流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年サンデー 24号

“驚くほど味長続きガム”『Stride(ストライド)』を買ったんすよー。
普段からガムをかみまくってるガム好きとして、この手の新製品はチェックしておきたいなと。

そしたら…………、

あっと言う間に味がなくなったよ!

いあ、よーく味わえば確かにほのかに味が続いてるんだけど、キャッチフレーズ的にもっとこう、かみ始めの濃い味がずっと続くのかなって……。

正直、期待はずれっした。
これだったら前から売ってる『クロレッツ』の方がいい……って、同じメーカーかよ!

ちなみに『クロレッツ』も味がほのかに、ずーーーーーーーーーーっと続きます。
2時間くらい。


・表紙
今週の表紙+巻頭カラーは『上戸彩』のグラビアっした。

あと、グラビアの後半に、

『ここからは仲良しのライター(♀)さんが彩ちゃんを掘り下げる!』

ってな、1ページのインタビューが。


わざわざ、仲良しとか、(♀)とか、うさんく(略)


それはさておき、去年はグラビアのカラーページにインタビューはなかったよーな(モノクロページにはあったっすね)。
インタビューってそんなプッシュするほど、需要あるのかなぁ。




・最上の明医
扉ページだけ巻頭カラー。

数学の問題でこっそり敵の人数を伝えた寒河江。

(よし、なら覚えてる数学の問題で…)

「最後に暗号みてえなコト言いやがって…
 伊達になんか伝えやがったな」


見破られてるし!

思いのほか、敵ヤンキーが頭よくて笑った。

つーか、機転を利かせてより状況が悪くなるって展開はちょっと新鮮っした。
普通、そこはきれいに決まる場面だと思う。

まぁ、人数伝えることには成功してるんで、完全な失敗ではないんだけれども。


「なんだコイツ~~
 顔にチンポの落書きしてあんぞ!」

巻頭掲載の回に、なんでそんなネタ。

しかも、およそ小学生受けしなさそうな造形のチ(略)ですし……。
せめてそこは象さんタイプにしよーよ。


『このコトがきっかけで、後に自分が“珍法の伊達”と恐れられるコトになるとは想像できなかったという』

ああ、このオチのためかー>チ(略)ネタ



一瞬、納得しかけた自分が恐い。

ひでぇオチだなっ!
伊達の不幸っぷりにちょっと笑ったけどっ。


・マギ
「アリババくんは情けなくなんかない!」

「怖いのをがまんして、今まで誰もできなかったことをやりに行ったんだ。
 勇気ある人なんだ!!」

うっ、ちょっと目頭が熱く。

シンプルだけど、いいっすねー。
強者じゃない者が恐怖に打ち勝ち、立ち上がることこそが“勇気”なんだと。

強者は立ち上がることに勇気なんていらないっすからね。いざとなれば、力でなんとかなりますし怖れる必要がない。


・結界師
あああ、ミチルの株がどんどん下がっていくなぁ。

逆に健気すぎて壱号の株が上がっていくっすよ。
最後には幸せになって欲しいなぁ、壱号……。

カケルは……横這い。わりと憎めないタイプかもです。
もとから不幸な境遇っぽいし、入れ込むミチルはもういないし、暴走するほど不幸になっていきそうだし。


「お兄ちゃん」

「ああ… 遙」

えーと、つまり、魂蔵持ちの妹(幼女)と共鳴者の兄(中身総帥)とー。

やっぱ総帥兄弟はバカとクズじゃなくて、クズとクズだと思うなー。
兄のふりして幼女な妹を手懐けるなんてぇぇぇぇぇぇ。

ねねねね妬みちゃうわっ。


・神のみぞ知るセカイ
おっと、意外とあっさり新キャラが姿を現したなーと。

前に出たとき露骨に影がかかってたし、もっと引っ張ってから派手に登場するのかと思ってたっすよ。

つーか、せっかくの新キャラ・新勢力なんだし、顔見せだけじゃなくて桂馬たちと接触してほしかったなー。


・怪体真書0
扉絵の桃がかわええっすね。

絶妙なアップ具合っすよ。


それはさておき、

「怪体真書第四十四項『鬼火蜘蛛』!!
 人に取り憑き、人の生気を吸いながら子供を育てる!
 生まれる子供の数は数百匹!!」

よく考えたらあれっすね。
母蜘蛛の目の前で、生まれる端から子蜘蛛皆殺しって外道だなーと。

いあ、まー相手は病魔なんだからしかたないんだけどさー…………。
ちょっと切なくなったっす。

逆に、患者一家の方には心が動かず。

「財産に目がくらんで、自分の母親一人幸せに出来んとは…情けない…」

それ以前にじいちゃん、あんたを殺そうとしてたよ!


「もう一度しつけのし直しだな…!」

10代・20代ならともかく、いい歳したおっさん・おばさんだし手遅れっぽいよ!


ほんとならじいちゃん復活→父の威厳で子供たち改心、という家族の愛エンドになるはずなんだろうけど、子供たちがワルすぎて丸く収まった気がしないっす。
もうちょっと子供たちにほめられるところがあったらなぁ。

あ、兄姉が蜘蛛病魔に捕まったとき、これで取り分が増える! とか言わなかったのはほめてもいいかもしれない。


・Tomorrows
「犯した罪の分も、死んだスゥの分も…
 仲間(オレたち)と生きて償うんだ フウマ……!!」

久々にこのマンガが面白いと思えました~。

あくまでフウマを憎まないアンアンの度量とか、この状況においてもスゥの遺体をいっしょに連れて行こうとする絆の深さとか、ぐっときたっすよ。

でも、フウマの胴体に大きな穴を空けといて、殺意はなかったっていうのもどうなんだと思わなくもない。
それ、普通死んでるだろ……。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年サンデー感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2010/05/14(金) 01:24:43|
  2. 少年サンデー感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/802-3140fb64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad