流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年ジャンプ 3・4合併号

むぅ。歯茎が痛いっす。

熱が出たとき、24時間ちびちびポカリスエットを飲んでたのが悪かったんだろーかー。
歯を磨いたあとにも飲んでたし。

さらには頭痛もしてきて、歯茎が痛いのか頭が痛いのかわからなくなってきたっすよ。

結局、バファリン飲んで頭痛はおさまり歯茎の痛みもいまはマシになりました-。

しっかし、最近身体の不調が続くなぁー。


・表紙
『連載10周年記念イヤー特別企画』ってことで、今週の表紙+巻頭カラーは『ナルト』っした。

でもって、表紙の、にかっと笑うナルトにいらっとしました。

これはあれっすか。
前にあった“ラーメンを食べるナルト”の第2弾ですか?

あれもナルトの表情にいらっとし(略)


でも、今回はいらっだけでは終わりませんでした。あ、いい意味で。

ナルトの後ろに読者応募のナルト・コスプレした子供たちの写真がずらりと並べられてるんすが、これはいい企画だなーと。

自分がいつも読んでる雑誌の表紙に写真が載るなんて、子供読者にはたまらないんじゃないんでしょうか。



・ナルト
『な…何? あの右腕?
 写輪眼がいくつも… キモイ…!』

香燐の率直すぎる感想にふいた。

めさめさ気持ちはわかるけど、空気読めよっ。


「イタチめ…
 死に際に…全て喋りおったか…」

真相はそうじゃなくて、マダラが喋ったんですよね、たしか。

兄としても、忍としてもほんっとーに優秀だったんだなぁ……>イタチ

回想の中のイタチの笑顔見てたら、また泣けてきたっすよ。


「そうだな 次は眼で語る戦いにしよう」

「え!?」

殺したように見えたのは、幻術でしたっと。


あああああ……。幻術使いVS幻術使い、か。
心が折れそうになるくらい、めんどくさいバトルになりそうな予感が…………!!

それは幻だ!
それは幻だ!
それは幻だ!
それは幻だ!

決着ついたらメールして……。

・べるぜバブ
『魔界編』に突入?

いろいろテンポのいいギャグで笑わせてもらったっす。

でも、あまりの急展開っぷりにちょっとついていけない感覚もあったり。

いあ、だってこの前まで学校で乱闘したり邦枝と急接近したりしてたのに、いきなり『魔界編』て!

せいぜい校舎が壊れたことで、近所の高校に転校→新たな出会いがっ! くらいの流れだと思ってましたよ。
よもや、魔界でアランドロンの娘を捜すことになろうとは。

しかし、まぁ、これでいまいち影の薄かったラミアにスポットライトが当たるのかな?

男鹿+今市+ラミアってパーティはなかなか楽しみな人選っすよ。


って、実はベル坊もけっこう影が薄い気がするなぁ……。

・ワンピース
一気に海賊不利の状況に傾きましたよっと。

その一方で、バギーがまさかの復活を果たしたり、ルフィが『テンション・ホルモン』追加で雄叫びを上げたりと前振り振るだけ振って、あとは来年のお楽しみって!

なんて意地悪をするんだ……っ!>作者

って、この大決戦の途中ならどこで切られても意地悪って言ってしまいますね。いあ、ほんと。


「オヤジが……弟が……!!
 仲間達が……!!
 血を流して倒れて行くのに……!!!
 おれは嬉しくて……!!!
 涙が止まらねェ」

『おれは……… 生まれてきてもよかったのかな…』と聞くような子供だったエースがついに掴んだ、己の価値。


ああ……! 惜しい!
泣きたくなる場面なんだけど、泣けないっす。
足りない、燃料が足りないよ!

もっとエースの子供時代やらなんやらを振り返ってくれていれば……!

心に響いたんだろうなぁ。
残念っす。泣きたかったぁ!

・トリコ
だからなんで小松はあんなとっつぁん坊やなんだろう。

なんでやってることは間違いなくヒロインなのに、外見その他はとっつぁ(略)

女キャラがほとんど出てこないマンガだし、トリコと小松の男と男の信頼と友情、みたいな関係が絵柄や話の雰囲気にも合ってるのかもしれないけど、うーん、うーん、うーん。



……うーん。

・ぬらりひょんの孫
「痛いけど ガーマーンー!!」

「こいつ しゃべれんのかよ!?」


「ギャアアア 痛いーーーーーー!!」

実は妖怪だった宝船。


うっ、なんか宝船がかわいそうでいたたまれない気持ちになったっす。

みんなと同じ妖怪なのにそれと認識してもらえてなかったところとか、あくまで“道具”として見られてるっぽいところとか…………どうみても重傷でもしかしたら致命傷を負ってそうなところとか。

が、がんばれっ! 宝船っ!

・ブリーチ
刀剣解放(レスレクシオン)して目が見えるようになった東仙とその東仙をぶっ刺した檜佐木。


えーと?
目が見えるようになってはしゃいでるってことは、これが初めての刀剣解放(レスレクシオン)なのか>東仙

……あらかじめ練習していれば、檜佐木に遅れをとらなかったんじゃあ。

・ねこわっぱ!
また新キャラがっ。

しかも、またもや女キャラ!

つーか、キツネが男キャラでタヌキが女キャラなのかー。

まぁ、どっちにしろ、尻尾には興味がなさそうっすね>作者
あとケモノ耳にも。

でもって、今度の神使は下半身まるだしっす。

動物だからいい、のか?
どう見ても大人っぽいっすがががが。

いぬまるくん、ベル坊、今回のタヌキ神使たちとどんどん増えていくな、まるだしキャラ。

・宇宙のSPARROW
読み切り。作者は『高橋一郎』。

あらすじは、

主人公は目立つことを極度に怖れる高校生・椿龍太。
ある朝、龍太は宇宙人の運転する車にはねられる。死を悟った龍太に宇宙人は「俺の命をキミにやるコトにする」と言い、龍太は甦る。----イヤでも目立つスーパーパワーをもって。

ってなアクション・コメディマンガ。


ベタなのにすげーーーーーっ、テンポ悪いな!

って思いました。

車にはねられるまでに3ページも使ってるし、クラスのマドンナと変人ヒロインが出てくるのも遅いし、テーマの1つっぽい“ヒーローになる”イベントもかなり後半で起きるし。

正直、テンポの悪さのせいであんまり面白くない……、


と1回目読んだときは思ったんすが、あらためて読み直してみるとわりと面白かったっす。

キャラの掛け合いが楽しいし、テンポが悪いと感じたイベントの並びも先がわかってると前振りだと理解できて気にならなかったっす。

でも、ページ数のわりに話が薄いとも思うし、銀行強盗と遭遇してから心変わりするまでが長すぎると思うし、そのきっかけが“学級候補に立候補するヤツ”についての体験談ってしょぼいつーか説得力がないなと思ったっす。

あと、

『ここで何もしなかったら俺は…
 俺の人間性は本質的に…
 朝緒以下ってコトになるぞ!!』

って発言はゲスだと思う。

“誰々以下”って言ってる時点でダメだろと。
他人と比べて優れてるとか劣ってるとか、そういうものじゃないだろと。

あとあと、強盗犯たちの乗った車を高架道路から落下させるって、殺人じゃね、それ?

彼らは犯罪者だけど、私刑は感心しないっすよ。
そこは拘束してお上に引き渡すくらいでいいんじゃないかなーと。

でも、ラストのお約束は楽しかったっす。

本当に『銀星人』だった変人ヒロインと図らずも結婚してしまう主人公、

美しいオチだなぁー。

・賢い犬リリエンタール
まぁ、あれだ。
イモムシは貴重な動物性タンパクらしいっすよ、地域によっては。

でもって、イモムシって美味しいらしいっすよ!


…………だめだ。フォローしきれねえ。
カブトムシの幼虫食べたら、そら引くわっ>てつこ

でも、魚を生で食べる民族もたいがいっすよね、地域によっては。

いまでこそ、世界中に広まってるみたいっすが。

そのうち、昆虫食も日本で一般化……しなくていいです。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2009/12/23(水) 02:45:22|
  2. 少年ジャンプ感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/730-de292787
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad