流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年ジャンプ 26号

今日は映画の日で通常、料金1800円のところが1000円の日っした。

で、見に行こうと思いつつ、ずるずる先送りにしてきた『劇場版トライガン』を今日こそ見に行こうと思ったんすが……、

レイトショーしかやってないよ!
レイトショーは毎日1200円だよ!

というわけで、行きませんでした。
差額200円なら休日前に行った方がいいかなーと。

今日はジャンプの感想書く日でしたしね。


・表紙
今週の表紙+巻頭カラーは連載6周年記念で『リボーン』っした。

巻頭見開きカラーには、ボンゴレ始め仲間やら敵やらの主要メンバーが登場っと。

で、ツナたちボンゴレ一派がツナギっぽかったりカジュアルだったりする服装をしてるなか、クローム髑髏だけミニスカ・ヘソだしなのに違和感がが。

いあ、クローム髑髏ってそんなお色気担当でもないよーな。

つーか、そもそも出番があんまりな(略)

個人的にはクローム髑髏にもカッコイイ系の服装をして欲しかったなー。




・「ONE PIECE」グラばこ
『「ワンピース・プレミアショー2010」いよいよ始動!!』
『ユニバーサル・スタジオ・ジャパンで新たなる物語が幕を開ける!!』

USJのアトラクションに麦わら海賊団の面々が出るようで。
ぶっちゃけコスプレ俳優なんすが、これちょっと見たいなぁー。
コスプレの出来がすげーいい感じっすよ。

というか、ブルック、骨のマスクにアフロて!
このショー、真夏に開催されるのに大丈夫なのかっ。

とか思ってたら、チョッパー、まんま着ぐるみだった。

ルフィとか他のメンバーは、だいたい半袖やノースリーブなのに……。
サンジがスーツでちょっと暑いかなー程度なのに。
同じ海賊団でもこの差は天国と地獄だろうなー。

そして、エースに至っては上半身裸だよ!

ってか、このタイミングで、マンガ本編であんなことになっちゃってるのにエース参加って!
嬉しいような悲しいような……複雑な気分だなぁ。


・リボーン
「どっ 同盟ファミリーがやられたって!?」

「どの死体も今までに見たことのないやられ方をしている」


ああ、『リボーン』はちゃんと人が死ぬマンガなんだなーと、いまさらながら思いました。

マフィアマンガでバトルマンガなんだからそれはそれでいいんすが、山本たちの態度がなー。
『伝説の殺人マフィア』がやられたってのにまったく動揺してないのはすげーよ。

それもまぁ、いままでのバトル経験と言えば納得がいかなくはないっすが、ただ、ただなーと。

ツナのために人が死んだ、ってのにまったく気にとめる様子がないのはどうなんだろう?

そこらへん、ちょっとは動揺して欲しかったっすよ。特にツナには。


「Ⅰ世がつくった初代ボンゴレファミリーは
 むやみに権力を広げる戦いはしなかった」

「変わったのはⅡ世からじゃ」


変わる早っ!

Ⅱ世はⅠ世が選んだんだろうしその偉業や活動を直に見てきたはずなのに、その志を継がなかったってのは正直、Ⅰ世の人徳が疑われるよーな気ががが。


・ワンピース
「--おれは… 貴族に生まれて恥ずかしい!!!」

『---とうとう子供にコレを言わせるのか…!!!
 ゴア王国!!』

「--しかしまだおれにはこの国を変えられる程の力がない…!!!」


ドラゴン登場っと。

ドラゴンて今回だけ見ると真っ当な(?)革命家って感じっすね。
いままで凶悪なテロリストだと思ってたよ。

ゴア王国は腐敗してて、本当に革命が必要とー。
革命が正しいかどうかはさておき、見直しました>ドラゴン
高い志があるんだなーと。


そして、

「ドラゴン…!!
 準備が出来ティブルわよっ!!!」

この口調は!

イワちゃん、この頃はまだ娑婆にいたんだなぁ……。
イワちゃんは別に死んだわけじゃないけど、それどころかぴんぴんしてるけど、このこみ上げてくる懐かしさはなんなんだ。


あと、

「…この町はゴミ山よりもイヤな匂いがする…!!!
 人間の腐ったイヤな匂いがする!!!」

って、セリフが上手いなぁーと思ったっす。
ゴミの腐敗よりもっとイヤなものは人の腐敗、か。


・ナルト
心の闇がなければ扉が開き、少しでもあれば首をかみちぎられる、ってな石像に首を突っ込むナルト。

「ぐぁああああ!!」

「そ…… そんな… なんてこった!!
 ナルト… お前!!」

「なんてね~~~!!
 スイッチがあるだけでした」


いまどきの子供たちは『ローマの休日』を知ってるんだろーか……。


・ぬらりひょんの孫
「最後のしあげだ リクオ…
 その業で私の畏を断ち切ってみろ」

天狗たちを撃退して終わりかと思いきや、そうくるとは思わなかったっす。
カッコイイなー>牛鬼

単に認めて終わるだけではないところが、さすがツンデ(略)


「虫妖怪どもは君のはり手一発で帰っていったようなものだ」


……。

…………。


ガレキの中にしょうけらの足が見えるよーな。
いわゆる犬神家状態といいますか。

肝心のボスが帰ってないよ!>虫妖怪ども

つーか、しょうけら、青田坊に一撃でやられたのかー。
いいのか、そんなんで。敵の幹部クラスっぽかったのに。

普通なら平然と立ち上がってここから第2ラウンドが始まるところだけど、もう朝が来たとかで完全終了な雰囲気だし、しょうけらこれで終わりなのかなー。

もしそうならこのあっさりさは新鮮っすね。


あと、今回の秋房兄ちゃんは妙にかわいいなー。
女の子みたいっすよ。


・べるぜバブ
ヒルダとアランドロンが転校してきて、どたばたと。

やっぱこのマンガはギャグ回の方が面白いっすね。
特に最近のバトルは戦う動機が不明瞭で、いまいち感情移入できませんでしたし。

今回、頭から尻尾までギャグが詰まってて楽しかったっす。


・少年疾駆
「ばーちゃん… 新しい物好きなのはいいけどよー」

という駄菓子屋のばあちゃんが買った物がこれ。

 ・液晶テレビ
 ・DVDプレーヤー






……微妙に古くない?

そこは3Dテレビとブルーレイじゃね。

いあ、ブルーレイもすでに微妙かもしれないっすががが。

うーん。『トルネ』とか?
トルネ自体は直接関係ないけど、PS3必須だからブルーレイ見られるし。


・ブリーチ
波状攻撃で藍染様ご自慢の崩玉スーツにヒビがっ。


うん。早く脱がしてやって、それ。
だって、それどう見ても全身タイ(略)

それ着てられちゃ、どうしても笑いが……!


・サイレン
ハルヒコだけ戦闘力低いよーな……。

あんまり修業しなかったのか?







いま脳裏をヤムチャがよぎ(略)


・メタリカメタリカ
そして、このマンガ読んでたら脳裏に悟空がよぎったっす。

なんか主人公のルカが悟空っぽいなーと。


それはさておき、序盤は面白かったものの、中盤~終盤はいまいちっした。

野盗がなぁ。

「見ろよこいつかなりの上玉だぜ!?
 楽しませてもらえそうだ ひゃはは」

とか、

「お前の行き先はメタルシティじゃねーよ
 人買い街の奴隷小屋ってとこだ!」

とか、笑えないなーと。
ベタでお約束の場面ではありますが、なんかこう、バットエンドしか思い浮かばないよ!

序盤のコメディシーンが楽しかっただけに、ちょいと気持ちが沈んでしまいましたー。
敵に襲われるにしても、もっと頭空っぽなギャグやコメディ調でやって欲しいなーと。

そんなこと思いましたー。


・トリコ
節乃が30年かかって作ったセンチュリースープを、たった半年で作り上げるとか、そんな天才キャラだったのか>小松

まー、確かに一流ホテルのシェフではありますが。

それにしても、この天才っぷりは。
小松が遠くへ行ってしまったみたいで寂しいっすよ。


でも。


ペリカンの口から出た液体とかペンギンのよだれとか、それゲテモノ料理だろっ!>小松版センチュリースープ

いくら美味しくてもその材料を知ってしまったら、ちょっとなぁ……。


・SKET DANCE
似たような名前のキャラたちがたくさん出てきて、どったんばったんと。

うーん。
面倒くさいっす。
ネーム多いっす。

あまりにややこしくて読むのも面倒で、楽しめるところまでいけませんでした……。


・HUNTER×HUNTER
今回のサブタイトルは『No.310.◆始動』っした。

でも、連載は今回でまた一時中断っていう。


やっぱ『SQ』で月1連載するか、『ネクスト』で季刊連載。いっそWeb連載とか、ともかくいまみたいな中途半端な連載形態はやめるべきじゃないかなー。

不健全っすよ、こんなの。


・めだかボックス
「みんなの中には お前もちゃんと入ってるんだから
 みんなを幸せにするためには まずはお前が幸せにならなきゃな」

めだか復活っと。

今回も目頭が熱くなってしまったっす。
人吉の主張自体はベタでありがちなんだけれども、むしろそのお約束がいいといいますか。

めだかと人吉の絆っつーか腐れ縁っつーか相互理解がすげーよかったっす。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2010/06/02(水) 02:06:39|
  2. 少年ジャンプ感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/811-23da17d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad