流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年サンデー 46号

チリの落盤事故、メンバー全員救出完了と。

その報道を見てて思ったことは、誰にでも待ってる人はいるんだなーってことと、国旗にメッセージを書く文化って日本だけじゃないんだなーってことだったり。


・表紙
今週の表紙+巻頭カラーは『紗綾』のグラビアっした。


表紙めくってふいたっす。

海に膝下まで浸かってる紗綾と自転車って、謎シチュすぎるよっ。

でも、その不意打ちの衝撃が通り過ぎれば、これはこれでかっこいい気がしてきたっす。
なんつーか、ファンタジックでいいと思います。

そして、今週もなぜか水着多めだったり。
秋の夜長に水着グラビアかー。

いあ、青年誌とか年中季節問わず水着グラビアやってるんだろうけどさ。
夏にこんだけ水着おしあったかな、と。



・ハヤテのごとく!
扉だけカラー+巻頭掲載。
扉イラストはペンを掲げて雄叫びをあげるナギ。


気合い入ってるなーっ>ナギのプリーツスカート
眼福っすよ。

しかし、「にゃー!!」ってなんだ>雄叫び
なんで「にゃー!!」なんだ。





かわいいじゃないか。


それはさておき。


「でも夢っていうのは… 呪いと同じなんです。
 夢を叶えられなかった人間は…
 途中であきらめてもずっと… 呪われたままなんです…」

名言だなー。

しかし、まぁそんな呪いも時間によっていつかは解けてしまう気も。
それがいいことなのか、悪いことなのかはわかりませんがが。


『会場で出会う、生徒と教師』

隣のスペースに薫先生がさっそうと登場っと。


これはキツイ!
たとえファーストコンタクトは他人のふりでやり過ごせても、閉会するまでずっと針のむしろだよっ。
いっそ認め合った方がまだ楽なんじゃあ。

つーか、薫先生のオタク趣味は内にだけ向いてるのかと思ったら、ちゃんと(?)外にも向いてるんだなーと。

ってか、今回初参加ってことは、この間の桂先生との旅行が何か影響してるんだろーか……。


……とりあえず、いい方向には進展してなさそうだなー>桂先生との仲
自分以外のことに金をかける先がないから、オタク趣味が充実するとか言ってて、これ、ますます充実度が強まってるよね……。


「いいか!!
 同人誌っていうのは… 売れるから作るものじゃねぇ!!」

「大事なのは売れるかどうかではなく…!!
 作りたいかどうかだ!!!」


名言その2~。

熱いな>虎鉄

まぁ、同人誌で商売っ気を出すのはなんか違いますわな。
全国展開の同人ショップでしか同人誌買ってないヤツが言うことでもないですががが>自分


それはさておき、今回のシリーズはさらっと同人誌即売会のあるあるネタでもやるのかと思ってたら、ラストのコマにこんなナレーションがっ。

『そして、一生忘れられない出会いが始まる』

意外と重要なシリーズだった!

うーむ。
ワタルやサキ、西沢さん弟や虎鉄なんかのお久しぶりキャラから法仙嬢や謎の同人っ娘なんかの新キャラまで、続々参加で盛り上がってきたなー。


・結界師
"まほら様"の異界に侵入した時音。


400年だか眠りっぱなしの土地神の異界なのに、えらく人間くさいお城があるんだなーって思ったら>冒頭

これ、カケルの城か!

あの城って異界にあったのかー。
神様の住処にそんなもの建てていいんかい。

つーか、総帥が異界にいるなら竜姫たちの、"どうしてもだめなら全てを滅する"最終手段は使えないんじゃあ?
異界の中でそんなことしちゃマズイにもほどがあるだろう。


「記憶はないが、俺は元々 外から連れてこられた」

えーと、拉致された扇家の部下の1人?
それとも、実はカケルが総帥にやられる前から城にいたんだろーか。この城に詳しいって言ってるし。


・鋼鉄の華っ柱
素手でGを捕まえたり、それをポケットに忍ばせたりするヤツは紳士じゃないからーっ!
断じて紳士じゃないからぁぁぁっ!

野生児すぎるよ>真道

あと、その話を聞いて自分の頭をわしわしする朝涼に笑ったっす。
冷静沈着なタイプに見えて、やっぱ意外と普通のおにゃのこですな。


「蘭子サンに挨拶できてよかった」

って、肝心のそのシーンはカットなんすね。
パーティに参加してなかったわけでもなさげですし。

容姿だけじゃなくて、性格の方もどんななのか見てみたかったなー。


あとあと、いつの間にか爺も仲間みたいな扱いになってますが、爺はもう年金とかで十分食っていけるんじゃあなかろうか。
真道たちが路頭に迷ってるのは、保護者たる親に見放されたからだし。

爺はもう大人すぎるくらい大人だろうと。


・神のみぞ知るセカイ
古悪魔(ヴァイス)の暗殺魔法に倒れたかのん/アポロ。
ハクアや天理が力を尽くすがいかんともし難いですよっと。


お、いつの間にか天理がきてた。

しかし、天理つーかディアナ、気丈ですな。
生き別れになってた実の姉が瀕死だってのに、涙一つこぼさないとは。
まったく冷静ってわけではないみたいだけど、もうちょい動揺してもいいような。


「そうだ… これはゲームじゃない…」

「だから… 絶対に助けないといけない!!」

「女神を、一週間以内に見つける!!」

「勝算は… どんな時もある!!
 なければ…… 作るだけだ」


桂馬かっこええ!!

そうかー。アポロが桂馬に見つけられずに自分で出てきたのって、このためか。
ヒーローは勝つ前に1回負けるといいますか。

これで桂馬のエンジンがかかって、快進撃が始まるとー。

基本いやいや攻略やってる桂馬っすが、こういう本気の桂馬もいいもんですな。
今回の桂馬は熱かったっす!


・最上の明医
「まだ予断は許さないが、なんとか一命は取り留めたみたいだね」

いつものように摘出した胃の臭いをかいだら即、生死の境界線送りて!

軽症で済むのかと思ってたのにヤバすぎるだろ、検死医稼業……。


・マギ
素顔のウーゴくんが登場~。


なるほど、確かにイケメンですなー。
首しかないけど。

つーか、この顔はあの筋肉ムキムキ+ふんどしのボディーに似合うのか?
ある意味、首だけでよかっ……たのかなぁ。


「開け--… ゴマッ!!!」

軽い感動を覚えたっす。
『アラビアンナイト』ネタがちょこちょこ盛り込まれてるこのマンガで、本家の名ゼリフ(?)が聞けるとはっ。

って、ウーゴくんが言うんかいっ。

とちょっとだけ思った……。
そこはアリババに……もごもご。


・モルジアナ決闘
マギ6巻発売記念のおまけマンガ。
NO.1ホステス・エリザベスの面接という名のズンドコ対決を受けるモルジアナ、ってな話。


なにげに少年誌向けじゃないような。
エリザベスがやるのはまだありとして、モルジアナがそれやっちゃいかんだろと。

いあ、笑ったけれどもっ!


・戦国八咫烏
奴隷船から脱出するため、とっさに火縄銃を手にした孫一、ってな回。


久しぶりに面白かったっす。
這い上がってくる恐怖を抑え、勇気と友への想いでもって危機を乗り越える主人公。

熱い!


でも、肝心かつ最難関と思われる、出航状態の奴隷船からどう大勢の一般人を引き連れ脱出するのかってシーンがうやむやっつーか強引に解決されてるのが残念っした。

そこを描ききってこそ、この大ピンチの意味があると思うんだ。


・アラタカンガタリ
前回に引き続き、ハイテンション・ギャグコメディなノリがすげー楽しいっす。

つーか、ヒノハラいつになくテンション高いなっ。
最初もっと暗い感じのキャラじゃなかったっけ?

って、いじめられてたからか。
いまのこのテンションこそが本当のヒノハラと。


・絶対可憐チルドレン
「『悠里ちゃん』を学校に戻してやってくれるかい?
 まだ劇のエンディングにはまにあうはずだからね」

おお?

ユーリは殺せど悠里は殺さずとな?>兵部

しかも、そのユーリも仮死状態でほんとに死んだわけではないと。


おおおおおお、やっぱり兵部はロリコ(略)

もとい、エスパーには優しいなぁ。


でもって、紅葉と真木がナイとハンゾーを一蹴と。

これはあれか。
この前、幻影の中であっさりユーリにやられてしまったことに対するフォローっすか。
今回のこれこそが紅葉と真木の真の実力なんだよと。

それにしても、ハンゾーが情けないなー。

「おとなしくそこで見ていろ ヒヨッ子!」

と真木にまったく手も足も出ずっすよ。
不二子とはあんなにいい勝負してたのに。

相対的に不二子の株が下がってしまったなぁ。


・MIXIM☆11
「今更… 何言ってんだ………?」

『歌丸をよ
 立派な王様にしてやってくれ』

「聞いてるか歌丸ーーーっ!!?
 それが十三の最後の言葉だーーーっ!!!」


あかん、そんな遺言泣いてしまうわ!

当の歌丸に致命傷を負わされたってのに、最期の最後までその歌丸を想うか、十三ぉぉぉぉぉぉおお。


いいなぁ。
こういう、怒りや憎しみに溺れてもしかたない場面で、なお情や信念を貫くキャラ。

反面、それができてないネロがしょぼく見えてしまうんすが…………どう着地させるのか次回が楽しみっす。


・ツール!
次回より『クラブサンデー』に掲載っと。


久しぶりですねー、Web雑誌『クラブサンデー』送りのマンガが出るのは……。
最近、ようやっと面白さが安定してきた気がしてたんで残念っすよ。


ま、ま、とりあえずはおつかれさまでした!>作者
続きはWebで楽しませてもらうとしまっす。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年サンデー感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2010/10/15(金) 00:41:02|
  2. 少年サンデー感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/880-fac79ee6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad