流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年ジャンプ 40号

『ワンピース』のないジャンプ、1週目っと。


・べるぜバブ
『祝! TVアニメ化決定!!』記念で表紙+巻頭カラー+センターカラー+番外編。

アニメ化かぁ~。
正直、アニメ化するほど話が進んでないよーな。ベル坊全然魔王に育ってないし、男鹿もケンカに明け暮れてるだけっぽいし。

いあ、別に他の魔王候補がわらわら出てきて、トーナメントバトル! ってな展開を望んでるわけではないんすよ。

しかし、それにしたって現状、ダメージ表現がちょっと派手なヤンキーマンガでしかないよーな、と。
ギャグマンガ・コメディマンガとして読んでて退屈はしないけど、アニメ化するほどかなーと……もごもご。


あと、さりげなく(?)ベル坊の股間隠さないっ>表紙

よけい気になるわっ、つーかまるだしでもアニメ化できるんすね。
いつかはもう1人のまるだしもアニメに……なったらいいなぁ…………。


閑話休題。


で、本編。
男鹿と三木がバトってる間に、六騎聖その他石矢魔組が人質解放っと。
そして、最後、男鹿が霧矢をゼブルブラストでぶっ飛ばして終わり。

えらいあっさり片がついたなー。
最後のゼブルブラストもあったなー、そういうの、というか思い出したように持ち出してきたなと。

しかし、ゼブルブラストは一般生徒たちの目にはどう映るんだろ。
普通に考えたら超常現象だけど、敵の影組も普通にクレーター作ってるし男鹿も三木も敵を壁にめり込ませてるし。

うーん。ベル坊いろんな意味ですごくいらない子になってる気がするなぁー。



・ナルト
扉ページの1ページ前に『ナルト』映画の情報ページがあるんすが、そこに載ってる『着ぐるみナルト』、これ、その、ヤバイだろっ。

目が、目が、目がわかりやすく死んでるよ!
目線も定まってないし、口も半開きで笑ってるのか笑ってないのか中途半端だし、すげーシュールだよ……。
儲かってるはずなのにもう少しどうにかならなかったのか。


それはさておき、本編っと。

回想シーン。鬼鮫とイタチの会話。

「クク…… ならアナタも私も…
 すでにろくでもない人間って事ですね」

「イヤ… オレ達は魚じゃない人間だ」


だから“人間”って言うとるがな!

……って、たぶん鬼鮫は内心イラッとしたと思う今日この頃。


そして、鬼鮫死亡っと。

鬼鮫って昔からいたキャラっすよね、確か。
その昔、アニメの方をちらっと見たとき出てた気がするっす。

その鬼鮫がついに死亡かー。
昔から読んでる人には感慨深かったりするのかな。

で、その昔の『ナルト』を知らない自分にも、鬼鮫の死に様はかっこよく映ったんすが……、

ただ、その次のシーンがが。

「仕掛け用のブービートラップってやつです!!」

で、全員『水牢の術』と鮫に足止めされて結局巻物を持っていかれるとか……。

間抜けにもほどがあるだろうと。

つーか、キラービーは半分タコなんだし『水牢の術』ぐらいなんとかなるだろー。

いあね、これが普通のキャラならいきなり水中、息ができない。さらに鮫、って状況は脳裏に死がよぎってもいいくらいのトラップだと思うんすが、キミら普通のキャラちゃうやろと。
人柱力とか九尾のお目付役とかだろうと。

鬼鮫最期の置きみやげとはいえ、ここはすぱっと切り抜けて欲しかったなー。


あと、ラスト、マダラと対峙する小南。
なんだか殺る気まんまんなんすが、どー考えても勝ち目ないだろ、これ。

でも、だからこそどう戦うのか、どう転ぶのか次回が楽しみっす!


・トリコ
「そんじゃあ小松!
 “オゾン草”を会長(オヤジ)に持って帰るか!」

2カ所同時にかじらないと腐るオゾン草をどうやって持って帰るのかと思って、ふと閃いたっす。

かじるんじゃなくて、2カ所同時に切り取ればいいのか、と。
バラバラになってしまうけど、調理するなら別に問題ないですし。

で、正解は……、

付け根から切り取る、でした。



なんだそれっ!
付け根から切ったら腐らないのかよ!

って、そのあと、会長が驚異の瞬発力で2カ所同時食いしてるから、やっぱ本体は同時にかじらないとダメなのかな。

つーか、調理せずに丸かじりっすよ……国際グルメ機構の会長が…………。


ま、まぁ、野菜は生が一番ってことなのか。


・バクマン。
『PCP』の打ち切りは完全回避っと。
アニメ化の道筋も見えてきたし、なんだか話を畳みにきてるようにも見えるっす。

そろそろ円満完結なのかなー。


「コラボ的なものは最初は驚きがあっていいがすぐあきられると…」

つまり、タイミングを間違えてなければ『PCP』に引導を渡せたかもしれないとー。


……なにと戦ってんだ、キミら。っていう話ですがが。


あと、ドラマCDのヒロイン役にサイコーが亜豆を推すのはありなんだ? とか思ってしまったっす。

いあ、亜豆はあくまで実力で役をゲットすることにこだわるのかなーと。

ただの作者推しならコネじゃないけど、その作者が恋人なら……ねえ?


・リボーン
『森の炎の前ではな!!!』

森の炎て!

とか思ってしまう。
この“炎”が実際の炎じゃなくて、魔力とか霊気とかそういう属性のことだとわかってはいるんすが、どーも馴染めないなぁ。
森と炎て対極やんと。


あと、ボクシング形式で勝負って言ってるのに、メガネかけたままなのもどうなのよと>紅葉
ボクシングなめてるんじゃないのかと。

でも、それがメガネキャラの誇りだから、とか言われたら(言ってない)……う、うーん。確かにその通りだし、むしろ偉いと言いたくなる……かも。


・ブリーチ
藍染さまが饒舌すぎて雑魚っぷりが半端ないっす。

でもって、それを黙って聞いてる一護に“一瞬で終わらせる”気なんてなかったんだなーと。

前回、一護はこう言うべきっしたね。

“一撃で終わらせてやる”

って。

まぁ、結局一瞬でも一撃でも終わらないんだろうけどさ……。


とりあえず、藍染さまのいいわけに期待したいっす>次回


・サイレン
『初の小説版発売記念!!』でセンターカラー。

で、本編。

うは。

うはは。

うははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははは!!

ここで祭先生と影虎かぁぁぁぁぁぁぁぁっっ!!

「あ… あんた達…
 なんでここに…」

「ギリギリ間に合ったみたいだな」

「姐さんが方向音痴すぎるんすよ」


ってな口元アップのコマ見て、最初、ネオ天草の人たちかと思ったっす…………。

いあ、他にピンチに駆けつけるキャラに心当たりがありませんで。

で、次のページに視線を移したら…………!

祭先生と影虎っすよ!
最強助っ人揃い踏みっすよ!!

めさめさテンション上がりましたっ!
おかしくもないのに、思わず笑ってしまったっすよ。

あ、でもできれば2人の登場コマはページめくったところにして欲しかったなと。
あやうく前振り読む前に、2人の登場コマを見てしまうところでした。


「これでやっとアンタと一緒になれる
 地獄でもなんでも死ぬまで付き合うって前から言ってんだろ
 …心開くの遅いんだよ バカめ」

バカめ、ですよ!
影虎が祭先生に向かってバカめですってよ、奥さん!

影虎同様、祭先生に心寄せていたイアンはフブキとくっついたし、これは心おきなくにやにやできるなぁ。


「…!! あの男は…!!」

「また会ったな 若造」


ジュナスVS影虎。
グラナVS祭先生、と。



……あれ? カプリコは?


あと、ラストページの笑ってる影虎が悪い顔すぎて笑ったっす。
横のコマのきょとんとしてるグラナの方がいいもんみたいだよっ。


・めだかボックス
「生徒会選挙--否」

「生徒会戦挙だ」


前回の凶化合宿といい、だんだんただのダジャレマンガと化してない?

あー、いあ。“言葉遊び”で押してるのは最初から、か。


で、結局やることはチームバトルってことでOKすか?


・銀魂
やっぱプールといえば“ドキッ ○○だらけのなんとか大会~ポロリもあるよ!~”ネタだよなーと(ある一定以上の年齢限定)。

というわけで、めさめさ面白かったっす。
銀さんのツッコミもみんなのボケも冴え渡りまくりっす。


でもって、将軍、今回はどんなひどい目にあうのかと思ったら、終盤、活躍するだとぉぉぉぉっ!



……そこまで散々ひどい目にあってたけど。

ラストもやっぱりひどい目にあってたけど……!


うん、『銀魂』面白いなぁ。
最近、掲載順位が下がること多いからちょっと心配っすよー。


・保健室の死神
今回は、シンヤの弟・刀哉が“男らしさ”を身につけようとするお話っした。


「『男らしさ』って何だと思う……?」

アシタバ→「コーヒーをブラックで飲むとか…?」
美作→「出されたメシは死んでも残すな」
藤→「細けーことは気にしない」
本好→「『美っちゃん』」


どこからツッコめばいいのか……!

とりあえず、絶対軸がブレない本好が一番男らしい、のかも。

あと、藤の「細けーことは気にしない」も男らしいっすね。

でも、それを実行してる藤本人は男らしくない不思議。


ところで、安田はー?

まぁ、なんて答えるかだいたい予想がつきますがが。


「友達になった美容師さんにやってもらったんだ タダで」

って、美容師の資格持ってたのかっ!>経一

前にキャバクラ代は自分の稼いだ金でって言ってて、どうやって稼いでるんだろうと思ってたけど、ちゃんと手に職持ってたとー。

意外だ。


病魔の言う男らしさを追求して屋上からダイブした刀哉。

「お…お おい
 なんてことさせんだよっ!!
 お前これなんとかできるのか!?」

「ん? 出来ねぇよ」


お、おおー。

ぞくりときたっす。
呼んでもないのに押し掛けてきて、あれやこれやと惑わしたあげくのこの冷たさ、悪魔的でいいなぁー。

なんだか毎度お騒がせするだけで、あんまり害がなさげな病魔が多いっすが、ほんとは怖い存在なんすよねー>病魔


ところで、髪型変わったままなんだ?>刀哉

ずっとこれでいくのかな。
一話完結エピソードでキャラの髪型変更ってのは珍しいよーな。

つーか、マンガのキャラってめったなことじゃ髪型変わらないっすよね。髪型もキャラの一部ってことなんだろうけど。


・逢魔ケ刻動物園
「この逢魔ケ刻動物園 乗っ取らせてもらう」

うーん?

やっぱバトル路線になる……のか?

でも、ちょっとわくわくしたのは秘密っす。





そら、ジャンプ誌面もバトルマンガで埋まるわぁ。
もやっとした展開よりよっぽど面白いもの。


・少年疾駆
第15話にして最終回。

うーん。ジャンプらしくないマンガだったなーと。
絵柄的にもお話的にも。

具体的にどんな風に、と聞かれると困るんすが、うーん。なんだろ。
地味だったのかなー?
わかんないすが。

ともかく王道的にツボは押さえてあったと思います。

でも、個人的には心捉えられるものがなかったなと。
キャラもお話も。細かい展開やキャラの掛け合いにも。

最初こそ主人公の目立ちたがりなキャラに好感持ちましたが、それだけではやはりやはり興味が保たないといいますか……。

うーん。


おつかれさまでしたっ!>作者


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2010/09/08(水) 01:14:29|
  2. 少年ジャンプ感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

>リボーン
『森の炎の前ではな!!!』

自分もおかしいとは思いましたが、既に『雨の炎』が出てるから・・・
  1. 2010/09/08(水) 09:23:24 |
  2. URL |
  3. #AGmSbMaU
  4. [ 編集]

コメントありがとうございます!

私も当時、『雨の炎』にはツッコんだ気がします。

そして、また似たような『炎』が出てきたら堪えきれずにツッコんでしまうと思います。

  1. 2010/09/10(金) 00:32:51 |
  2. URL |
  3. 管理人 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/862-bcbe4a1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad