流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年ジャンプ 32号

ちょっと身辺ごたつき中っす。

別にトラブったりはしてないんですが、『FF14』のβテストに当選したり、仕事の面で人生の岐路に立ったり。気ぜわしくて落ち着かないっす。

さてさて、どっちの道を選ぶのがいいのかなぁ。


・逢魔ケ刻動物園
新連載記念で表紙+巻頭カラー。

読み切りを経ての連載っと。

先週連載開始になった『SWOT』もそうでしたけど、読み切り版を覚えてるうちに連載が始まるとあれっすね。
ちょっと読んでて退屈っすね。

キャラはもちろん、設定も第1話としての話もそんな大して変わったりしてなくて新鮮さがないといいますか。
それだけ読み切り版の完成度が高かった……っつーより、単に読み切り版が第1話仕様なだけだよーなと。

で、まぁ、『逢魔ケ刻動物園』も最初読んだときは退屈だったんすが、あらためて2回目読んでみたら……あれ? 面白かったっす。

読み切り版とどうかわったんだろう? ってな妙な勘ぐりしなけりゃ、楽しめるってことなんだろうかー。
自分でも謎っす。



それにしても、このマンガ、主人公が女の子なんすね。
ジャンプマンガでそれはけっこう珍しいかも……って一瞬思ったけど、ウサギもとい園長の往復ビンタ見て『ネウロ』思い出した……。

女の子主人公と暴力パートナーってそんな相性がいいんだろーか。
この前終わった『詭弁学派、四ッ谷先輩の怪談。』もそんな感じだったし。
まぁ、あれは四ッ谷先輩が主人公でいい気がしますがが。

で、ウサギ園長はけっこう暴力激しいしわがままだけど、意外と印象悪くないっすね。
見た目ウサギだから?

いあ、見た目からして凶悪だけれどもっ。
絵柄そのものに愛嬌があるせいっすかねー。

そういや、このマンガの絵柄、どこかで見たことがあるような気が。

うーん。

『サムライうさぎ』にちょっと似てる……のか?

それか、あれだ。
『名探偵ホームズ』。犬アニメのやつ。



……主人公の顔の立体感がね、なんか通じるものがあるかなぁって。

ま、ま、それはさておき、かわいい絵柄っすね。それでいて、ちゃんと少年マンガっぽいなーと。

話の方にも少年マンガらしく(?)バトルシーンがちょろっとありますが、これくらいの量ならありかなと思えるっす。
別にバトルマンガ全否定ってわけじゃなく、異色動物園マンガでバトル! バトル! は異色過ぎだろと。

まぁ、動物バトルマンガにならないことを願ってます。
ジャンプ連載だけにありそうで怖い。

ってか、新連載始まるたびにバトル化怖いって書いてる気がするのは秘密だ!


・ワンピース
「嵐(シケ)!?
 “凪の帯(カームベルト)”に嵐はねェぞ!?
 -って事はそんな遠い海で遭難してずーっと泳いできたのか!?」

レイリーは能力者じゃないんだ。

ってか、あいかわらずこのマンガは非能力者も人間離れしてるなぁ。
これで泳ぎに特化した能力者でもいたら悲惨だな……って、能力者はみんなカナヅチだからその点では大丈夫か。


「私もまたルフィ引っぱりたーい」

トラファルガー・ローたちがもし上陸してたら大惨事に……。


「--ホラ 大切な帽子だろう…」

「ああ… ありがとう」

反応うすっ!>ルフィ

つーか、そういや前回、麦わら帽子なくなってることに対するリアクションなかったなー。
せっかくルフィから麦わら帽子引き離したんだから、もっとこう、でっかいイベント見てみたかった気がするっすよ。


・ナルト
子供時代のイタチかわいいな>ラスト

が、すでに目の下のシワつーか線は入ってるんだ。
もしかしてナルトの頬の3本線と同じく、産まれたときから入ってるのか?

……ゴルゴ顔の赤ん坊、か。
ちょっと見てみたくなったっす、生まれたてのイタチ。


・SWOT
第2話。

なんかこう、わりあい話がないなーって。

でも、それなりに面白いような気がするっす。
なんだかんだで、主役級3人のキャラは立ってるからなんすかね?


・ぬらりひょんの孫
羽衣狐の前にぬらりひょんが登場っと。

若い頃の姿だったり現在の老人の姿だったり、なにが起きてるんだ。

とりあえず、年齢とともに後頭部が伸びる様を見てみ(略)

それとも、若い頃も髪の毛をばっさりやると……?


・ブリーチ
ドン・観音寺懐かしすぎるっ!

正直、名前も容姿も覚えてなかったけど、こういうヤツいたことは覚えてる。

そして、ドン・観音寺、藍染相手に一歩も引かない、引けを取らない、男前だぜ!

こういうギャグっぽいシーンもありなのが『ブリーチ』のよさだよなーと。
それでいて、ギャグに巻き込まれない藍染もさすがっす。

まぁ、サナギ姿はギャグそのものだっ(略)


・トリコ
最強なジジイは素敵だと思うし好きだけれど、『HUNTER×HUNTER』のネテロとか『ワンピース』のレイリーとか最近のジャンプでちょっとありふれてきた気がしないでもない。


・べるぜバブ
なんかベル坊、いらない子と化してない?

男鹿が本気になればなるほど、力を貸しちゃいけない、協力プレーできないというジレンマ……>ベル坊


・保健室の死神
不動の中盤。

って言葉を思いついたっす。

いあ、最近ずーーーっと中ほどで固定されてるなと>掲載位置
もっと前の方でもいいんだよ?

と個人的には思ってるけど、今回の『占い師編』はハデス先生や生徒たちがピンチになったり、いろいろ起きたわりにあんま盛り上がらなかった気がするですよ。

占い師と操の親子愛(?)もいまいち心に響かずでした。


・こち亀
今回は、ヨウム(オウムの一種?)が落語したり日本語で会話したりするお話っした。

なんかちょっと怖かった。
荒唐無稽なのはいつものことだけど、ヨウムの高性能っぷりをギャグではなく、シリアスな雰囲気で『ヨウムはオウム類の中でも人の真似が上手だから』とか『知能も高いし』とかで説明しようとしてることに狂気を感じた……。

どんな知能の高い鳥でも、鳥の限界は越えられないよ!

鳥型ロボットとか鳥型宇宙人なら笑えたと思うんすけどね。


・めだかボックス
人吉母登場。
42歳、人妻。子持ち。

でも、見かけ小学生っと。

「え? 妹じゃないって…」

ここはベタに姉だよね!

と思ったら、母だった。


幼女ママか。新しいな……。

見事に一本取られましたよ。


・サイレン
「思えば その時から雨宮のことが好きだったのに
 どうしていつのまにか忘れてたんだろう…俺」

なにすごいことさらっと言ってんだ!>アゲハ

いあ、マジ、なんだこれ?

「アツアツじゃないですか」

とかいうレベルじゃないっすよ。
なに突然死亡フラグ級の告白してるんだっ。

もしかして、私が思っている以上にいま佳境なのか?
首都攻撃はラストダンジョン並のイベントだったりするのか?

よくよく考えれば飛龍も合流してるし、ほんと私が考えてるよりずっとゴールは近いのかなぁ……。

むぅ。まだまだ終わって欲しくないなぁ。


・メタリカメタルカ
後ろから3番目。

一気に落ちてしまったなーと。

個人的にはけっこう楽しめてるんすが、盛り上がってるとはひいき目で見ても言えないっす。

あと、シノの顔がだんだんルカと似てきたよーな気ががが。
2人ともどんぐりまなこがそっくりっすよ。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2010/07/14(水) 01:33:15|
  2. 少年ジャンプ感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/837-ded1c5da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad