流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年ジャンプ 30号

あああぁぁぁぁぁぁ。
日本のW杯バブルが終わった~~~っ。

……ぁぁぁああああ。
ああああああぁぁぁぁ。
ああああぁぁぁぁぁぁぁ。

でも、PK対決は時の運つーことで。
試合自体は互角も互角の戦いだったっすよ!

日本代表頑張った!


・表紙
今週の表紙は『バクマン。』っした。

ところで……『PCP 完全犯罪党』ってあんまかっこよくないよーな……。



・ブリーチ
巻頭カラー。

巻頭見開きカラーは、中央に巨大な双頭のワシ(?)と一護、その回りや奥に恋次やらルキアやら、なイラスト。


なんで恋次が一番アップ?
双頭のワシとなんか関係あるキャラなのかなー。

でもって、ルキアや一護はまだちゃんと顔がわかるサイズだからいいとして、もっと奥にいる織姫はなんでこんな豆粒サイズ?

そして、そのさらに奥の2人にいたっては誰かさえわかんないっす。

でも、1人はきっとチャドなんだろうな、他のメンツから推測するに。



うん、チャドはそのサイズでいい……かな…………。
全然活躍してないし……。

残り1人は誰なんだろ。
白哉あたり?


・ワンピース
時が流れてエース17歳。旅立ちのときですよっと。

あれ? エースがいつもの帽子かぶって旅立ってる。
あの帽子ってサボの形見じゃないのかな?
よく見ると形も違うし。


「もっと!!! 強くなりたい!!!」

「そしたら…何でも守れる
 誰もいなくならなくて済む……!!!」

と幼き日のルフィ。


うーん。ただただ即物的な力を求める態度に危うさを感じるなー。
どんなに強くなっても1人でできることには限界があるし、即物的な力だけが力じゃないと思うんだ。
海賊“王”を目指すなら、組織としての力や戦う前にやれることにも目を向けて欲しいなーと。


・バクマン。
「『KIYOSHI』はまとめに入っていい
 『レーサー』の連載ネームを描くんだ」

既存の連載を自主的に打ち切って、より人気の獲れるマンガに鞍替えっと。

こういうの見ると、マンガ家という職業はマンガという商品を作って売る家内手工業、って誰かがいっていたのを思い出すなー。
クリエイターというよりは職人といいますか。

福田に『KIYOSHI』への執着心がなくてちょっと寂しいっすよ。


それはさておき、

「秋名くんが新妻くんの描き直しが可能なところまで書き直したいと…」

「ラジャーです!」

即座に原稿を破り捨てるエイジがかっこいいな。
すげーエイジらしいよ!

原稿に対する愛は感じられないけど、面白さの追求っていうマンガ愛に溢れてるんだよ。きっと!


あと、ラストの、おじさんの墓に向かってアンケートをかざすサイコーの半ページ見開きがシュールだなー……。

『おじさんが獲りたかった
 おじさんが一度も獲れなかった
 「週刊少年ジャンプ」の読者アンケート 1位だ』

……のネームが吹き出しでもなく、四角囲みのナレーションでもなく、絵の上にこう、テンポよく打たれてるのがね……、なんかね……、ポエムみたいに見える…………。

墓に向かってポエムを読み上げる主人公……。

これが……、


シリアスな笑い……!



つーか、“シリアスな笑い”って言葉、汎用性高すぎる!
これからもいろんなシーンに使えそうっす。


あとあと、

「“北斗の拳”が大人気マンガの時は700票以上で1位だ」

って、やっぱ読者数自体がいまとは比べ物にならないくらい多かったんだろうなぁ。
これから先、日本の読者数が上向くことってあるんだろーか……。


・めだかボックス
『祝・連載1周年突破!!』記念で、見開きセンターカラー。

まだ1周年だったのか。もう3年くらい読んでる気がするっすよ。

しかし、1周年たったいま見事なバトルマンガになってるのが、笑えるよーな笑えないよーな……。


それはさておき、球磨川登場っと。

以前、めだかの回想シーンに出てたのとはずいぶんイメージが違うっすねー。
あのときは、最初から敗者でどーのとかいってたんでもっとこう、何の取り柄も特技もないような、影の薄いキャラなのかと思ってました。

今回見る限りでは、服やらキズやら一瞬で元通りにしたりして詐欺レベルの異能力者っすね。

それとも、これも『すがりつきたくなるような嘘』だったりするんだろーか。


ま、ま、ずっと引っ張ってきたキャラがせっかく出てきたんだし、ここはバトル路線じゃない対決展開を期待したいっす。


・ぬらりひょんの孫
土蜘蛛のジャンピング大開脚に笑った>見開き扉ページ(モノクロ)

テンションたけぇーなっ!


って、これあれか。
横向きで見るんじゃなくて、縦向きで見るのか。

縦で見るとシコを踏んでる姿に。

でも、横で見るとやっぱジャンピ(略)


・べるぜバブ
「なれなれしいんだよ
 てめぇなんざ知らねーつってんだろ」

と三木をボコる男鹿。


えーと?

これ、どんな真相があれば、『とんでもない逆恨み』になるんだ……?


はっ! 水戸黄門方式のニセ男鹿(略)


……まぁ、次回が楽しみっす。


・メタリカメタルカ
鋼探索士選抜試験開始っと。

前回ラストで『試験編』に突入したときは、もうトーナメントバトル? とか『ねこわっぱ!』? とか思って不安になったけど、始まってみれば意外と面白かったっす>今回

ルカ・ガトー・シノの3人パーティってのが楽しげっす。

でも、いまのところ主人公のルカが一番影が薄いよーな気もしないでもない……。
おおらかすぎて、流されっぱなしに見えるんすよね>ルカ
自己主張がないと言いますか。

いあ、鋼探索士になる、父ちゃんを越える! って最初から主張してるんだけど、大目的はあっても小目的とそれを達成させる具体的な策は他人に与えられっぱなしな気がするっすよ。

主人公なら主人公らしく、もうちょっと自分の意志と足で進路を決めて欲しいなぁ。


あと、シノはなんで鋼探索士目指さないんだろー。
単純に能力不足なのかな。


・KIBA&KIBA
読み切り。
原作は『アイシールド21』の『稲垣理一郎(いながき りいちろう)』、漫画(作画)は台湾出身の『彭傑(ボン ジェー)』。協力は『友善文創』。

あらすじは、

主人公はスラムの悪ガキ・牙。夢は大物になること。
ある日、賞金5億ゴールドの少女を見かけ、倒すつもりが逆に助けることに。

ってな、ファンタジー+バトルアクションマンガ。


面白かったっす。
作画担当が台湾出身の新人さんなんすが、それほどクセもなく言われなきゃわからない感じ。

というか、パッと見よくある画風なんで、むしろ日本人作家にはない個性が見たかった気もしないでもないっす。

話の方はどんでん返しもあって楽しかったです。
キャラも主人公は好感度高く、ヒロインはかわいいなーと。

でもって、ちゃんと黒幕を倒してるところもポイント高いっす。
最近のジャンプの読み切りは投げっぱなしエンドが多かったですし。

というわけで、面白い読み切りっした!


あ、ただあれだ。
主人公の“牙”すごい、ってのがなんかの伏線じゃなくキャラの外見的特徴で終わってしまったのはなんだかなーと思ったっす。


・黒子のバスケ
前からそうかな~と思ってたんだけど……、



誰が誰かわかんない……!>キャラ

出てくるの男ばっかだし、みんな体格いいし、髪型も似たようなもんだし……。

普段の試合シーンでは1チーム5人と少数だし、敵味方でユニフォームが違うしでわかってるつもりでいたんすが、日常シーンだとツライということに今回気づいたっす……。

ま、まぁ火神と黒子とキセキの世代がわかってればいい……のか?


・保健室の死神
「他人(ひと)から才能を奪うだけじゃなかった!
 奪った才能を『与える』こともできる」

うーん。でも、与えられるのは1回に1つだけ。
複数の才能を同時に与えることはできないんじゃあ、大して怖くない気がするなー。
特に、攻撃と防御で別の才能を使わなきゃいけないのはしんどいと思う。


・サイレン
エルモア逝く。

『---…
 心残りはある
 無念もある
 だが託してゆける』

このモノローグに胸があったかくなったっす。
一片の悔いもない人生もいいっすが、こういうのもいいなぁー。
子供たちを育てていたエルモアだからこその言葉っすね。


・LOCK ON!
最終回。

びっくりした!

……と言いたいとこっすが、事前にネットで知ってたんで驚きはなかったり>打ち切り

でも、知らなかったらびっくりしただろうなー。
ここまで低空飛行ながら軌道に乗ってる感もあったし、掲載順ががたがたになったのもここ数回のことっすよね。


まぁ、あれだ。
キャラのかけあいは面白かったです。

ただそれ以外がちょっと薄味というか、ひと味足りない感じっしたね。
感動シーンで感動できなかったり、主人公である真田の怒りに共感できなかったり。

大きな目的もなかったし、先が気になるような引きもなかったですし、そこらへん読んでて物足りなかったっす。


それはさておき、おつかれさまでした!>作者


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2010/06/30(水) 02:20:40|
  2. 少年ジャンプ感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/828-b8e89de8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad