流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:エレメンタルジェレイド(紅)最終回

ちょっと長くなりすぎたんで、独立させました~。

以下、『月刊コミックブレイド』2月号より『エレメンタルジェレイド(紅)』最終回の感想です。

ネタバレ満載につき、コミックス派の方はお気をつけを。



・エレメンタルジェレイド
今月は表紙+巻頭カラー+巻頭見開きカラー+巻頭掲載と、8年間の長期連載・創刊号からの完走に相応しいプッシュっぶりっした。

で、本編。





オチてねぇぇぇぇぇえええええっっ!!


8年続けてこの終わり方ってなによっ!


と思ったっす。



いあ、ほんとなに?

なんでこんなことになってんすか。


「だがお前のおかげで思い出せた!
 戦う事の楽しさをな!!!」
と敵。

「あははッ!!
 レン!! オレ達ってすっげーよな!!」

「だってよ!
 ずっと二人で戦って エディルガーデンまで来ちゃったし あんなすげーヤツと互角にやりあってんだぜ!!」
とクー。

「やだ… もうっ
 あのヒトたち… こんな 状況下だっていうのに
 たのしそーに笑ってるなんて」
とシスカ。

あのヒトたち=敵とクー


えーと。

なんでそんなケンカバカみたいになっちゃってるんすかっ>クー


そ、そんなキャラだったっけ?

バカは確かにバカだったけどさっ。


「ずっと二人で戦って」って、主に戦ってたのシスカとローウェンとキーアじゃね?

つーか、一応、『ラサティ編』あたりからクーも戦いだしたと思うけど、それでも「ずっと二人で」じゃ、二人きりでここまで旅してきたみたいだよ!

ここにいられるのは、シスカたちやレッドリンクスの仲間たち、飛行艇乗りのおっちゃんや、そんなみんなのおかげじゃないのん?


でもって、

「バーグレット指揮官がこの空中要塞を支えている各支柱を爆破しました!!!」

その爆破に巻き込まれて、クーとレンが絶体絶命のピンチて!

間抜けすぎるよ!


しかも、

『私達の居る天楼(インゼル)が降下している!!!
 このままじゃ都市(ドーム)にいる人達が…!!!』

ただのテロリストじゃねーかぁぁぁぁっ!!>バーグレット


というか、そもそもっすね。
なんでバーグレットが空中要塞を墜落させたのかわかんないっすよ……。

結局、『七煌宝樹』がなんだったのか、なんであんなにもてはやされてるのか、なにがどうすごいのか、そこらへんのこともよくわかりませんでしたし……。


そして、やっぱり一番ひどいのが……、



バッドエンドってどういうことなんだよぉぉぉぉぉぉおおおおおおおおおおおおっっっ!? おぉぉぉぉ…… ぉぉぉぉぉ………… ぉぉぉ………………



いあ、本気でなんなんすか。
8年間続けてバッドエンドて!

しかも、仲間の起こした爆発に巻き込まれてって!


そんなのもうギャグだよっ!

それも、笑えないギャグだよっっ!!


はあはあ。


まー、落ち着いてっすね。あらためて、そこらへんの終盤を読み返してみたんですよ。

クーとレンの敵とのバトルとか、その中でささやきあう2人の姿や通じ合う想いとか。


『--二人なら どんな事だってできる--!!』

から強敵とのバトルで笑ってたと。

二人で力を合わせて、その全力を強敵にぶつけて、強敵もそれに応えて……。
一種清々しい気分だと。


なるほど。


バーグレットの爆発が起きて、空中要塞落下で強敵との戦いが中断されて。
クーとレン、手を取り合ってシスカの元へ。

でも、足下が崩れて二人落下と。

その“直前”のレンのモノローグがこれ、

『クーと一緒なら… 二人ならどんな事だって出来る
 どこへだって 行ける-----』

うおおおぉぉぉいいいっっ!!

なんでも出来るんちゃうかっ!

どこへだって行けるんちゃうんかぁぁぁぁっっ!!




ぜえぜえ。

つーか、落ちそうになりながらも、かろうじてクーがレンの手を掴んでるときさ。
『同契(リアクト)』すればよかったんじゃ?
そうすれば少なくとも、体勢は立て直せたんではー。

って、あれ? 向かい合わないとできないとか制約ありましたっけ?


まぁ、なんだ。
そんなつまらないツッコミはさておいて、冷静になって読むとここらへんの心の動きは面白いかもっす。


見ようによっては、

オレたちすげー!
   ↓
やっぱすごくありませんでした

ってギャグでしかないっすが、


心を一つにできたその直後に、今生の別れを余儀なくされる


って風にみれば悲劇だなーと。


レンの最後のセリフも、

「クー… いっぱいありがとう」

『あなたが 大好き…』

と胸にきますし。

最後の最後で言った言葉が、感謝と愛ってベタだけど、ベタだけど……それだけにぐっとくるなぁー。

そういう意味では、悪くない最終回だったのかもしれません。


でもって、その次の、都市(ドーム)を空中要塞の直撃から救った巨大な風の渦はレンの力ということでいいのかな?

あれこそが、伝説の『七煌宝樹』の力、と?

……誰とも『同契(リアクト)』してないっすががが。


あ。
いまさらバーグレットの爆破の意図を発見してしまいました。

ちゃんとシスカが、

「脱出工作です!!」

って言ってました。



テ(略)



というわけで、『エレメンタルジェレイド(紅)』最終回の感想終わりっ!

8年間の連載、そして創刊号からの完走、おつかれさまでした!!





もしかして、今回の最終回って『エレメンタルジェレイド(蒼)』を読んでたら、納得できたりするんすか?

あっちは連載が始まった当初1話か2話を読んだっきりなんすよね。

うーん。漫喫に行く機会があれば読んでみるかなぁ。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:マンガ - ジャンル:本・雑誌

  1. 2010/01/16(土) 02:00:45|
  2. 月刊コミックブレイド感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コメント

通りすがりに失礼。
私も納得できなくていろいろ調べてたんですが、どうやら蒼と関わりがあるみたいですね…。
まぁ2人が死んだ描写もありませんし、シスカ達が情報を掴んでるみたいな描写もありますし…希望を失わずに待ちましょう。
  1. 2010/03/08(月) 02:54:56 |
  2. URL |
  3. シャオ #-
  4. [ 編集]

情報ありがとうございます。

『エレメンタルジェレイド(蒼)』チェックしてみます。

しかし、8年続けて最後はスピンオフ(?)作品に投げるってどういうことなんだー

と思いつつもまだあれで終わりじゃないってのは嬉しくもあり……。
複雑な気分です(笑)
  1. 2010/03/09(火) 01:53:11 |
  2. URL |
  3. 管理人 #7auZhdRk
  4. [ 編集]

あれはスピンオフ作品ではなくきちんとした作品です
  1. 2012/12/26(水) 12:40:49 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集]

コメントありがとうございます。

なるほど。派生作品ではないよと。


  1. 2012/12/28(金) 02:18:54 |
  2. URL |
  3. 管理人 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/739-51038844
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad