流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年ジャンプ 28号

ワールドカップ開催中。

選手の名前1人としてわからんような外国VS外国の試合でもついつい見てしまう。
サッカーはルールがわかりやすいから予備知識なくても面白いなー。


・表紙
今週の表紙+巻頭カラーは『ワンピース』っした。

表紙イラストは、

『てるてる坊主(サニー)に快晴(サニー)を願って!!』

ってことで、ライオン頭のてるてる坊主をもったルフィ。


サニー号も長らく出てないっすねー。
麦わら海賊団が再び集結するのはいつの日かー。

とか思ってたら、アニメ版ではいまその仲間たちの話をやってるみたいで。
前もやってましたが、そのときは大して内容のある話ではなかったっすね。

今回はそれなりに話がありそうだし、また見てみようかな。



・ワンピース
巻頭見開きカラーは、『不思議の国のアリス』のお茶会風?

ドーナツを頬張ってるブルックの姿に軽い衝撃を受けたり。
骨しかないのにちゃんと口の中にドーナツがおさまっとる!

それやっぱ、飲み込むと脊髄の中を下っていくんだろうか……。


それはさておき。


「漁船が撃たれた!!!」

「サボ!!!」


え? あれ?

サボ死亡?

にわかには信じられないんすが、ルフィたちはサボの死を完全に受け入れてるみたいに見えるっす。

しかも、来週は休載だし(?)、死亡確定ってことでいいのかな。

うーん。サボが死ぬとは思ってなかったなぁ。
だって、海軍本部でエースが死んだとき、いまわの際に「サボによろしくいっといてくれ」とか言ってませんでしたっけ?


……念のためググった。

ぐふー。
「サボによろしく」じゃなくて、「ダダンによろしく」だったみたい…………。

完っ全にっ! 勘違いしてた!

むしろサボ死亡フラグ立ちっ放しだったのか。
そうとは感じつつも、「よろしく」のセリフがあるからきっと生きてるんだろうなーとずっと思いこんでたっすよ。

う、うーん。アホな勘違いしてしまった。
あまりに強く思いこんでたから、今回の話を読んでもサボ生きてるのかと思って、“最後の手紙”にまったく心が動かされなかったっすよ……。
エースやルフィの大泣きにも。

あー。もったいないことをしてしまった……。
反省。


・ナルト
「長い髪を振り回し男の子を半殺しにする様からさらなる通り名が私に付けられた…
 赤い血潮のハバネロ!!」

ナルト母の通り名に笑った。

しかし、ハバネロかー。
いまとなっては懐かしい名前だなぁ。

でもって、『ナルト』の世界にハバネロって違和感がばりばりと。

って、『ナルト』の世界はなんでもありだったっけ。ラーメンあるしテレビあるし忍者が忍者じゃないし!


・トリコ
「小松!この“センチュリースープ”!!
 オレの『フルコース』に入れていいか?」

あったなー。そんなもの、とか思ってしまった>フルコース

第99話にしてまだ3つしか決まってないわけで。
お話全体を通しての最終目標みたいなものだから、さくさく決まらないのはしかたないとしても、このスローペースさはもうちょいなんとかならんかなぁ。


『食後のバカ顔が嫌で口をつけなかったサニーであった…』

センチュリースープ飲まなかったのか>サニー

食欲より美的感覚とー。
サニーらしいけど、食べれば食べるほど強くなるってなこのマンガでそれはすごいことな気もするっす。

私の中でサニーの株が上がりましたよっと。


・べるぜバブ
「出たぁぁぁあっ!!
 お約束のMK5瞬殺ぅぅつつ!!!」

もはや定番すぎてかませ犬の役割も果たせてない、っつーか何しにきたんだこの人たち。




ああ、やられにか。

ギャグとしても微妙だし、男鹿たちの実力のアピールとしても不発だったような気がしてならないっす。


・ブリーチ
「この“断界”は名前の通り
 現世からも尸魂界(ソウル・ソサエティ)からも時間と空間が断絶された場所だ」

精神と時の間?

とか思ったら、ほんとに修業し始めて笑ったっす。

時間と空間が断絶されてりゃ、もう修業するしかないよね! ね!


それはさておき、次回から舞台は空座町に。
懐かしい面々が出てきそうだけど、きれいさっぱり忘れ(略)

とりあえず、同級生にボーイッシュな空手娘がいたのは覚えてる。
あと、一護に妹が2人いたような。

織姫……は空座町には今いないだろうし、あと誰いたかなぁ。


・魔境旅行師グラム
読み切り。作者は『ムヒョ&ロージー』の『西義之』。

あらすじは、

異変によって『魔境』に変わってしまった世界。主人公グラムは『魔境』を旅し『安住の地』を探すのだった。

ってな、近未来冒険ファンタジー+バトルマンガ。


う、うーん。
仮にもジャンプ本誌で2本も連載をもったことのある中堅マンガ家が、こんな新人がよく描くようなテンプレマンガを出してくるとは思わなかったっす。
連載狙うとみんなこうなってしまうってことなのか……おそろしいところや、ジャンプ…………。

冒険の舞台として『魔境』、最終目的として『安住の地』、主人公特有の武器『ロープ』、バトルの相手として『異常生物』、連載を意識してるのはわかるけど、あんまりにもテンプレすぎるんじゃあ。

しかも、冒頭~序盤とか連載を意識するあまり読み切りとしては必要ない説明をぶち込んで、面白さを壊してしまってるよーな気がががが。

とまぁ、そんな邪推を頭から振り払えば、そこそこ面白かったっす。
主人公グラムのウザったいけど、根はいいヤツってキャラがわりと好感もてるよーなそうでもないよーな……。


・保健室の死神
え、えーと、ハデス先生の病魔が扉ページで解説されちゃってるんですがががが。

これまでハデス先生の病魔って詳細出てませんでしたよね?

そんな重要な秘密、扉ページでさらっと明かしてしまっていいのかよっ。
もっとちゃんと本編でドラマチックに明かされるべきなんじゃないのかなぁ。
もったいない。


・サイレン
「ブチかませ タツオ!!!」

ひ、飛龍がっ!!

唐突に出てきたなー、飛龍(とタツオと謎のおっちゃん)。

みんなに忘れられてたらどうしよう……。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2010/06/17(木) 01:09:17|
  2. 少年ジャンプ感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/821-4b337e47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad