流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年ジャンプ 14号

最近、やたら眠いっす。

朝も昼も夜も眠いっす。

前は夜1時なんて全然眠くもなんともなかったのに、最近は0時半を越えるともう眠くて眠くて……。

なんなんだろう?
何かの病気で体力が落ちてるってオチじゃなきゃいいんすががが。


・こち亀
連載『1650回突破&銅像8体一気に完成記念巻頭カラー!!』ってことで、表紙+巻頭カラー。


『こち亀』が表紙や巻頭カラーを飾るのはなにげに珍しいよーな。

つーか、飾るたびに珍しいって書いてるよーな……>自分


それはさておき、今回ただ東京スカイツリーの現状をしゃべりたかっただけなよーな。

って、それはいつものことか。

そういうわけで、東京スカイツリーのレポートマンガとして面白く読ませてもらいました!



・ワンピース
ああああ、エースに続いて白ひげまでもが……!!

海軍はこの決戦で白ひげと“未来の海賊王”エースを討ち取った代わりに、黒ひげに『インペルダウンLEVEL6』の死刑囚たちを仲間につけさせその台頭を許したと~。

うーん。海軍的にはプラマイゼロどころか収支マイナスになってしまった感が。

白ひげ海賊団は統制が効いてるイメージがあったけど、黒ひげ海賊団は……これメンバーだけ見てもすでにカオスっていうか凶悪犯の集団すぎるっすよ。


「あんなデカイ生物は他にはいない…!!
 海賊『巨大戦艦サンファン・ウルフ』!!!」

オーズJr.よりデカイとー?

と思って、先々週の『ワンピース』を見てみたっす。
ちょうど海軍本部の城と広場の遠景が載っていたので。

オーズJr.のせいで広場の隔壁が完成しなかったってことは、オーズJr.は隔壁1枚分の横幅と。

で、サンファン・ウルフは、かがんでるのかどうかはっきりしないけど、海軍本部の石垣を越えるくらい背丈があると。

うーん。サンファン・ウルフはオーズJr.の2倍くらい?
ともかくオーズJr.よりデカそうっすね。


オーズJr.もそうだけど、こういう奴らはどうやって海を渡ってるんだろ。
さすがに海底に足がつくほどにはデカくないと思うし、かといって乗れる船があるとも思えないし……。

って、いま気づいたけど、オーズJr.って隔壁の上に寝転がってたわけじゃないのかな。
足だけ隔壁にかかってて、手をのばしたら処刑台まで届きそう、ってんならサンファン・ウルフとそんなに変わらないかもしれない。


「おれの前では“能力”は全て無駄!!!」

「…………」

「!!! オ… ゴワァアア!!!」

“能力無効化”能力持ちの黒ひげをナギナタで斬る白ひげ。


勝ち誇る黒ひげに対する白ひげの“「…………」”ってな間に笑った。

もしかして黒ひげってゾロとかミホークなんかの、能力なしで遠距離攻撃できる相手にはめさめさ弱いのではー。
ミホークなんて遠くの、凍った津波を切り飛ばすくらいの長距離対応剣士ですし。


それはさておき、今回白ひげが死んでしまったわけですがー。
実は、いまいち、こう、胸に響かなかったっす。

エースの回想シーンでも思ったけど、やっぱ秘めた想いや背景の描写が数ページだけでは泣きたくても泣けないかなーと。
重要キャラなんだし、1話や2話、回想に割いてくれてもかまわないのに!

でも、実際それをやられたら遅々として話が進まなくてイライラしたりするんすかねー……。


あと、扉絵のブルックに笑ったっす。

Tシャツに"メタボ"って!
一番縁遠いよ、ブルック!

・ナルト
なぜかいきなり、真っ白な心象世界(?)でナルトとサスケが対談開始っ。

そこはジャンプマンガらしく、拳を交えながら対談して欲しかった気が。


『サスケ…ウチが回復させたとはいえ…
 これ以上は……
 イヤ…もういいんだ…
 サスケの事は…』

ああ、まだ揺れてる部分が残ってるとはいえ、香燐の心がサスケから離れてしまったっすよ。

どうせならまだまだサスケに心囚われていて欲しかった気も……するし、これでよかった気もする。

まぁ、香燐は男で破滅するタイプではなかっ……、いあ、十分破滅してるのか。
国際指名手配の一味に入るわ、殺されかけるわー。

・銀魂
笑いが……笑いが少ないよぅ。

よもやここまで本格的な抗争劇になるとは思わなかったっす。

・ブリーチ
ワンダーワイスを圧倒する山本隊長。

戦うじじいはかっこいいなー。

でも、全部おじいちゃんの夢でした、とか言われたらどうしよう……。

結局、それがあるから幻術持ちのボスはイヤなんだよー。

・詭弁学派、四ッ谷先輩の怪談。
第2話。

む、む、む。
第2話にしてどーんとクオリティが下がったような気が……しないでもないでもない。
前回みたいな決めシーン、つーか“恐怖”シーンもないですし。

って、今回の話は前後編みたいなんで“恐怖”シーンがないのはしかたないのか。

それはさておき、うーん。
このマンガ、読んでてなーんか違和感というか何かが噛み合ってないような感触がが。

『三人も犠牲者を出したこの事件の 犯人を追いつめたのは四ッ谷先輩の“怪談”だった』

うーん。たしかに追いつめた、追いつめたっすね。


精神的に。


ここらへんが違和感の正体なのかなぁと。
前回の話で言えば、別に怪談で犯人を追いつめる必要なかったっすよね?

冷蔵庫に被害者たちの遺体が入っていたし、さらわれた女の子が部屋の中にいた上に、犯人はこれまで使ってきたであろう凶器も所持していた。
警察に通報したらそれで済んだ話っすよね?

で、今回の話ではまだ怪談もしてないし事件も解決してないから、四ッ谷先輩の怪談が不必要とまでは言えないけど、うーん。

思うに、このマンガのコンセプトって、四ッ谷先輩とヒロインが怪談を使って事件の真相を暴き、犯人を追いつめるってものっすよね、きっと。
一種の探偵ものといいますか。

でも、現状、四ッ谷先輩は怪談を使わなくても犯人の目星ついてないっすか?

本人が言ってる通り、この人、ほんとに怪談で人を恐がらせたいだけなんじゃあ……。
たとえ、そのために被害者が増えたとしても。

と思えるくらい、怪談を広める行為と犯人探しが結びついてないよーな気がするですよー。

・リボーン
「体を固定している!!
 この一撃で決めるつもりなのだ!!」

「ツナもX BURNERで受けて立つ気だ!!」

ツナと白蘭、2人の必殺技が激突する!

「うぎゃあああ!!!」


はやっ!

白蘭燃えるのはやっ!

めさめさ笑ったっす。
仮にもボス対決なのに、白蘭の負けが決定するのはやすぎるだろっ。

しかも、そのあとに白蘭の回想って。

回想やるならやってから、「うぎゃあああ!!!」って……、「うぎゃあああ!!!」って入れてあげ……、

いあ! つーか! ラスボスが「うぎゃあああ!!!」ってそれはないだろ!

回想終わったあとにも、もう1回「うぎゃああ!!!」って叫んでるし!

ボスの貫禄も風格もなんもないよっ。なさすぎるよっ!

なんかもう、かわいそすぎるっすよ>白蘭

・トリコ
昆虫に全身を覆われてしまったトリコ。


てっきり、実はかわしていて昆虫が人型に群をなしているだけかと思ったら……、

「やっと… お近づきになれたな…
 トミーロッド…!!」

ちゃんと中にいたぁぁぁーー!


で、なんで無事だったかと言うと、

『コイツ体から虫が嫌う物質を発している…!!』

『グルメ細胞の自己防衛本能が働きやがったか!!』

便利だな! グルメ細胞っ!!

でもって、

『これは“フィトンチッド”--!!』

『※樹木などが発散する揮発性の物質。昆虫に対する殺虫作用がある』

とのこと。


うーん。その展開はどうなのかなぁ。
虫が嫌ったり死んだりする物質に身を覆われてたんなら、虫は逃げ出すんではー?

なんで人型になるくらいトリコの体を覆ったまま動かなかったんだ。

って、トミーロッドの攻撃命令とフィトンチッドの板挟みになったとか?
それで逃げ出しもせず攻撃もしなかったと。

うーん。どうなのかなぁ。
謎だ。


そして、一番どうなのかって思うのが、『グルメ細胞の自己防衛本能』っす。

これはさすがに便利すぎるだろうと。
そのとき、その場で、必要な物質を生成できるなんて。
“こんなこともあろうかと……”よりひどいよ。

・LOCK ON!
第3話。

このマンガの面白さがわかってきたかも!

どこまでもストレートな天然主人公とヒロインのツッコミが楽しかったっす!



中盤までは!

校舎裏での女子生徒から先生への告白シーン以降がっすねー。
ちと、個人的に受けつけなかったー。

なんでって、私は生徒に手を出す先生が嫌いだからだー!

まさに今回の主人公とは真逆の意見、真逆の価値観っす。

主人公の行動で、

「私は生徒に恋愛感情を持たない」

ってポリシーを曲げてしまった先生もイヤだ。

というわけで、今回は前半だけ面白かったっす。
価値観があっていればまるごと全部面白かったのかなぁ。

あと、

「スクープは俺のモノだ!」

って、被写体の許可無く写真は撮らないんじゃなかったっけ?>主人公

・ぬらりひょんの孫
ここにきてまた修行かー。

リクオ以外のメンバーは役立たずになりそうだなぁ>奴良組

・めだかボックス
前回、今回とちょっと面白いっす。

なんだろう、やっと“西尾維新節”に慣れてきたってことなのか?

まぁ、主人公とヒロインがまったく出てない回が面白いってのもアレっすががが。


「つまり きみの弱点は疲労だ
 きみは仮面ライダーじゃなくって ウルトラマンだったってわけだ!」

疲労を感じるためにあえて痛覚を残している、むしろ強化してるそうな。


それは正直、設計ミスなんじゃあ。
それこそウルトラマンみたいにタイマーつけとけばよかったのに。

・HUNTER×HUNTER
トラウマレベルのダメージ(見た小学生が)を負ったものの、死には至りませんでしたよっと>メルエム

でも、ユピーたちがいなければ死んでたからネテロの面目は立ったなと。


しかし、そうかー。効くんだ、人類の近代兵器。
これで人類の敗北はなくなった気がするなー。

正直、ちょっと残念っす。
メルエムはハンターだけが倒せる、人類史上最悪の天敵であって欲しかった。

・保健室の死神
今回から藤の実家のお話。
前後編?

一話完結スタイルをやめて、エロもなし、病魔登場もなし。

どうなのかなー。掲載順位、後ろから3番目って状況でそれは賭けの気もするけど……ともかく踏みとどまって欲しいなぁ。


あ、話的には普通というか、やっぱこれまでの一話完結スタイルと比べると面白さ半減かなぁ……って…………。

とりあえず、ギミックいっぱいの家に住んでる藤は同じくギミックいっぱいの勉強部屋をもってる本好と仲良くなれると思う。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2010/03/10(水) 01:43:04|
  2. 少年ジャンプ感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

コメント

個人的な感想なんですが。

社会人を何年かやると分かるんですが。
警察が捕まえたからって、それで解決って訳では無いんですよね。
警察は捕まえて取り調べるだけ。
あとは裁判やって刑務所に入る訳ですが。
日本の場合は完全終身刑は無いですので、死刑以外だと無期懲役でも最大20年で出てくる訳です。
だから、その犯人に反省や後悔が無い場合、出てきたらまた同じ犯罪を再犯するケースが多くて、いまそれ社会大問題になってるんですよ。性犯罪の再犯率なんか、50%ですよ?(汗)

だから、犯人の心にトラウマ残して同じ犯罪をさせないのは、個人的には、アリだと思いました。


  1. 2010/03/15(月) 07:53:42 |
  2. URL |
  3. てんもん #-
  4. [ 編集]

追加。

アリに人類の街中に紛れ込まれたら、近代兵器使えないので、ハンターはまだ有効だと思いました。
ネテロ会長も、だから人が居ない荒野に誘い出した訳ですし。
  1. 2010/03/15(月) 08:01:54 |
  2. URL |
  3. てんもん #-
  4. [ 編集]

コメントありがとうございます

おひさしぶりです、てんもんさん。


なるほど。推理ものではなく、必殺仕事人ものと。

たしかにお仕置きとしてはめちゃくちゃ効いてますね(笑)


ハンターは現時点では有効だと私も思います。
まずネテロが自分の力で王を倒そうとしたのも納得がいきますし。

いきなり核兵器使うより穏便に(?)暗殺できたらそっちの方がいいわけで。

ただ、これから状況がどんどん悪化して人類側の負けが見えてきたとき、核兵器が効くなら人類が完全敗北することはないだろうなと、そう思ったんです。

もうひたすら核を撃ち込めば済みますからね。
人類側の被害なんて気にしない、死なばもろともっすよー。

それで人類の負けはなくなったと書いたんです。
  1. 2010/03/17(水) 00:50:41 |
  2. URL |
  3. 管理人 #7auZhdRk
  4. [ 編集]

あ、あいさつまだでした、すみません。
お久しぶりです(^^ゞ

なるほど。
確かに、人道とか関係無くその地域の人間ごと消滅させるなら、人類としての負けは無いですね
ただ…本気で隠れられたら、人類とアリの区別つきますかね?
実際、人間のときの記憶残した奴が一人(一匹?)、逃亡中のうえ誰にも気付かれて無さそうなんですが……(元の自然主義団体代表の奴が)(作者が伏線ちゃんと忘れてなかったのが何週か前に分かって、逆に驚いた(^^;)
  1. 2010/03/18(木) 00:08:42 |
  2. URL |
  3. てんもん #-
  4. [ 編集]

あ、あいさつまだでした、すみません。
お久しぶりです(^^ゞ

なるほど。
確かに、人道とか関係無くその地域の人間ごと消滅させるなら、人類としての負けは無いですね
ただ…本気で隠れられたら、人類とアリの区別つきますかね?
実際、人間のときの記憶残した奴が一人(一匹?)、逃亡中のうえ誰にも気付かれて無さそうなんですが……(元の自然主義団体代表の奴が)
作者が伏線ちゃんと忘れてなかった上にアリ王編の先も続ける気がありそうなのが何週か前に分かって、逆に驚いたり(^^;)
  1. 2010/03/18(木) 00:09:56 |
  2. URL |
  3. てんもん #-
  4. [ 編集]

実は第1話から読んでるわけではないのでそこらへんはわからないんですが……人間社会に紛れて隠れてるアリは特に害がないんで放置するってのはどうでしょう(汗

そのうち、尻尾を出すというか人間に害をなすようになったら、それは人間の犯罪者と同じで痕跡から足がつくと思いますし。
そしたらハンターを派遣するなりして退治できるんじゃないでしょうか。
王と護衛軍以外のアリは別に核を使わなくても倒せるみたいですし。

>アリ王編の先も続ける気がありそうなのが何週か前に分かって、逆に驚いたり(^^;)

おお、そうなんすか!

でも、まずアリ王編がいつ終わるかがわからないっすねorz
休載しまくりだし……。
  1. 2010/03/19(金) 17:10:01 |
  2. URL |
  3. 管理人 #7auZhdRk
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/772-04cdbade
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad