流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年ジャンプ 23号

GW終わったのにだれきってます。
書きたいネタ、書くべきネタ、時事ネタ、いろいろあるのに何も書けてないっす>エントリ

いかんなぁー。


・表紙
今週の表紙はコミックス累計発行1億冊突破記念で『ナルト』っした。


それはさておき、表紙の隅に載ってるトリコ。いつも同じイラストのよーな気が。
使い回ししすぎなんじゃあ。本編では隻腕なのにこのイラストには反映されてないし、微妙に絵柄も変わってる気がするっすよ。




・トリコ
巻頭カラー。

その巻頭カラー1ページ目は入浴シーン!

ただし、サニー(男)の……。

さらに次の見開きカラーはトリコと小松と与作(?)がででーんと大きく登場。

はい、全員男。全員成人。少年でさえないっ。

ああ……『トリコ』だなぁ…………。

って思ったっす。
ほんと、このマンガ、ヒロイン成分ないよね。


「『ドクターアロエ』という植物の葉だ
 1メートル数十万円する貴重で高価な包帯だぞ
 あとで治療費請求するね」

金とるのかよっ!>鉄平

いあ、まー。とられても仕方ないけどさ。実際、それで命が助かったんだし。

でも、全身ぐるぐる巻きにされてるチンピラーズは、ヘタしたら1人数千万円くらいいくんじゃあ……。


「“バタフライセラピー”…
 人や動物の弱っている部分や病気の箇所を見つけて止まる習性がある蝶だ」

癒しの象徴みたいに扱われてるけど、それ弱った獲物を狙って集まってきてるだけなよーな気がががが。
止まったところでケガや病気を治してくれるわけじゃないみたいだし。

ここが癒しの国『ライフ』じゃなかったら、死神蝶とか呼ばれてそうな気がする。


・ナルト
『おいビー
 遊んでんなら九尾のガキを見てやってもよかったんじゃねーか?』

八尾いいヤツだなー。

でも、ナルトに対しては、それは優しさじゃなくて甘やかしになってしまうかも。
だって今回も、

「だったら
 モトイのおっちゃんがオレのかわりにタコのオッサンに頼んでくれってばよ!
 修業のコツをさ!!」

とか言ってるしさ……。
ナルトはなんでいつもいつもそんなに偉そうなんだ。


あと、モトイのおっちゃんだけ『大友克洋』っぽいタッチで笑った。
「オレは… ビーさんを殺そうとした人間だ」のシーンとか『AKIRA』っぽくないっすか?


・ワンピース
エースとルフィの回想編、しばらく続きそうっすね。

やっぱこれはエースが死ぬ前にやって欲しかったなぁ。


そして、

「“鬼の子”だよ!!?
 万が一政府が嗅ぎ付けてみなよ
 あたしら一体どんな目にあうと思う!!?」

こんな連中にエース預けるから、あんなことに…………。
ガープに人を見る目がないのか、ガープに託したロジャーがそうなのかー。

まぁ、それくらいロジャーの息子・エースを育てるのは、社会的困難を伴うってことなのかもしれないけど、結果が結果だからなぁ。
ガープの責任はでかいんじゃないかなぁ。


・べるぜバブ
『六騎聖』の残り2人が出てきたり。

つーか、なんでこの人たち戦ってるんだっけ?

って、ああ、神崎の敵討ちだったり、三木の思惑があったりするんでしたっけ。

でもなー。なんかこー、釈然としないっす。
たんに作者がバトル展開やりたいだけに見えるといいますか。

今回でいったんバトル終了かと思ったらまだ続くみたいだし、それならそれでもっとこう、バトルに身が入る熱い動機を見せて欲しいなー。

正直、やられたのが神崎じゃこれといった感情はわかないっすよー。


・ぬらりひょんの孫
『なに言ってんの
 青は元々子供を守る妖怪じゃない』

清十字団を守るべく、青田坊立つ。


地味に熱いな!
ラストの変身シーンとか、和装の子供たちとの思い出とか。

子供たちとの思い出シーンなんて3コマしかないのに、なにやらドラマの予感がするっすよ!


あ、でも、できれば清十字団のメンツは眠らさないであげて欲しかった。
これでもう出番がない予感がががが。


・ブリーチ
藍染VS浦原喜助戦開始っと。

この2人の戦い、つーかセリフの応酬見てたら、あれ思い出したっす。
『リボーン』のツナVS白蘭戦。

ツナ「お前の力はこんなものか?
   まだ序の口だぞ」

白蘭「んはっ なら僕は序の序の口さ!!」

ってやつ。
「遅い」「遅い」言い合う藍染と浦原喜助から同じにおいがする。

つーか、同じ感想浮かびました。


子供かっ!


・サイレン
前回に引き続き、『根(ルート)』内部に侵入してきた『W.I.S.E』とのバトルバトルバトル。

むう。なんか燃えないなぁ。
消化試合って気がする。

カイルたちが負けるとも思えないからかなぁ。

あと、守ってるはずの民間人たちがいまいち出ないせいもあるかもっす。
出てもアシスタントが描いたっぽい、見知らぬモブキャラですし。
もっと見知った名のあるキャラ出そーぜー。


・リボーン
了平VS紅葉戦勃発。
ただし、『お勉強勝負』で。

「万が一プレートが割れてしまうようなことがあったら問題の強度不足としてオレの出題ミスだ
 今回の勝負は延期するしかねーな」

テスト用紙が超硬質セラミック……! 問題の強度不足……ッ!

ツッコミが追いつかんとはこのことかっ。


バカらしくて笑ったっす。
最後、お約束の友情が生まれてちょっと爽やかだし。
それがまた笑える。


・HUNTER×HUNTER
あかん、大人ゴンの目がつぶらすぎるというか、かわいすぎるというか、とにかくなんかもう見てるだけで笑けてくる!

あいかわらず、むっきむきのぱっつんぱっつんだし!

ふと気づけば、ピトーが首無し死体で、さらにそれが操られて動くってな悲惨な状態になってるのに、笑いが……!
大人ゴンの悲しげな眼差しがまたもう……!!




なんかごめん。
いろいろと。
誰も悪くない、悪くないんだよ。


・バクマン。
いまだ『シリアスな笑い』がよくわからんす。


それはさておき、

「一言で言えば……
 完全犯罪マンガ!」

サイシューの描くマンガが固まったようで。
完全犯罪と言うより、イタズラマンガって気が>内容

主人公たちの創意工夫は面白そうだけど、そうじゃなくて読んでて笑えるマンガになる予定なんすよねー。
うーん。よくわかんないっす。




『シリアスな笑い』、前回と今回の『HUNTER×HUNTER』…………は違う、よね?


・詭弁学派、四ッ谷先輩の怪談。
「もしも ダレカが 意図的に “事件を創っているのなら”
 俺がぜんぶ 怪談に創り変えてやる」

というわけで、新キャラは“語り”で事件を創るキャラっぽい。
四ッ谷先輩との“語り”バトルとー。

うーん。それでも基本的な話の展開はかわってないんすよね。
犯人が提示されて、凶行に走って、四ッ谷先輩と真が噂を流して……っていう。

でもって、犯人はやっぱり学校内の人物で。

もうこの学校は廃校にした方がいいんじゃあ。
少なくとも一時閉校にはなると思う……。
大学ならまだしも、中学校っすからね。通ってる子供たちのことを考えたら、一旦冷却期間をおくべきってなるんじゃないかなー。


まぁ、なんだ。
やっぱこれはテコ入れなんすかねー。
テコ入れ=バトル化ってのがジャンプらしいっつーか、末期的っつーか。

とりあえず、薄れてしまってるこのマンガへの興味がよみがえった、なんてことはなかったっす……。
まずその魅力のない犯人をどうにかして欲しいっ。


・保健室の死神
「こん中で病魔に罹った奴どれくらいいる」

「こいつ以外全員」

アシタバ以外みんな罹ってたのか。
ここにいない本好とか花巻もかかってるし、実はアシタバってすごい奴なのか?

まぁ、煩悩薄そうではあるなー。


・めだかボックス
うう、髪を下ろしたせいで喜界島書記がめだかに見えてしまう……。


あと、原作が小説家のマンガにこんなこと言うのもどうなのかと思わなくもないけど、ネームが多すぎてちょっとツライっす。

しかも、その内容が言葉遊び地味てるのがぶっちゃけめんど(略)

それが売りなのかもしれないっすが、個人的にはあんま合わないっぽいよ、ままん。


・リリエンタール
最終回。

ってか、最終回なのか!

と最後まで読んだとき、驚いたっす。
あと1話、あと1話、作者に与えてあげて欲しかったなぁぁぁっ!

今回で終わりってことで、ラスボスとの戦いが駆け足になっちゃってるし、後日談も少ないし、日野博士夫妻も出てこなかったし。

あと1話あれば、そこらへんだいぶ変わったんじゃないかなーと。
ここ何話か面白かっただけに残念っすよ。


「無駄かどうかはだいたい自分で決めるのが紳士…
 そしてチャンスというものは求める者にはほんの一瞬で十分なのですよ」

だいたいなのかよっ。

紳士はほんと、いいキャラだったなぁ。
今回に至っては笑わせながらも“求める者には一瞬で十分”とか、えらいかっこいいこと言ってるし。
もっと紳士とスーパー宇宙ねこを見たかった!

お疲れさまでした!>作者

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2010/05/12(水) 01:32:10|
  2. 少年ジャンプ感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

>サイレン
消化試合というのは確かにそんな感じですね。
いまいち地味でカタルシスもないですし。

まあカイルが強すぎるというのもあるかもしれないですね。
比較的「弱キャラ」のカブトやフレデリカだと割と緊迫感が出るかもしれません。

名のある民間人(非戦闘員)はエルモア、フブキ、イアンやヴァンくらいですからねえ。
既に奥に逃げ込んでいるでしょうし、彼らが登場するとしたらスカージがA区画に到達してからでしょうね。

もうウトリックルームで転送済みかもしれないですが。
  1. 2010/05/15(土) 18:22:48 |
  2. URL |
  3. 碓氷 #BbQ3bxgg
  4. [ 編集]

はじめまして

コメントありがとうございます。

そうそうカタルシスがないんですよね。
敵もぽっと出で、特段思い入れもありませんし。

私が名のある民間人で思いつくのは、アゲハ姉とその赤ちゃん、あとランの妹くらいですね。

>既に奥に逃げ込んでいるでしょうし、彼らが登場するとしたらスカージがA区画に到達してからでしょうね。

なるほど。ピンチがさらに高まってからと。

確かにいま出てこないのはそのためな気がしてきました(笑)
  1. 2010/05/16(日) 02:22:24 |
  2. URL |
  3. 管理人 #7auZhdRk
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/801-ef9da89d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad