流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年サンデー 26号

体調不良続行中。

治ったり再発したり。

で、再発していつもの医者に行こうとしたときに限って、休診日だったり。
2日に1回しか夕診してないのツライっす>先生


・境界のRINNE
表紙+巻頭カラー。

どこか昭和の風薫るテイストとギャグの数々が高橋留美子だなーと。

でも、それが昨今のギャグマンガとは違う、独特の雰囲気を醸し出してて面白いっす。

サンデーを買って真っ先に読む! ってなタイプのマンガじゃないけど、載ってたら確実に読んでちゃんと楽しめる、そんな安定感があるマンガだと思います。



・結界師
引き続き、扇一族本山防衛戦。

七郎がすげーいい奴に見える。

いあ、うーん……?

もともと七郎はいい奴なの……か?

ちょっとかっこつけで女たらしで服装と二つ名が中二病なだけで。
扇一郎ズの殺し方もいたぶるような殺し方じゃなかった気がするし、“死神”業も扇一族の生業なんだろうし。

なんとなく、腹黒で残酷な性格をイケメンな容姿で隠してるってイメージだったんすが、あれー? そのイメージはどこからきたんだろ>自分

うーん。

あー、六郎からか?
六郎の口から語られる七郎は決して善人ではなかったよーな気が。

つーか、六郎、いまどこで何してるんだろー。
本家の危機を救って、一族内での地位を回復しないかな。

とか思ってたら、良守登場っと。

もう六郎の出る余地ないっすね……。


それはさておき、まじない師の開眼さんがあまりにいい人すぎてなんか笑ったっす。
有能だし弟子思いだし、最後まで真面目で誠実な人だった。

「不安でしたら… 我が弟子共、お斬り殺し下さい」の“不安でしたら”ってところに、できたら殺さないでねという弟子への気遣いが垣間見えるなーと。

自分の中で扇一族=悪の一族、みたいなイメージがありまして。
そこに雇われるくらいだし、見た目もどこかうさんくさいしで、悪人だったり肝心なところで逃げ出したりするような小悪党だったりするのかと思ったら、最後の最後まで尽くす尽くす。

そのギャップが妙におかしかったっす。


でもって、次回は共鳴者VS共鳴者の戦いっすかー。
盛り上がってきた……のか?


・神のみぞ知るセカイ
なんだかんだで『檜編』も長いっすね。
例によって例のごとく、今回あたりでさくっと片づくのかと思ったら、まだ続くみたいで。

でも、これぐらいの長さでちょうどいい気もしまっす。
いつも肝心の終盤が駆け足すぎだと思いますし。


・ケンイチ
「足手まといといえば宇喜田が、この間の刀にやられて以来、自分は足手まといなんじゃないかと悩んでたな~」

宇喜田は足手まといなんかじゃない!
やられ役なだ(略)

というか、気づくの遅すぎるだろう、宇喜田……。


「オーッ!! “ついうっかり”ニイジマ持ってきちゃったよ!!」

アパチャイのうっかりでニイジマだけ米軍基地突入作戦に参加っと。

逃げ足だけは達人級(自称)と言ってたし、案外、新白連合の中では一番足手まといにならないキャラだったりするのかもー。


・ハヤテのごとく!
「だったらときめきのプロに学べばいいじゃないですか!!」

『ときめきメモリアル』ネタがくるかと思ったら、こなかった!
因縁……もとい縁のあるゲームだし、くるかと思ったんだけどなぁ。


それはさておき、一緒に旅行まで行ってなにもなかったのか>薫先生と雪路

……ヘタレだな、薫先生。

そして、他のどんな条件よりときめきを優先するって、男で身を滅ぼすフラグなんじゃあ……>雪路
その前に酒で身を滅ぼ(略)


・絶対可憐チルドレン
「地震発生まであと5秒!!」

誰よりも強く皆本にしがみついてるティムに笑った。
しかも、結局揺れてないのに。

ああ、パティに見せてあげたかった……!


それはさておき、あれっすね。
このマンガはエスパーが災害救助や事件解決に駆り出されることが多いっすね。

いあ、普通少年マンガでエスパーものったら悪の組織と戦うケースが多いわけで。

そして、このマンガにも『パンドラ』や『黒い幽霊(ブラックファントム)』が存在してるわけで。

でも、災害救助の方が(?)多いと。
それだけエスパーが社会に根付いてるってことなのか。
そこらへんの薫達の立ち位置があらためて新鮮だったっすよ。


あと、

「火の元…! おナベの火をとめなきゃ----」

揺れてるときに火元に近寄ると危険だっ!
まずは落下物等からの身の安全を確保して、揺れが収まってから火の処理をするのが正解らしいよ?

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年サンデー感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2010/05/28(金) 00:31:13|
  2. 少年サンデー感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/809-263c99ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad