…………。

つーか、男はハヤテだけっすよ!

しかも、7名中4名がハヤテに惚れてるよ!

でも、選択できるのはナギとアテネだけ。
他のヒロインズは事情さえ知らされてないよ!

せ、切ない。

特にマリアさんなんてハヤテが片想いしてた気もするのに、この存在感のなさっていったら……!

それはさておき、今週もナギとアテネ、どっちを守るかで悩んでるハヤテ。

で、やっぱり思うのは先週と同じで、選ぶならアテネだろーと。

別にキャラとしてうんぬんってことじゃなく、どう考えても選ばれ“なくて”取り返しがつくのはナギの方だからっす。

結局、ナギが失うのは莫大な財産だけなわけで、そんなの同じく超大金持ちの伊澄や咲夜がいるんだし、普通に暮らしていくくらいならどうとでもなるだろうと。
ナギ本人は天才児でもあるんだし。

というわけで、悩むにしてもお金がどうとかより絆とか精神的繋がりとかの意味で、選ばないことの苦しみを描いて欲しいなーとか思ったっす。

・結界師
墨村母、さすがのキャラだなぁ。

ここまで待たされた甲斐がありました。
俄然面白くなってきたっすよ。

……にしても、墨村母も父も若いなぁ。
正守みたいな大きな子供がいるとはとても思えないよ。

・ケンイチ
ククリ使いのねーさん、いまだ戦闘続行中かー。

いあまー、闇に所属してるような人だし、羞恥心でどうこうなったりはしないんだろうけど、それだけにそのまま戦うのはどーなのよって気が。

なんつーか、順番が逆っすよね。

なんで真っ先に服が破れる!

つーか、破くっ!

それは戦闘不能の証みたいなもんだろうと。

おっぽりだしながら戦うねーさんを見てそんなことを思いました。まる。

あと、馬剣星のところに現れた弓使いはこの前、千影が戦ってた人と同じ人?
あのときは確かナギナタ使いだった気がするけど。

や、千影はあのとき、相手を殺したのかなーと。
少なくとも今回の人がこの前と同じ人なら殺してないってことで。

もちろん、違ってても殺してないかもしれませんがー。


って、漁ってみたらまだその号持ってた!

……別人すね。

でも、その次の号で、

『この間の祭りの晩も武器組の弟子と交流組手を行ったり…』

と言ってるので、殺す気で戦ってるけど、本当に殺さなければいけないわけではない、のかな。

・マギ
乳首ピアスとはまた思い切ったデザインをっ>パイモン

しかも、ピアスのインパクトで一瞬流しかけたけど、よく見なくても常時丸出しやないっすかっ。

ほんとに思い切ったデザインだなぁー。

・Tomorrows
なるほどー。アンアンたちがいる小屋と敵が包囲してる小屋は別かー。
これは見事に騙されました。

が、しかーし。

うーん。なんだろう。
面白いとは感じなかったっす。

ただただ、クロを疑ってしまったスゥを哀れに感じただけで爽快感とかはなかったっす。

ピエロ役すぎるよ、スゥ……。

・境界のRINNE
『ノルマ水増しのために本来死ぬべきでない人の寿命を奪う堕魔死神(だましがみ)…』

だまし神って寿命を縮めるだけ?

それとも、殺してしまうんでしたっけ?

もし殺してしまうんなら、今回、だまされかけた男子たちはもしかしたら死んでいたかもしれないと。

なんつーか、大量殺人すぎて笑うに笑えない……。

しかも、みんな死ぬには若すぎる年齢だし。

・神のみぞ知るセカイ
「どーしてこんな男とキスなんか…
 ……私だって…… 初めてだったのに……」

ごめん。ちょっと引いた。
神様な上に他人の身体に憑依(?)してるだけなんだから、そんなこと気にするなと>ディアナ

それはさておき、次回は将棋でディアナVS桂馬戦っと。

なんだっけ、ちょっと前、ハクアが百年くらい負けなしだった地獄のゲームで桂馬に負けましたよね。
桂馬はぶっつけ本番だったにも関わらず。

あれ考えるとディアナにも勝ちそうなんだけど……この勝負は負けて欲しいなぁ。
あんまり万能すぎても面白くない気がするっすよ。

やはり桂馬はギャルゲーに絡む要素でだけ無敵であって欲しいなーと。

まぁ、テストでいつも満点だったりして、すでにその願望は崩れ去ってるわけですががががが。

・あおい坂高校野球部
いまから穿った見方するよ!
素直じゃない読み方するよ!


アウトを取られるのは先輩たちで、

ピンチを救うのは1年生たちかっっ。


はい、ひねくれた受け取り方ここまで~。

ま、ま、今回のファインプレーは右京の見せ場でもあったんだろうけどさー。

ちゃんと先輩たちのいいところも見たいなーって思いました。

・絶対可憐チルドレン
『元々あたしたちの「人形」だったのよ…!
 あいつの精神を捕獲する方法は、もうわかってる』

『奴らの…いえ、薫ちゃんの力が--- 今でも… あの子を守っている…!?』

えーと……腐女子パワーすげーっ! って思った私はどうしたらいいですか?
とりあえず土下座しといたらいい?

・アラタカンガタリ
ドジっ娘でお節介な天然メイドかー>ミヤビ

あ、あざといっ。

ものすごい勢いで同僚たちにいじめられそうだ。

でも、このあざとさがもしカドワキの気をひくための演技だったら……、

もうカドワキの人間不信(?)が治ることはないかもしれないっすね…………。

・月光条例
かつての強敵が味方に!

って、最終回っぽい流れだなー。

本来、熱く盛り上がりそうな展開なのに全然盛り上がらないところがまた最終(略)

・いつわりびと空
「城が…!!
 天井に逆さまになって…!!」

見上げた闇の中に白く浮かぶ城の屋根、

……があるんだろうけど、印刷悪すぎて裏側のページが透けまくりだったよ!!>うちのサンデー

なので、驚きもなんもなかったっす……。

うーん。なんだろう。
他のページのベタはちゃんと透けずに黒く出てるのに、このページだけ残念なことになってた……。

・金剛番長
卑怯番長の弟妹たちが全滅……?

これは……えっと、その、『金剛番長』だし……ううん、しかし、あるいは……。

うーん。ここは素直に、

待て! 次号っ!

っすか。

ううっ、気になる。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年サンデー感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2009/11/27(金) 22:46:10|
  2. 雑誌感想(2009年以前分)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

守美子ママですが

たしかに存在感ありますがあまりいいキャラっぽくないですよね。
なんかそれこそ妖っぽくも見えなくもないような。
それにお役目だとかなんだとか爺様もまだなにか隠し事があるような気もしますね。
それにしてもここへきて一気に核心に近づいてきたような動き。
これってやはり恐れてい最終話へのカウントダウン?
まだまだ続いてほしいんだけどなあ。
ところで時音が良守の母のことを守美子さんって呼ぶの、なんか違和感ありませんか?
やはりおばさんとか呼ぶべきではないのでしょうか。(将来はお義母さんとも呼ばなければならないかもしれないのに)
たぶん?彼女から見て時音はあまりよい印象をもたれてないのではとも思えますけど。
  1. 2009/11/28(土) 19:45:39 |
  2. URL |
  3. うめ #JalddpaA
  4. [ 編集]

目つきが悪いというか、妖しいですよねえ。

烏森のこと、裏会のこと、どっちも核心は明かされたっぽいんで、最終回が近くても不思議はないですが、反面、カケルとか七郎ん家の守り神(?)とか思わせぶりなキャラもいるんでまだまだ続いたりするのかなーと。

ただ、展開としてここからもう一段階裏があったりしてもだれそうで怖いです。
個人的にはこののままラストまで突っ走って欲しいかなと。
話的には終わりが見えても、連載的には描写の密度の問題でまだまだ続くでしょうし。

>ところで時音が良守の母のことを守美子さんって呼ぶの、なんか違和感ありませんか?

言われてみれば!
でも、自分的には違和感なかったです(笑

やっぱ、墨村母が若く見えるからですかねー。

あと、人を食ったようなキャラだし、本人が守美子さんと呼びなさいと言ったのかもしれませんね。
あんま、おばさんと呼ばれて傷つくタイプにも見えませんが……。
  1. 2009/12/01(火) 01:59:50 |
  2. URL |
  3. 管理人 #vXS7V6eU
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/717-12298416
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad