流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年ジャンプ 34号

いいかげん、左上の『■旧FC2アクセス解析サービス終了のお知らせ』を消そうと頑張ったんだけど、消し方さっぱりわからんかったっす……。


・ナルト
劇場版公開直前記念で(?)表紙+巻頭カラー+折り込みポスター。

折り込みポスター、ナルト・ミナト・クシナの朝の食事の1コマなんすが、こんなキャッチコピーがついてます。

『うずまき家恒例 朝のドタバタ一幕!!』

せ、せつなー。

『恒例』もなにも本当はナルトが生まれた日に、ミナトとクシナはあんなことになっちゃってるわけで……。

せつなー。



・ブリーチ
『アフさん』ってアフロ死神のことか!

そういや、いましたねー。


でもって、そのアフさんの必殺技のセリフが、

「お早う!! 『土鯰』!!!」

で笑ったっす。

『お早う』て!
その発想はなかったわぁ。


あと、一護の同級生たちが続々登場したり。

どいつもこいつも見たことある気はするけど、正直どんなキャラだったかさっぱりっす。
そこらへんあれっすね。
直前に現代編やるとか、復習させて欲しかった気がするっす。
キャラがわかってないとピンチになっててもいまいち身が入らんですよ。

あとあと、ターミネーターばりに一護の同級生たちを追いかけ回す藍染さまは、女子高生を追いかけ回してる、と考えると途端に変態みた(略)


・ワンピース
引き続き『仲間たち編』。

ルフィの現在はまだ引っぱるのか。そろそろ教えて欲しいなぁ。
また1週休載とかありそうですし。


「その熱意に免じて… 麦わらボーイのその後の情報を…
 喋らなーい!!!
 ヒーーハ~~!!!」

「喋らねーのかよーっ!!
 一本取られたよーー!!」


そういや、あったな。こんなお約束。
いまとなっては懐かしいっすよ。
『インペルダウン編』からずいぶんいろんなことがあったなぁと。


「おれと“一騎打ち”をしろ!!!」

「いいよ」


で、イワちゃん相手にサンジ完敗と。
イワちゃん、つぇぇぇー。

もうちょっとサンジは戦えると思ってたけど、ほんと上には上がいるなぁ、このマンガ。

つーか、「いいよ」のときだけテンション普通なのに笑ったっす>イワちゃん


で、ふと思ったけど……ドラゴンもめさめさ強かったりするんだろーか。
あの強面で弱いってのもあれだけど、めさめさ戦えるってのもなんかちょっとギャグマンガっぽいよーな気がががが。

カリスマ指導者で組織のトップが肉弾戦めさ強いって、どんな世界観だよ!

って思ってしま……あ。

センゴク…………。



「おいバギー お前宛に政府から“伝書バット”だガネ」

「読むんじゃねェよ 先にっ!!!」


仲いいなっ!>バギーとMr.3

このコンビ好きだなー。
どんどん調子に乗ってくバギーと一向にその空気を読まないMr.3のやり取りが楽しいっす。
これからもちょくちょく登場して欲しいなー。


・リボーン
「今 シモンファミリーをわしの守護者が尾行している」

「尾行していたコヨーテ・ヌガーが シモンに感づかれ…
 返り討ちに遭いました!!」


9代目ぇ…………。
この間からいいとこなさすぎる。

仮にもボンゴレのボスなんだし、1回くらい相手を出し抜く場面があっても罰は当たらないと思う……。


「めったに姿を見せない仙人みたいなじーさんでな
 いつからボンゴレに仕えているかも謎なんだ
 Ⅰ世(プリーモ)の頃から仕えてるって噂もあるぐらいだ」

「今のままでは勝てん
 修復とともにVer.アップせねばの」


『Ver.アップ』て。
ナウいな、仙人。


・トリコ
「正当防衛だ 悪く思うなよ」

と『邪悪な豆の木』の首をちょんぱするトリコ。


首といっても本体は別にあるんだろうし、これは“殺したら食う、食わないなら殺さない”の誓いに反さないか、とか思ってたら、

その後、『ドリルバード』の群を殺しっぱなしにしてた……。


うーん。“誓い”の設定を忘れてるのか、緊急事態だからいいのか。

でも、緊急事態であっても守るからこそ“誓い”なのであって。うーん。


・逢魔ケ刻動物園
ハナの陰謀で園長とチーターが競争することに。

「園の内壁に沿ってグルリと一周 距離にして約3Km!!」


3Kmって距離設定がすでにもうチーター向きじゃねぇぇ!

つーか、急な運動は身体に悪いぜー。
メタボなヤツは特にヤバイぜー。


で、まぁ今回で3話目なんすが、正直いまいち面白さがわからないかもっす……。
絵は上手いし読みやすいんだけど、それだけといいますか。
話にしろキャラにしろ、こう、惹かれるものがないっす……いまのところ。


・奇怪とんち噺 花咲一休
『第6回ジャンプ近未来杯 エントリーNO.1』。
原作『小宮山健太』、漫画『河田悠也』。

あらすじは、

『とんち問答』を問いかけ、とんちのきいた答えを返せば願いを叶え、愚答をすれば魂を食らう妖怪に自ら取り憑かれた主人公。とんちで妖怪に願いを叶えさせ、衆生救済の旅をしている。
そんなある日、埋められた掛け軸を見つけて----

ってなとんちマンガ。


キャラや掛け合いが楽しかったっす。
絵も扉絵こそ硬い感じがするけど、本編ではそうでもなくて読みやすかったっす。

ただ、一休の過去や目的(衆生救済)を会話で明かすのは盛り上がらないかもです。
そもそもそこで明かす理由がないというか、無理に入れた感がばりばりと。
連載に向けて提示しときたかったんだっていう、説明くささを感じるですよ。


でもって、掛け軸状態の赤神様が“マンガ絵”なのも気になったっす。
そこは水墨画とか浮世絵風とか(?)、ともかくマンガ内のキャラとは違う画風にしないと抱き枕みた(略)

もとい、マンガ内キャラから見れば、赤神様の掛け軸って写真と見紛うリアルな絵が描かれるってことになるんじゃないかなーと。
読者的にもパッと見、掛け軸ってわかりづらいですし。


あと、

「その『二本の楊枝』だけを使って… 『四角』を作ってみろ… じゃ!!」

という『問い』に対して、一休は『死角』を作ってみせて勝利と。


これ、ありなのかなーと。

つーか、とんち妖怪カルマって答えを用意してないんすかね?
それだとカルマが有利すぎるような気が。

でも、ここでいう『問い』はなぞなぞとは違って、とんちがきいていればいいらしいんでこれはこれであり、なのかなぁ……。

クライマックスのとんち含めて、いまいちすっきりしなかったっす。


というわけで、いろいろ書きましたが、けっこう面白かったっす。
キャラの掛け合いが楽しいとそれだけで退屈しないなと。


・SWOT
内容がないよう。


・べるぜバブ
東条との合体技で、

「オーバーヘッドキックだーーっ!!!!」

に笑ったっす。

でも、あれ? 反則なんだ。
バレーボールって全身使っていいんじゃなかったっけ?

さすがにキックはだめなのか?


・保健室の死神
ふと気づけば定位置に>掲載順位

短い春だったなぁ……。


それはさておき、今回は機械オンチなハデス先生がケータイ買いに行くお話っした。

前々から思ってたけど……、


ハデス先生かわいいなっ。


大人の男性キャラに萌える日がくるとは思ってなかったぜー。
大真面目な天然キャラ、おそるべしっすよ。


あと、

『山田小音(やまだ このん)』

この瓶底メガネを越えたゴーグルメガネのキャラは、ハデス先生の学校にもいたよーな。
今回のこのキャラは17歳ってことだから、姉かなんかなのか。

でもって、姉は姉で乱暴な上司にこき使われてると。


姉妹そろってそのMさは、わ、笑えないなぁ。


・サイレン
「よっしゃ!! 全神経制御塔起動!!」

「サイレンだ…!」


お?

おお。

もしかしてこの『サイレン』はタイトルの『サイレン』とも関係ある、のか?
いわゆる作者が“ずっとやりたかったシーン”についに到達したとか?

いあ、そのわりに特になんということもないシーンな気がするし、タイトルは綴りが『PSYREN』だから別に関係ないのかな……(警報のサイレンは『SIREN』)。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2010/07/28(水) 02:06:17|
  2. 少年ジャンプ感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/844-212482b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad