流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年サンデー 21号

雨降り続きっすねー。

気温も上がらないし、いまだ冬とあんまりかわらない服装してますよ。


・表紙
今週の表紙+巻頭カラーページは『嵐』のグラビア+インタビューっした。


サンデーはたまに超メジャーなアイドルやら女優やらを引っ張ってくるよなーと。

でも、なんかこう、違和感が。
さすがに私も『嵐』くらいは知ってますし、ちゃんと全員揃ってるし、別におかしな写真もないと思うし…………うーん。



…………つーか、少年誌になんで男性アイドル?


違和感の正体がわかって、すっきりしたっす。

いあ、疑問はかわらず残りますががががが。

『少年ジャンプ』はわりと女性読者が多そうなイメージがあるけど、『サンデー』にそういうイメージはないなぁ。

本当のところはどうなんだろー。




・境界のRINNE
巻頭カラー。ただし、扉ページのみ。


「りんね様 買ってきました。
 スキャナーと依代人形」

「一番お高いビニール製です」

1000円なり。

最近のりんねは、前に比べて金銭感覚がグレードアップ(?)してる気がする。
前は4桁なんて夢の、もとい悪夢の数字だったんじゃないかなーと。

百葉箱ビジネスが思いのほか順調なのか。


「バナナ腐っちゃいますよ。
 冷蔵庫ないし」

バナナは冷蔵庫に入れると黒くなるという噂が……。

そして、バナナは腐りかけが一番うまいという噂も……。


・マギ
兄で現国王であるアブマドに謁見するアリババ。


「余は、第二十三代バルバッド王国・国王アブマド・サルージャ。
 下賊の者と語らう口を持たぬ」

おおっ、あのでしでし言ってたアブマドがなんか凛々しいよ?

体型はあいかわらずのぽっちゃりなのに、表情変えただけでちゃんと王様っぽく見えるのはさすがだなー>作者

でも、中身はかわらずゲスだなー>アブマド


・結界師
よもやカケルの過去編が始まるとは思わなかったっす。

前回ラストでちらっと姿を見せて、それでまたしばらく出番ないのかと思った。


で、今回の過去編は、うーん。
私の中で、ミチルの株が大暴落っす。

烏森襲撃のとき、ミチルは暴走しがちなカケルをおさえる役割で、敵サイドながら良心を持ち合わせてる感じでしたが、今回の話の中のミチルは……なぁーんか…………ただの、大量誘拐殺人犯にしか見えな……い。

しかも、

『この子がいれば、
 ずっとあたためていた 理論だけのまじないも完成できるかもしれない…?
 拾っておいてよかった---』

とか言っちゃってますし。


あかん、この人、だめ人間だー。

そういや、烏森襲撃のときも、“私はあまりに罪を犯しすぎた”とか言ってましたっけ。
あれは、そのまんまの意味だったと。


「女の子は選抜に参加できないの知ってるでしょう?」

お?

おお?

おおおおおぉぉぉぉぉっっ!

カケル、女の子だったのかぁーっ。

前回ラストなんてもう少年にしか見えなかったし、9割くらい男の子で結論だしかけてたっすよ。

でも、あれだな。
その事実を知っても、良守は「そうなのか」って言って普通に攻撃してきそうだなぁ。
そこらへんわりと容赦ないからなぁ……。


「俺は… 何度もお前を殺したしな」

壱号がツンデレに見えてきた。
そのうち、壱号の過去もやってくれないかなー。

つーか、8年前すでに『人形』として完成しているようだし、過去らしい過去はなかったりするかな……。


・オニデレ
連載100回記念でセンターカラー。

正とサヤのみならず、主要じゃない登場キャラたち含めて大集合ってなイラスト>扉カラー

ちびキャラかわえーっすね。

ただ、何人かどこで出たのか思い出せないキャラがいるのは秘密だ。


でもって、本編は正とサヤのなれそめ話っした。

「ファンシーすぎる?
 なるほど。
 …あ、小銭とかいります?
 いらない? なるほど~」

いかん、サヤ無言で正一人会話って構図が面白すぎる。

しかも、それをかぶせてくるとか!


「12月24日(クリスマス・イブ)に、この柵より高い雪ダルマ作ってくれよ」

と屋上でサヤ。


ああ、屋上の床からでいいのか>柵より高い
てっきり地面からなのかと。校舎ン階分+柵なのかと……。

どんだけ無茶言うんだよとか思ってしまったっすよ。


・ハヤテのごとく!
「これぞバブルの時に一世を風靡した…
 『いや~ん パパにマンション買ってもらっちゃった』作戦だよ!!」

「ちょうどオレたちが目をつけている金持ちの紳士がいて、そいつがまさにお前のようなルックスの女が大好きっぽいんだよ!!」


ク、クラウスさぁ~~~~んっ!


うん、ハヤテが女装完了した時点で読めました。
めっさ笑いました。

ナギがお屋敷を出ていくってことで、もうお別れかと思ってたら、むしろクラウスさんのターンの始まりだったとはっ。


・絶対可憐チルドレン
今回の扉絵は、澪たちパンドラ子供組のバベルコスプレっした。

この中で澪とパティは、コスプレじゃなくて本物のこの制服を着てた可能性があったんだよなーと。
そう考えるとしんみりしそうになるけど、パティの持つ紙袋で現実に引き戻されるよっ。

澪とカズラは超能力を披露してかっこつけてるのに、なんでパティだけ紙袋持参……?

※パティだからです。


「どうした? 反撃してみろ」

「お前は…… あとで必ず殺す!!」

とあざける『普通の人々』をにらんで澪。


勝ち気な澪のセリフだし、額面通りには受け取りたくないんだけど……『ノーマル』だから殺してOK、なパンドラメンバーだからなぁ>澪

微妙な気分になるっすよ、このセリフは。


・電脳遊戯クラブ
全編うん○ネタて!

つーか、あまりにあんまりな内容で、さすがに夢オチかと思ったら夢オチでさえないとかっ。

逆にいったい何があったんだと心配になってくるよ……。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年サンデー感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2010/04/23(金) 00:21:46|
  2. 少年サンデー感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/795-e450a92c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad